« お産のできるクリニック | トップページ

おしらせ ( 2021/10/13 )

〇 それぞれのお産               ( 2021/10/13 )

  おはようございます。 お元気ですか?

  いま、2階では3名の赤ちゃんとお母さま方、
  そして、切迫早産のお母さま方がお過ごしになられています。

  日曜日にご出産された経産婦さんは、結婚記念日とのことでした。
  ご主人はお仕事の関係で出産に間に合いませんでしたが、頑張られました。
  月曜の朝、駐車場で車を修理している時、
  上のお子さまとテレビ電話でしょうか、
  病室の窓から嬉しそうなお声が聞こえていました。

  月曜の朝は、前日の夜から陣発入院されていた初産婦さんのお産もありました。
  しっかり歩いてくださっていたおかげで、微弱陣痛ながらもお産は進み、
  無事に元気な産声を聞かせてくれました。

  そして、昨日は恥骨関節開離を疑う初産婦さん。
  安全を考慮し帝王切開でのご出産となりました。
  歩行困難な恥骨結合痛も、今朝はすっかりおちついたようです。
  良かったですね。

  何より、皆さん お元気です!

  それぞれのお産があります。
  どれも立派なお産です。

  ご出産、誠におめでとうございます! x3



〇 いよいよ1ケタ               ( 2021/10/9 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  今日は土曜日です!
  朝は風もなくどんよりと曇っていましたが、
  10時を過ぎ、少し明るくなってきましたね。

  ところで、
  定点観測として参考にしている世田谷区医師会のPCRセンター。

  いよいよ、陽性者が1ケタ(陽性率 5%)まで落ち着いてきたようです。

  20211009

  ただ、感染症ゆえに今後の状況は予想できません。
  これまで通り、いつも通りに基本の徹底を確実に続けたいものです。


  インフルエンザワクチンの予防接種も始まりました。
  
  糖尿病の持病があるご高齢の方では、
  インフルエンザから肺炎で亡くならる方もいらっしゃいます。
  なかなかご実家との行き来も出来ない状況ですが、
  ご両親や祖父母の方にも、お声掛けして頂ければと思います。

  また、
  赤ちゃんは1歳になるまで、インフルエンザの予防接種はできません。
  お母さまが妊娠中に予防接種をしていただくことで、
  半年分の抵抗力を、臍の緒から分けてあげることができます。

  新型コロナのワクチン接種を済まされた妊婦様も大多数になってきました。
  2週間以上の間隔を開けて頂ければ問題ありません。
  ご自身で接種スケジュールを検討されてください。
  


〇 我が家の停電対策              ( 2021/10/8 )

  こんにちは、お元気ですか?

  昨夜は携帯の緊急地震速報と同時に大きな地震が起こり、
  身構える余裕もなかった感じでした。

  皆様のご自宅やご実家等、お変わりありませんでしたか?

  脱線や水道管破裂、水道橋の損傷等の報道はありますが、
  湾岸地域の液状化被害等はなかったのでしょうか。

  JR品川駅構内では停電の影響を受けたり、
  鉄道交通機関も混乱しました。
  今後、京王線も連続立体交差へ工事が進み始めます。
  高架上での事故処理は困難を極めるだけに、不安ですね。

  さて、
  病院の廊下には、停電時の非常灯が設置されています。
  LED非常誘導灯のバッテリーも昨年交換したばかりです。
  分娩手術室にはポータブルバッテリーを2台常備しています。

  ところで、
  ご自宅では、停電対策をされていますか?
  家族が増えると、やることいっぱいです。
  一般的なLED懐中電灯は、電池消耗と発熱が問題となりますし。


  ここで、我が家の停電対策をご紹介します。

  1.お風呂場やトイレ

  夜間入浴中の停電は困りものです。
  特に、ユニットバスですと窓が無いことも多く、
  子ども達も泣きわめくかもしれません。
  暗がりでは床の石ケンで滑り、転倒によるケガも心配です。

  アイリスオーヤマ 屋外センサーライト SL-MN2K-WS

  単2電池使用のため、2年以上も電池が持続します。
  しかも、屋外用の防水仕様です。
  浴室内に置いておいても何ら心配ありません。
  センサーが2方向あり、入浴時とお着替え時にも対応してくれます。

  ただ困ったことに
  子どもを叱って浴室に閉じ込めても暗くならず、
  平気でいるのです。。。


  2.リビングや寝室

  エアコン用のコンセントが壁の上方に用意されていると思います。
  2口 コンセントに交換すれば、この停電ライトを設置することができます。

  我が家では、Pioma ここだよライトS UGL3-Wを使用しています。

  ガス栓の地震センサーと同等のモノを内蔵しているようで、
  停電だけでなく、地震の振動など停電前から点灯してくれます。
  お部屋の電燈を消した際にも反応し、ゆっくり後から消灯してくれるので
  子ども達の寝かしつけにも重宝しています。


  3.玄関先

  停電時は、どんな家電も無意味になってしまいます。
  ポーチライトも100V電源のセンサーライトも同様です。

  アイリスオーヤマ 屋外センサーライト BOS-FN2-WS

  病院駐車場だけでなく自宅廊下や階段にも設置しています。
  眩しくもないため、トイレ誘導灯としても重宝しています。

  LEDセンサーライトは様々なモノが売られていますが、
  案外、電池消耗が激しく使い物にならないものも多いです。
  
  このLEDライトもセンサーが2つあり、反応良好にもかかわらず、
  単3電池仕様ですが、1年以上も電池が持続するため大変重宝しています。

  片手で台座から外して持ち運びができるため、
  ちょっとした懐中電灯代わりにもなります。

  近寄るだけで点灯するため、
  「ご心配なく、私はここにおります」とでも言っているようです。


  停電時は地域全体が真っ暗になりますが、
  このセンサーライトを玄関先に設置しておけば道案内としても利用できます。
  道路から通用路の塀に設置すれば不審者存在の合図にもなり安心です。

  ただ、生産完了品であるため品薄になってきているのが問題。
  電球色と白色のタイプがありますが、電球色は品薄になってきています。

  10年近く前に初めて買ったものも、故障なく使用できていますので助かります。



〇 オジギソウの花                ( 2021/10/7 )


  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  今日は、土曜日にご出産された方がご退院されました。
  「鼻からスイカが飛び出しそうな痛み」と陣痛を表現されていました。

  切迫早産で入院のままの36週過ぎに破水され早産となりましたが、
  妊娠週数にしては赤ちゃんの頭は大きめ。
  前向きのままお産道を通過したため ちょっと難産でしたが、
  赤ちゃんもお母さまも無事にご退院です。

  ご主人は愛車のVOLVO 240 でお出迎えです。 シブい。

  昔の車は味があっていいですよね。
  複雑な電子機器もなく、部品交換すれば元通りです。
  当院のオンボロ四駆も15万kmですが、ちゃんと治るのです。
  愛着があって手放せません。

  さて、このところ お産の波は落ち着いています。
  2階では切迫早産のお母さま方が過ごされています。

  外来では、お産近くの妊婦様も多く、
  中旬あたりは忙しくなりそうです。


  話ががらりと変わって、
  オジギソウの花を見たことはありますか?

  幼いころから、何度もオジギソウを庭で育てたことがありましたが、
  ピンク色の花がポンポンと咲くことを知りませんでした。

  Img_5059

  自宅2階の出窓が、環境が合っているのでしょうか。
  ふと気づくと、ポンポンと咲いているのです。

  咲く瞬間を目撃したこともなく、わずか1日でしおれてしまいます。
  でも、また ポン ポン と次から次に咲くのです。


  今年の夏に2鉢、道の駅で売られていたところを連れて帰ってきました。
  「そういえば、子ども達はオジギソウを見たことないかな?」と思って。

  水やりを忘れて、ひとつは枯れてしまったと思いきや、
  何となく捨てないでいると小さな若葉が!
  そして、上の写真のようにまた咲きはじめました。(今日の写真)
  すごい生命力です。

  連れて帰ってきたのが夏休みでしたので、
  早速、長男と次男は夏休みの自由研究の題材にしていましたが、
  それはそれは、面白かったのです。

  私 「ねえ、オジギソウって知ってる?」

  子ども達 「知ってる! 知ってる!」

  私 「葉っぱを触ると、どうなるか知ってる?」

  長男 「一斉におじぎするんでしょ!」

  皆 大笑い

  もちろん、一斉におじぎするのは間違いでして、
  触った葉っぱだけが閉じ、
  触り続けると、その葉っぱの根元の関節?からコテっと倒れるのです。
  そして、10分ほどすると葉の根元の関節は元に戻って水平に。
  不思議ですよね。ほんとに。

  それにしても、
  一斉におじぎしたら面白いですよね。

  オジギソウの葉っぱ達の声が聞こえるとしたら、
  「おい、何やっているんだよ。 早くみんな頭下げて!」とか。
  「やばい、せんこう(先生)に見つかった! おい、早く隠れろ!」とか。

  「気をつけ、礼!」 みたいな。
   それとも、
  「これから凝念(ぎょうねん)をしま~す。 凝念!」かな?

  「昔の人は、動物や植物と会話ができた」といいます。
  お話ししてみたい!



〇 婦人科検診のすすめ              ( 2021/10/6 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  全国的な陽性率の改善から、緊急事態宣言も解除となりました。
  定点観測として参考にしている世田谷区医師会PCRセンターでも、
  陽性率は確実に低下し、感染状況は改善傾向です。

  ところで、
  最後に婦人科検診を受けられたのは いつ頃ですか?

  ひとまずコロナが落ち着いてきた頃です。
  婦人科検診が先延ばしになっているようであれば、
  この機会に、受診をお勧め致します。

  少なくとも 2年に1回は、
  子宮頸がん検診と超音波エコーによる卵巣腫瘍のチェックを、
  お受けになられてください。

  一方、
  過去に子宮頸がん検診で、
  「 class III 」や「 異形成 」と診断されたことのある方は、
  3か月毎のがん検診フォローが必要です。

  「 class III 」で初期のガンが見つかる可能性は2~3%とされています。

  ガンが見つかっても、0期の上皮内癌(CIS)であれば、
  子宮頸部の円錐切除で治癒的切除が期待できます。

  一方、I 期以上の進行癌であると、
  急に、手術治療は大がかりなものになります。

  HPV感染症ゆえに、腟のどこにガンが転移しているかわからないため、
  子宮・卵巣・卵管・リンパ節だけでなく、
  腟の大部分をも摘出しなければならなくなるのです。

  拡大手術や放射線治療、抗がん剤治療の辛さは大変です。

  前がん病変(がんになる手前)で見つけること。
  婦人科検診は、とても意義のあるものです。

  HPVワクチンも再開が推奨されつつありますが、
  少なくとも 2年に1回の婦人科検診が重要です

  

〇 ベレー帽                   ( 2021/10/5 )


  こんにちは、 皆様 お変わりないですか?

  だいぶ過ごしやすい季節になってきましたね。
  お隣の幼稚園も麦わら帽子からベレー帽になりました。

  先週は金曜日と土曜日に、ともに初産婦さんのお産がありました。

  破水からずっとご主人に付き添って頂いて励ましてもらい、
  いっぱい褒めてもらっていましたね。

  お産は病気ではないのですが、辛いもの。
  破水すると、「おっ! 生まれるの?」と
  周りの皆は嬉しそうにしますが、
  お母さんは、それから本番で辛いのです。

  児頭の向きや陣痛の強弱で、お産は全く異なります。

  お二方とも とても頑張られ、
  今は2階で落ち着いた産後を過ごされています。
  
  そしって、お決まりの
  ご出産、誠におめでとうございます! x2
  10か月間、本当にお疲れさまでした! x2


〇 インフルエンザワクチン            ( 2021/10/1 )

  おはようございます。  お元気ですか?

  今朝は朝から雨模様。
  台風の直撃はなさそうですが、今回は北風のようです。
  ベランダや屋上、窓枠に雨が溜まって浸水しないように、
  いつもとは違う風向きゆえに、排水ルートのゴミ掃除をお忘れなく。

  さて、表題の通り、
  インフルエンザワクチンが届きました。

  予防接種をご希望の方は、妊婦健診などに併せてお申し出ください。

  インフルエンザの予防接種はいつでも可能です。
  新型コロナウイルスワクチンの予防接種日を、まず優先されてください。



〇 駄菓子屋さん                 ( 2021/9/30 )

  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  今日で9月も終わり。

  線路沿いにある駄菓子屋さん(森川さん)も、
  今日でおしまいとのこと。  寂しくなりますね。

  私が小学生の頃までは、線路沿いには色々なお店があり、
  富士見商店街として立派でした。
  西の彼方にマンションが建つ前は、
  線路沿いを歩きながらも富士山が見えたんですよ。

  京王線ガード下、
  不動産屋さんのところには森永さん(お菓子屋さん)。
  焼き鳥屋さんのところには、アポロさん(おもちゃ屋さん)
  ガストのところには、福本さん(お肉屋さん)。
  空地のところにはラーメン屋さん。
  八百屋さんの五十嵐さんは、娘さんがフルーツ屋さんとして
  継がれましたが、いずれ立ち退きです。
  その隣には、中村屋さん(どら焼きとか)がありました。
  踏切にある春夏冬さん(ラーメン屋さん)も去年閉店。
  ハミングバード(レストラン)の建物も、近々取り壊しのようです。

  今回、森川さんも閉店となり、
  松原湯(銭湯)も、一部建物が京王線立体交差事業に影響するとのこと。
  いずれ、辞めてしまわれるそうです。
  コインランドリーも松原湯さんなので、
  不便を感じる学生さんや銭湯利用者も多いでしょう。

  明大前は、会社という会社は無くなり、
  郵便局隣りの手島さん(文房具)も数年前に閉店。
  フランチャイズの飲食店ばかりとなってしまいました。

  明大前で息子、娘が後を継いでいるのは、
  宝寿司と五十嵐さん、お花屋さん、そして私くらいです。

  京王線の保線管理をされていた方(数年前に定年)に、
  国領駅から調布駅までの地下事業は、
  立案から工事完了まで30年かかったとお聞きしました。

  再び、便利で住み良い街になるといいですね。


〇 いっぱい ばんそうこう            ( 2021/9/29 )

  こんにちは、お元気ですか?

  9月も終わろうとしています。
  だいぶ涼しくない、夜間や早朝は15℃のことも。
  お腹を冷やしてしまいそうです。
  どうぞ、体調管理にお気を付けください。

  さて、
  緊急事態宣言も解除の方向にあり、
  子ども達もお外での活動が活発になってくることでしょう。

  先日、
  ニュースで5歳の女の子の交通事故死の報道がありました。

  この1年半、子ども達の保育の環境だけでなく、
  社会勉強の環境も大きく変化し、失われました。
  まだまだ、大人たちが手引きしなければならないことがいっぱいです。
 


  幼稚園の子ども達に「道路に出ないでね」と言っても無理。
  上のお兄ちゃん達に、
  「しっかりと、手を握っていてね」と言っても無理。
  興味のあるものに夢中になり、妹の手を放してしまいます。

  新宿京王地下、食料品売り場に食材調達に行った際は、
  下の子そっちのけで、
  お魚屋さんの宣伝テレビに見入ってしまう始末です。

  下北沢にあるTOKYO recycleに中古品を見に行った時、
  上の兄弟は昭和玩具や壊れた鉄道模型に、もう夢中。
  「一緒にいてね。お店の中にいてね」と言ってもダメでした。

  一番小さい娘が私の後ろを追っかけて道路に飛び出し...
  ピンク色の洋服が安全色だったのが幸いでした。
  マセラティのSUVの方がクラクションを鳴らして教えてくれました。

  いま、長女は年少です。
  女の子の交通事故の話をしながら、
  どうやって教えたら理解してくれるのか考えていました。

  車とぶつかると、死んでしまうことを。

  そうしたら、
  「おうちにある ばんそうこうを はれば いいんじゃない?」と。

  「絆創膏をいっぱい貼っても足りないくらい痛いんだよ」
  「えっ」
  「じゃあ、もっともっと いっぱい はれば いいんじゃない?」
  「もっともっと貼っても、全然足りないくらい痛いんだよ」
  「えっ」

  子どもでも、理解してくれるといいのですか。



〇 男泣き                      ( 2021/9/25 )

  こんにちは、皆様、お変わりないですか?

  もうすぐ15時になるところです。

  土曜日の外来、妊婦健診も終了し、
  14時過ぎには、初産婦さんが無事にご出産となりました。

  午前2時に破水され、陣痛が波に乗ってきた頃から
  ご主人にも付き添って頂き、背中をさすってもらいました。

  14時にお産になったとき、ご主人は男泣きです。

  体重計測にも立ち会って頂き、初 抱っこ。
  男泣きのあとは、それはもう デレデレでした。(笑)

  飾らず、普通に喜んでもらえること。
  お母さんにとって、一番嬉しいことですよね。

  妊娠中、心配された血圧上昇もなくご安産です。

  ご出産、誠におめでとうございます。
  10か月間、お疲れ様でした!

 

〇 お産後の、優しいお顔               ( 2021/9/24 )

  こんにちは、お元気ですか?

  今週は月曜日と木曜日が祝日のため、
  ちょっと不規則な生活になっていますが、
  私は、ようやくお産ラッシュの疲労から脱してきたところです。

  それでも、
  今週は、水曜日と木曜日にお産がありました。

  お二方とも他院の看護婦さんです。
  お二方とも切迫早産での入院を経て、無事に正期産です。
  よかったですね。

  今回の妊娠・出産で、人間としても深くなりましたね。

  自分自身でも自分のことがわからなくなることがあります。
  看護職でどんなに長く仕事をしていても、
  患者様の気持ちをすべて理解することは不可能です。
  「入院がこんなに大変だったなんて...」と、お二方。

  お産の辛さも、お母さま本人しかわかりません。
  看護実習で分娩介助につくことがあります。
  「陣痛、辛いと思いますが頑張ってくださいね♡」
  などと、言っていたけれど。。。
  お産を経験すると、軽々しく「頑張って♡」などと言えない。
  とても、とても言えない。。。

  お二方とも、しっかりとご主人に陣痛から付き添ってもらいました。
  そして、立ち会って頂き、いっぱい褒めてもらっていました。
  
  昨晩のお産では、声が小さかった?のか、
  お母さまは褒めてもらったことをすっかりお忘れになり、
  もう一度、記憶に残るように褒めてもらっていました。(笑)

  ご出産、誠におめでとうございます。x2
  10か月間、お疲れさまでした。x2

  コロナ禍、
  医療現場を知りすぎているゆえの不安もあったと思います。
  頑張りましたね。x2

  出産後の対面では、
  妊娠経過中とは全く違う、とても優しいお顔でした。


〇 世田谷区医師会PCRセンター状況およびワクチン接種 ( 2021/9/24 )

  こんにちは、 皆様 お変わりないですか?

  ▢ コロナ週報

    世田谷区医師会PCRセンターの週報は 9.2% とのことです。


    感染症ゆえに、今後も陽性率の推移は大きく変動するでしょう。
    ワクチン接種が、
    結果として重症化を防いでいるという効果はご存知と思います。

    感染してもはるかに軽症で済み、
    他人にもうつさない効果が期待できればいいかと。


  20210924

  ▢ これからコロナワクチンを希望される妊婦様

    ところで、ワクチン接種はされましたか?

    職域接種が進んだと思いきや、異物混入等での予約中止など、
    なかなか接種予約をとれないという声もお聞きします。

    最近は総裁選ごっこのニュースに消されているようにも思えます。

    世田谷区は接種率が低いという指摘もあり、
    今後の緊急事態宣言解除後の動向が気になるところです。

    先日、かるがもクリニック(千歳船橋)での妊婦優先接種について、
    お話しさせて頂きました。

    先日、吉川小児科(下高井戸)の吉川先生からも、
    ワクチン接種についてお声掛けを頂きました。
    接種希望の妊婦様は、
    お電話での問い合わせも受け付けてくださるそうです。

    ご都合に合わせて、予防接種を受けられてください。


  ▢ インフルエンザワクチン

    近々、インフルエンザワクチンの予防接種が始まります。
    ワクチンが入荷次第アナウンスさせて頂きます。

    コロナ予防接種をご検討中であれば、予約日確保を優先されてください。
    2週間以上の間隔を開けてからのインフルエンザ予防接種をお願い致します。
    インフルエンザワクチンは、いつでも可能ですから。

    「今までインフルエンザに罹ったことないし...」
    というお声も聞かれますが、
    予防接種せずに出産間際に発熱されますと、
    妊婦様も私達医療サイドも非常に慌ててしまうものです。

    昨シーズンは、絶滅とも思えるほどインフルエンザは激減しました。
    今年は、その反動でインフルエンザが増えるのではないかとの、
    予想もあります。


  今年も、あと3か月ちょっと。
  昨夜は、子ども達がお風呂場でクリスマスやお年玉のことで
  それはそれは、大変 盛り上がっていました。(早すぎ)

  朝、お風呂場に行ってみると、
  電気はつきっぱなし、お風呂場のドアも開きっぱなしでした。


〇 病棟 Free Wifi について           ( 2021/9/21 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  日曜日に、病棟のFree Wifi工事が行われました。
  ナースステーションのカウンターにある無線LANでは、
  6号室と7号室の電波状況が今一つであったため、
  廊下中央に新規無線LANを設置してもらいました。

  産前産後の情報収集や、切迫早産でご入院中の気晴らしに。
  どうぞ、ご活用ください。

  詳しくは、ご入院の際に看護師にお声掛けください。
  

  ところで、
  週末の台風は、思ったよりも風の影響が少なくホッとしました。

  しかし、雨量は多く、学生の頃に使っていた勉強部屋は雨漏りデス。

  その後は天気も良く、
  遠出された方も多かったのではないでしょうか。

  我が家はお産待機で外出はできませんでしたが、
  以前の緊急事態宣言中に比べると、遥かに多い交通量です。
  東名高速は御殿場~町田まで、中央道は勝沼~府中まで!!
  甲州街道や東八道路も混雑していたようですね。


  子どもが生まれ、皆さんが困るのはトイレです。
  昨日のような大渋滞ですと、サービスエリアにも入れません。。。

  私が小学生の頃は、ペットボトルなど発明されておらず、
  蓋つきのタッパーに用足しをしていました。

  今は、ペットボトルが便利です。
  キャップ付きなのでニオイも漏れません。
  女の子は、紙おむつ(ビッグサイズ)がトイレ代わりに有効です。
  性犯罪から守ることもできます。

  飲みかけのペットボトルしかない場合、
  長男→水筒に移し替えていました。
  次男→「飲んでしまえばいいよ!」と。

  どっちも正解ですね。(笑)



〇 赤ちゃん達に守られているのかな         ( 2021/9/17 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  昨日は初産婦さんのお産がありましたが、今日は静かです。
  今は15時。
  外来も落ち着いていて、ご予約頂いていた患者様の診察も終わりました。

  今回の台風は、進路の関係で東京でも「南風」のようです。
  病院3階の南側ガラス窓を、プチプチ養生ボードで補強しようと思っています。
  皆様も、どうぞお気を付けになってください。

  さて、
  昨日のお母さまは前日の夜から陣発入院されるも微弱陣痛で経過。
  朝から促進剤で後押し。 夕方に無事にご出産されました。

  お父さまも身長がおありで、赤ちゃんも大きめ。
  途中、帝王切開の可能性についてもお話ししましたが、
  お母さまも頑張られました。

  3470g、立派です。

  お父さまは、ずっと笑顔を絶やさずにお母さまを応援されていました。

  お父さまが緊張したり不安なようすですと、
  お母さまもカチカチになってしまいがちです。

  病気ではないけれど、お産は辛いもの。
  皆に見守られて、あたたかい雰囲気の中での産声でした。

  ご出産、誠におめでとうございます!
  10か月間、本当にお疲れ様でした!


  それにしても、この前の お産ラッシュは大変でした。
  その波が過ぎ去ると、切迫早産の方が立て続けにご入院。

  お産ラッシュ中は満床が続いていたため、
  もし、そこで切迫早産の入院が必要となっていたら、
  大学病院や総合病院へ搬送となっていたことでしょう。

  どこもコロナ対策でご主人さえも面会ができない状況です。
  まるで、陸の孤島のようでご入院中のお母さま方は
  きっと寂しい思いをされていると思います。

  産科で仕事をしていると、
  お産が重なることがないように、
  赤ちゃん達はテレパシーで会話して時期をみているのかな?
  と思うことがあります。

  今回のお産ラッシュでは、
  「早く早く!
   切迫早産のお母さんのために病室を空けておいてあげようよ!」
  な~んて、赤ちゃん同士でチーム一丸で
  切迫早産のお母さま方を守ってくれたのでしょうか。

  親のいる・なしに関わらず、
  子どもは皆で育てるものだと思っています。

  妊娠中のお母さま方も、赤ちゃん達に守られているのかな、と。
  そんなふうに思いました。



〇 まるでクラス委員長を決めるかのよう        ( 2021/9/17 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  午前外来が終わり、昼食も食べずに色々と考えていました。

  今朝、民放ニュースを見ていると、
  「保育士から感染、父 怒り」というものがありました。

  お互い様なのになぁ、と 
  とても残念な気持ちで見ていました。

  医学部では、
  「人類は感染症との戦い」と、よく教え込まれます。
  新型コロナに限らず、エボラや結核など様々です。

  感染症に関し、貫壁な対策など不可能です。
  病院や診療所だけなく、学校や幼稚園、保育園。
  人が集まるところほど、
  ウイルス増殖にとって好都合な場所はありません。

  一人に感染しても、永遠に増殖・排菌できるわけはなく
  免疫力で抑え込まれます。
  一方、
  隣の人に、次から次へと飛び移ることで無限ループとなります。

  一般細菌は、植物細胞に分類されます。
  そして、細胞壁を破壊する抗生物質などが開発されます。
  それでも、抗生物質抵抗性のものが出現してきます。

  一方、ウイルスは動物細胞に分類されます。
  ヒトの細胞に組み込まれることで増殖します。
  ウイルスに対するお薬 → ヒトの細胞にも影響。
  それゆえ、抗ウイルス薬があるものが限られる理由です。


  第4波、第5波と、
  これまでの対策をすり抜けてきたウイルスであったり、
  変異株となることで感染が再燃するのでしょう。

  全く同時に2人の人が感染したとしても、
  先に発症したり、陽性判明した人が元凶であるかのようにされます。
  あたかも犯罪者であるかのように個人攻撃の対象として扱われます。
  今朝の民放ニュースの、あまりにも見識の無さに、
  とても残念な気持ちでニュースチャンネルを変えました。


  ところで、ある政党が総裁選ごっこを始めています。

  残念ながら、私にはまるで
  「クラス委員長でも決めるかな?」
  というふうにしか見えてなりません。

  誰もが当たり前のことしか言わないし、言えない。。。
  別に、総裁選の争点にも値しない何でもないことを。。。
  目先にあったことを、たまたま思いついて話し出す。。。

  前回の総裁選で「出産費用をゼロに!」と言った方が、
  再び総裁選に立候補しています。
  もちろん、前回のことはすっかりとお忘れになっています。

  ゼロにしたとしても、根本的な解決にはならないのは明らかで、
  そういう意味では、私は反対という目で見ています。
  
  残念ながら、
  現在の日本は子どもを産めば産むほど親が損をする仕組みに感じます。
  学校法人や塾経営者にとっては、
  子どもは「授業料を払ってくれるお客さん」なのかも知れません。
 
  国に関して言えば、

  親の金を使って子どもを育てさせ、社会人になったら利用する。
  そんなふうにしか思えてなりません。


  出産費用をゼロにすれば、子どもを産みたくなるのでは?
  と考えるその心が、どう考えてもあり得ないかと。

  半年くらい前でしょうか、
  NHKニュースで、「若手議員が妊婦体験」というものがありました。

  総裁選ごっこをやっている政党の若手議員の方々が、
  お腹に重しをぶら下げて、
  ニヤニヤと「妊婦さんの気持ちがよくわかりました」と。

  覚えている方も多いのではないかと思います。
  あのNHKが、ニュース報道の中で取り上げている驚き(呆れ)を。

  諸外国のメディアも、
  NHK報道から現代日本を研究しているはずです。
  彼らの目に、どう映るか考えないのでしょうか。


  一方、野党で先陣を切っている代表議員の方も、
  東日本大震災の時は政権政党の官房長官でした。

  そして、炉心が露出し始めているにも関わらず、
  「原発は完全に制御下にあります」と言っていたのです。

  熱々に熱したフライパンに、水をかけてもすぐに蒸発します。
  不用意に水をかければ水蒸気爆発のようになります。

  我が家では、
  子どもが目玉焼きを作っている際に勢いよく水をかけて
  周りの油に火が移りボヤ。
  換気扇の金属骨組み・モーターだけになったことがありました。

  炉心が露出し2000℃近くまで上昇してしまっては、
  どんなに水を降りかけてもあっというまに水蒸気です。

  震災の翌日、炉心露出という報道に
  「やばい、やばい」と
  大学の病棟で言っていた自分を思い出します。

  小さいころから実験好き。
  原子力のことなど無知でも、容易に危機を想像できます。

  「原発は完全に制御下にある」
  「原発はアンダーコントロールにある」
  「コロナは、まがりなりに収束」

  並べてみると、皆、同じようなことばかり。。。

  このコロナ禍、
  人生の先輩である博学のご老人は、次々とお亡くなりになり、
  世界中で歴史は逆戻りしています。
  我が子を見るとき、彼らの将来が本当に不安でなりません。

  日曜日に、ビートたけしさんが「日本は末期だな」と。

  正義の勢力が頑張らないと。
  スーパーマンでも飛んできてくれないかな。


〇 お産ラッシュも落ち着きました          ( 2021/9/14 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  8月末から続いていたお産ラッシュも少し落ち着いた感じです。
  でも。。。
  妊娠35~36週に入られた妊婦様もいらっしゃいます。
  再び月末から10月初めも忙しくなるのでしょうか。
  休めるときに休んでおかなといけませんね。


  ちょっと、お話しの内容を変えて。。。

  我が家では、幼稚園が9月初めからスタートしました。
  でも、コロナ予防でお昼ご飯を食べずに降園してきます。
  小学生の子ども達は月曜日から2学期が始まりました。
  親としては少しホッとしているところです。

  ところで、今朝は東海道南方沖を震源とする地震がありました。
  日曜日にビートたけしの番組で地震のことを取り上げていただけに、
  ちょっと身構えてしまいました。

  皆様もコロナで心身疲労困憊のことと思いますが、
  子ども達を守れるのは大人だけですから、やることがいっぱいです。

  あっという間に8月が終わり、防災月間の9月という実感も湧きませんが、
  お子さまがいるご家庭ですと、食糧備蓄の問題もあります。

  テレビでは、「子ども達に非常食を慣れさせるように」と言いますが、
  我が家の子ども達は雑食でして。。。

  その代わり、大人の方が慣れないといけないのかな?とも思ったり。
  朝昼晩のパン食やカップラーメンはきついです。
  私は一日でアウトです。 胃もたれします。

  やっぱり、温かいご飯が好き。

  レトルト食品の「アルファ米」も十分美味しいですが、
  やはり、炊き立てのご飯が好き。(笑)

  アウトドアブームもあり、
  料理の方法も皆さんそれぞれ。
  お子さまのいらっしゃるご家庭も、それぞれだと思います。
  ご自宅のキッチンでアウトドア料理を楽しまれているところもあるでしょう。

  我が家はPanasonicの普通の電気炊飯器。
  今年に入り、液晶が熱で黒く見えづらくなっていたところ、
  メルカリで同じものを3000円で見つけて即購入。
  コーティーングが剥げていない手持ちのお釜を移植し愛用中です。

  もし、電気がないときはどうされますか?
  そんな時でも、3分でお米を炊く方法があることをご存知ですか?

  10年ほど前にAmazonのセールで見つけたフィスラー社の圧力鍋。
  これがとても重宝するのです


  去年はゴムパッキン・圧力弁が劣化し、1㎝くらいの Oリングを紛失!
  メーカーに問い合わせたところ、交換部品がちゃんと用意されているのです。
  ステンレス鍋そのものは劣化しないので、今なお新品同様で活躍中です。

  保温はできないものの、
  3分のガス火と蒸らしで、ふっくらモチモチの炊き立てご飯です。

  食べ盛りの子ども達。
  電気釜がカラになった場合でも、大丈夫。
  圧力釜で炊いたご飯を電気釜に移して保温するのです。

  次男は電気釜よりフィスラー圧力鍋で炊いたご飯の方が好みとか。

  3分で済むのであれば、カセットコンロのガスも節約になります。
  そうそう、
  おにぎりにしておいてもいいかも知れませんね。


  食欲の秋です。
  天候不順が続き、
  アッという間に夏野菜が終わってしまったのが残念です。



〇 とても嬉しそうな はしゃぎ声       ( 2021/9/12 )

  こんばんは、 お元気ですか?

  2階の廊下から、
  とても嬉しそうな はしゃぎ声が聞こえてきます。
  そして、病室の電話受話器で遊ぶ様子。
  診察室にあるビジネスホンでは、
  入院病室のランプがついたり消えたりしています。
  111と押せたのかな? 
  誰もいない受付の電話が鳴りました。(笑)
  ヨル ダッタラ チョット コワイ カモ

  そう、先程 生まれた赤ちゃんのお姉ちゃま。
  とてもおしゃべりが上手な女の子です。
  とてもとても嬉しそうです。

  今朝の9時すぎから頑張られた経産婦さん。
  先程、16時すぎに無事にご出産されました。

  上のお姉ちゃまは2500gでお生まれになったとか。
  先程、お生まれになった弟くんは3485gでした!
  いやいや、お母さん 頑張りましたね。

  お父さまとお姉ちゃまの応援もあって、
  お母さまも頑張られました。

  お父さまに臍の緒を切って頂き、
  お姉ちゃまも赤ちゃんの頭をなでなで。
  手もにぎにぎしてもらいました。

  経産婦さんでしたが、
  子宮口7~8cmからなかなかお産が進まず、
  エコーで確認してみると児頭は右向きのまま。

  分娩台で体位をとってもらった方が進むと判断し、
  陣痛室から分娩室へ。
  案の定、しっかりと進んできてくれました。

  分娩台でのお産を反対する女医さんや助産師さんもいます。
  フリースタイル分娩も、もちろん大切なのかも知れませんが、
  分娩台の有難さを感じることも多々あります。

  分娩台でのポジションでないと、うまく息めないお母さまや、
  うまく力のベクトルがお産道に向かない場合があるからです。

  お産が進まないにも関わらず、
  あまりにも「自然に、自然に」と頑張りすぎるのは、
  かえって放置になりかねません。
  胎児の余力があるうちに、
  お産に導かなければならないからです。

  お母さまは、昨晩はあまり眠れなかったとのこと。
  今日はゆっくりお休みになり、明日から母乳育児のスタートです。

  お産後の処置が終わって廊下に出てみると、
  お父さまは、笑顔ながらすでにお疲れの様子。

  お二人ともご実家が長野とのこと。
  育児に仕事に大変ですが、
  退院に併せて婆ばが上京してきてくれるまで頑張りどころですね。

  ご出産、誠におめでとうございます!


〇 金色のJAL                ( 2021/9/12 )

  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  これから、
  月曜日に帝王切開となった3名のお母さま方がご退院されます。
  退院指導や退院後のベッドメーキング。 忙しくなります。

  そして、経産婦さんが先程 陣発入院されました。
  やっぱり、いつもの日曜日です。

  ところで、
  長男は、昨日の夜から「羽田に行きたい、羽田に行きたい」
  今朝は6時に、おはようございますも言わずに、
  「ねえ、羽田に行ってきてもいい?」 いきなり。

  7時半前にコペンハーゲンからSASが到着するとのこと。
  それを撮りたいのだとか。

  でも、時計を見るとすでに6時20分、間に合うわけないし。。。
  仕方なく車で連れていくことにすると、
  次男と三男も「行く! 行く!」
  急いで準備する中、次男はおにぎりを握ってくれました。

  誰もいないANAの第2ターミナル 展望ラウンジで待つこと待つこと。
  7時26分に着陸予定なのに、待っても待ってもSASは現れず。
  どうやら、反対側のJALと国際線ターミナルの間にある滑走路に着陸。。。

  気を取り直して国際線ターミナルの駐機場横まで車で行ってみるも、
  フライトレーダーに掲載されたSASの機体は見当たらず。。。
  どうやら、JALかANAの共同運航便であったようです。

  もう一度 気を取り直し、車を走らせ整備地区へ。
  駐機している金色のJALを写真に収めることが出来ました。

  6時半すぎに出発して9時に帰宅。
  ちょっとしたフライトならぬドライブ。
  お産の入院もあるので、子ども達は諦めたようです。

  そうそう、
  先日、JALにお勤めのCAの方が妊娠初期で来院されました。
  パリへのフライトを控えているとか。
  子ども達に話したら「いいなぁ~~~~~~~~~!」と。
  ずっと地上系の私には、とても羨ましいです。 ホントに。(笑)


  さて、
  昨日の診察で、お父さま方の様子をお聞きすると、
  皆様、「赤ちゃんにメロメロ」とのこと。
  良かったですね。

  でも、
  退院すると、現実が待ち構えていますよ。(笑)

  お産後の入院中は、
  食事は調理場で用意し、お掃除もおばさんがやってくれます。
  何か困ったことがあれば、助産師や看護師のサポートがあります。

  ところが、退院するとすべて自分達でやり繰りすることに。

  どんなに順調な妊娠経過とご安産であっても、
  退院されて1~2週間くらいすると、皆様、トラブル発生です。

  そういうものです。 どこのご家庭でも。
  他のご家庭が立派に見えるかも知れませんが、
  皆様、苦労と喜びは半分半分です。

  面会の度に、我が子の可愛い寝顔にメロメロのお父さまも、
  自宅での育児がスタートすると、赤ちゃんの泣き声にぐったり。。。

  育児初体験のお母さまは、慌てることはありません。
  まだ寝がえりをうたないので、
  バスタオルで包んでおけば、24時間ずっとそこにいてくれます。

  とりあえず、寝かせておいて、
  それから、ゆっくり考えたり、解決すればいいだけのことです。

  ハイハイし始めたら大変ですけどね
。 ( ̄ー ̄)ニヤリ


  話が再び羽田ネタにもどります。

  第2ターミナルの展望ラウンジに
  Amici del te(アミーチデルテ)というカフェがありあす。
  行かれた方も多いのでは?

  子ども達が写真を撮りに展望デッキを走り回っている間、
  私はひとりコーヒータイムです。

  コーヒーのおかわり無料です!

  ちなみに、現在の営業時間は9:00~20:30

  Weekday 10:00~OPEN!

  何でそんなに詳しいかって?
  お店の入り口にある営業時間案内、私が作って寄贈しました。
  ホントの話ですよ。

  今度、行ってみてくださいね。
  木目でデザインしたものです。

  緊急事態宣言などで営業時間が変更になるたびに、
  作り変えてあげています。
  看板業者に頼むと、
  デザイン料やら製作材料費などなど高額になります。
  ちょっとした 応援の気持ちです。


〇 世田谷区医師会PCRセンター 検査状況   ( 2021/9/10 )

  おはようございます。 お元気ですか?

  世田谷区医師会PCRセンターの検査結果が送られてきました。
  8月の陽性率 平均は39.1%、9月に入り、17%前後のようです。
  引き続き、油断せずにいきたいものです。

  20210910

  
  ところで、雇用調整助成金の財源が何かご存知でしたか?
  私は、つい先日まで税金から捻出しているものとばかり思っていました。

  どうやら、そうではなく、
  私達が支払っている雇用保険料から流用されているだけのようです。

  あまり政権批判をしても むなしいだけなのですが、
  こういう見方もできるのかも知れません。
  政府や国は、自分達の給料となるお金には手を付けず、
  私達、企業や従業員が積み立てた資金から、
  あたかも「支援しているふり、救済しているふり」をしていると。

  以前から、  
  「仕事を辞めても、失業保険がもらえるから大丈夫」という
  考え方がありますが、
  今後、財源が枯渇することで、
  年金制度のように雇用保険制度も不安定にならないのか、
  警戒していかなければならないのかも知れません。

  もともと借金大国の日本。
  未来のお金に頼りすぎている上に、
  雇用保険の現金にまで手を付けて大丈夫なのかと。



〇 妊婦様優先 コロナワクチン について   ( 2021/9/9 )

  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  昨日、一昨日と気持ちよく窓開けができましたが、
  今日は雨、雨、雨、雨。。。

  さて、表題の通り、
  妊婦様優先コロナワクチンについてのお知らせです。
  
  この度、
  大学の親友である宮原先生のクリニックで、
  若者・妊婦様優先のコロナワクチン接種を
  行って頂けることなりました。

  接種をご希望の方は、
  直接、かるがもクリニック
  ホームページにアクセスして頂き、
  各自で接種予約をお取りください。

  電話相談は、クリニックの診療に多大な支障を来します。
  ご迷惑にならないよう、ご配慮をお願い致します。


  若者・妊婦様優先枠の後は、
  一般向けの予防接種に使用するとのことです。
  早めに接種予約をお取り頂けますよう、お願い申し上げます。


  なお、
  当院ではコロナワクチン接種は行っておりません。
  日夜のお産対応に支障を来す可能性が高く、
  常に緊急帝王切開に備えていなければなりません。
  母体搬送、新生児搬送対応などで病院を離れることもあります。
  医療安全を考えての方針です。

  ご理解頂けると幸いです。


〇 お父さまの到着と同時に      
    ( 2021/9/8 )


  こんばんは、 お元気ですか?

  だいぶ涼しくなり、日中も冷房なしで過ごせるようになりました。
  自宅では窓を開けて除湿機もOFF、とても静かです。

  今は22時半。
  午前中から破水入院されていた初産婦さんが、
  21時50分に、無事にご出産されました。

  3260gの元気な男の子です。

  出産と同時に、お父さまもご到着。
  元気な産声を聞いてもらえました。

  お産直前は胎児心音低下もあり、
  吸引分娩となりましたが1回で娩出。

  しっかりと、お母さまが歩いてくださっていたおかげです。

  コロナ禍、お母さま方は皆、お一人で妊婦健診に来られます。
  DVDでエコー動画を撮影し、
  お父さま方は、ご自宅でせっせせっせと父性形成されています。

  どんなに大変な世の中でも、頑張って生きていくしかありません。
  きっと、子ども達も「大丈夫だから」と、来てくれるのでしょう。

  10か月間、頑張って妊婦健診に通われました。
  ご出産、誠におめでとうございます。

  広島と愛知のご実家の皆様、
  赤ちゃんもお母さまもお父様もお元気ですよ!



〇 それって、時差でしょう         ( 2021/9/7 )

  こんばんは、 皆様、お変わりないですか?

  今は19時半です。
  子ども達は、お利口さんに夜ご飯を食べているかな?
  我が家は。。。

  ところで、今日 妊娠36週6日となり、
  長期間の切迫早産入院を頑張られた経産婦さん。

  お昼に張り止めを内服して点滴を抜針してから少しずつお産が進み、
  先程、19時過ぎに2890gの元気な男の子をご出産されました。

  ご主人もギリギリ間に合い、立ち合い出産です。

  この妊娠期間を振り返ってみると、
  妊娠29週から32週まで1回目の入院安静。
  一時帰宅してみるも、子宮口がさらに開いてしまい、
  妊娠33週から2回目の入院で今日に至りました。
  実に、7月中旬からずっと入院安静ということになります。

  つい先週までは逆子ちゃんでした。
  しかも、子宮口4㎝開大。

  逆子の破水は臍帯脱出のリスクも高く注意が必要です。
  もし、頭位であったら私達医療サイドも油断したかも知れません。
  自宅安静で早産が進んでしまったかも知れません。

  きっと、赤ちゃん。
  「動かれては破水もしくは早産しそうだから逆子でいようっと」
  「そろそろ36週になったから、逆子から治ろうっかな~」

  そして、今日の診察で私
  「明日、退院してみましょうか」
  →「え~! 大変! お家に帰ったら間に合わないよ!」と、
  陣痛の指令を出してくれたのでしょうか。

  本当は、
  気持ちのリフレッシュもかねて一時帰宅をと考えていたのですが、
  そのまま自然早産となりました。

  36週6日でしたが、それって、時差でしょう。
  2890g、とても立派。
  元気に泣いてくれました。

  お母さまはもちろんのこと、
  上のお子さまのお世話にお父さまも、爺じ婆ばも頑張られました。
  もう、家族総動員です。

  お陰で、
  お母さまと一緒に退院できるほど、お腹のなかで成長しました!

  ご出産、誠におめでとうございます!
  10か月間、本当にお疲れさまでした!



〇 みな、お元気です           ( 2021/9/7 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  今朝は久しぶりに気持ちのいい朝日が差し込みましたね。

  自宅は窓を全開にし、窓際に溜まったホコリのお掃除。

  「湿気が汚れを呼ぶ」とよくいいますが、
  湿気でホコリも重くなるからなのでしょうか。

  扇風機を最大風量にしてホコリを吹き飛ばすと、
  ミストのようにキラキラと朝日で輝きます。
  「やっつけた感」で、実に気持ちがいいものです。


  さて、昨日の月曜日は大忙しでした。
  大学から不妊専門の女医さんに来ていただき、
  唯一、私のお休みのはずでしたが。。。
  そういえば先週の月曜も忙しかった。。。

  もともと、
  前回帝王切開の方の反復帝王切開が予定されているところに、
  破水2日目の初産婦さんがお二人とも分娩停止。

  お二方とも血圧が上昇し始め、無理をしないことに。

  帝王切開3件ということになり、看護師達も大忙し。
  滅菌器もフル稼働。
  熱々の滅菌済器材をアイスノンで収納ケースごと冷やし、
  次の手術の準備。。。


  帝王切開後も血圧上昇を認めておりましたが、
  今朝からは内服薬もあり落ち着き始めています。

  お母さまも赤ちゃんも、みな元気です。
  切迫早産で長期入院された経産婦さんも、明日退院予定。

  皆さん お元気。 頑張られています。


  ところで、
  妊婦様の脳出血は、救命率が非常に低いです。
  脳外科のある総合病院であっても、厳しいです。

  脳出血後に、麻痺の残ったお母さまもいらっしゃいます。

  子どもの成長の中で、お母さんの役割は非常に大きいです。
  遠足やピクニック、公園やプール。
  色々なところに一緒に行って欲しいです。

  母体死亡は何としても避けなければなりませんが、
  お母さまに障害が残るということも、
  子ども達の成長の妨げになりかねません。

  産科医の仕事は、
  産後健診で一旦終了になるかもしれません。
  でも、妊婦健診中の異常検知、重症化を未然に防ぐこと。
  結果的に、子ども達の成長にかかってきます。

  頑張って、妊婦健診に通ってくださるお母さま方。
  実は、その努力が一番すごいことです。

  私の仕事は、あくまでもサブですから。
  


〇 コロナ感染は お互い様です         ( 2021/9/4 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  今は15時、ようやく一週間の外来診療が終わりました。
  そして、昨夜は久しぶりに朝まで眠れました!(笑)

  でも、土日です。
  妊婦健診では、お産待ちの妊婦様が多々おられます。
  はてさて、どうなるでしょうか。。。
  スコシ、ユックリ シタイナ。。。


  ところで、テレビ報道で、
  コロナ陽性の妊婦様の搬送が間に合わなかったり、
  濃厚接触の妊婦様が診察を受けられなかった、など、
  様々な情報が流れています。

  幸い、当院の外来診療中やご入院中に、
  コロナ感染を疑うケース、診断を必要とするケースは
  ありませんでした。

  夫婦間や家族内での注意点(産婦人科的)について、
  しっかりと気を付けて頂けているのだと思います。
  また、他の妊婦様に感染をうつさないよう、
  あらかじめ、お電話で受診相談して頂けているお陰でもあります。

  もちろん、
  ご家族で陽性が判明したり、
  妊婦様ご自身がコロナ陽性となったケースもあります。
  上のお子さまが、
  幼稚園や保育園で濃厚接触者となったケースもあります。

  これまでの事例では、
  ご主人がコロナ陽性判明後にご自身も疑いがあり、
  近医内科にて陽性の診断。
  成育医療研究センターに入院となり退院された方。
  自宅安静で済み、過ごされた方もいらっしゃいます。

  幸い、胎児にもお母様にも緊急のことは起こらずに経過しました。
  当院にて、自然分娩されて母児ともにご退院となった方もおられます。


  世田谷区医師会PCRセンターの状況を参考にすると、
  少しずつ、第5波も改善傾向にあるのかなと感じています。
  しかし、海外情勢も見れば一筋縄にいくはずもなく、
  これからも未公開株(ウイルス株)も、
  まだまだ出現してくることでしょう。
  2学期に入り、子ども達の通学や登園も増えてきました。
  引き続き、気を付けていかなければなりません。

  ここで、確認事項です。

  陽性や疑いの場合は、
  状況のご報告、および受診相談のお
電話を必ず頂ければと思います。


  1.最近のコロナ感染の場合(ご主人もしくは妊婦様)

    胎動は、赤ちゃんの元気度のバロメーターです。

    腹痛や出血を認めず、胎動もしっかり感じるようであれば、
    2週間以上、次回予約を遅らせても心配はありません。

    もちろん、
    赤ちゃんのことが心配なときは、
    外来予約枠の最後に、ゆっくりと診察させて頂きます。


  2.妊婦様がコロナ陽性の場合

    国からの通達の遥か以前、去年から、
    成育医療研究センターや慈恵医大、日赤医療センター等が、
    自主的にしっかりと動いてくれています。

    これまでのケースでは、当院を経由することなく、
    近医内科で陽性診断 → 直接、成育医療センターへ

    入院と同時に、成育医療センターから情報収集要請が当院へ
    → 紹介状(カルテ内容や検査内容)をFAXで成育へ


  これからも、色々なケースが起きるのは明らかです。
  想定外という言葉を使って逃げるのは嫌いですし、
  かといって想定しやすい事例をブログにまとめるのも大変です。

  ご心配な時は、必ず受診相談をされてください。
  電話口でも、お互いの声が聞こえたほうが、
  不思議と安心するものです。

  不安なのは、皆 一緒です。
  引き続き、基本の徹底の「実行」をお願い致します。



〇「たべちゃいたい」              ( 2021/9/3 )

  おはようございます。 お元気ですか??

  今は午前2時です。 
  先程、午前1時過ぎに経産婦さんのお産が無事に終わりました。

  上のお子さまも当院でご出産されており、
  今回は転居先の稲城から通われ、ご出産となりました。

  道も空いている午後11時過ぎ、ご主人に付き添われてご入院。
  ちゃんと立ち合い出産して頂き、褒めて頂いていました。

  やはり、出口が柔らかいということは大切ですね。
  斜め前向きでしたが、しっかりと歩いてくださっていたので、
  吸引1回で無事にご出産となりました。
  お産直前、胎児心音低下もありましたが、元気に泣いてくれました。


  ところで、
  平成28年に大学病院を退職したわけですが、
  大学病院在席中も二足のワラジ。
  医局派遣の茅ヶ崎市立病院の勤務を終えてからのこの10年以上は、
  帝王切開は全例、お産も殆ど全て私が取り上げてきました。
  一方、大学病院の担当患者様のお産の際も、
  夜中でも車で出勤しお産を取り上げていたことを思うと、大変だったなと。

  流産手術も同様でしたので、
  カルテを手にすると、その時その時のお母さま方の心の動きを思い出します。

  中学の時、歴史はいつも赤点。
  まったく興味がなく、やる気もなく、全然覚えられなかったのですが。。。
  興味の有る無しで、記憶力に差が出るのでしょうか。(笑)


  経産婦さんの場合、お産を取り上げている時に、
  前回のお産のエピソードを ふと思い出すことがあります。

  先程のお母さまは お一人目の時、
  あまりの可愛さに
  「たべちゃいたい!」とおっしゃっていたことを思い出しました。

  
  稲城から通われていて計画出産も検討されていまいたが、
  外来エコーでは、ずっと斜め前向きのため予定日まで待つことに。

  陣痛促進剤ですべてのお産をコントロールできるわけでもなく、
  無理な吸引分娩は赤ちゃんの脳出血のリスクがあります。
  やはり、自然陣発の力ほど心強いものはありません。

  無事に元気に泣いてくれて、本当に良かったです。

  10か月間、本当にお疲れさまでした。
  ご出産、誠におめでとうございます!

  今回は、どんなエピソードが生まれるでしょうか。
  楽しみです。


  それにしても、いつまでお産ラッシュは続くのでしょうか。
  昨日は午後外来終了後、犬と一緒に添い寝して休息を取りました。
  一度、電話で起こされてしまいましたが。
  今夜こそ、朝まで眠ります。


〇 27.2 %                   ( 2021/9/2 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  世田谷区医師会PCRセンターの実施状況が送られてきました。

  20210902

  週報では、27.2%のようで減少傾向にあるようです。
  一時期、週報で45%となっていたこともありました。

  幼稚園や小中学校も2学期に入り、  
  相手が感染症ゆえに、まだまだ増減を繰り返すのでしょう。

  繰り返しになりますが、
  皆様が安心して婦人科検診や妊婦健診に通院して頂けるのも、
  安心してお産の日を迎えられるのも、皆様のお陰です。

  一部報道では、
  「うがいはあまり効果がない」というようなものもありますが、
  試して感染し死亡してしまっては大変です。
  実証実験はできないわけですし、今後現れるであろう未公開ウイルス株が、
  どういう性格を持ち合わせてくるのか、まだまだわかりません。

  テレビやネットでの情報収集も大事ですが、
  鵜呑みにしたり、惑わされることのないように。

  我が家は、いつも通りのことしかしていません。
  病院では、空気清浄機のフィルター清掃(不織布交換廃棄)の間隔を、
  少し短くしてみました。

  各ご家庭でも、いま一度 基本の徹底実行をお願い致します。

  基本的なウイルス侵入ルートは、眼・鼻・口です。

  ウイルスの直撃を受けないよう、
  この3ルートのガードをしっかりとお願い致します。 



 3725 !                  ( 2021/9/2 )

  おはようございます。 お元気ですか?

  今は、午前7時です。
  そう、やっぱり眠れませんでした。(笑)

  もう一人、午前0時すぎにご入院となっていた方のお産が進み、
  6時過ぎに、無事にご出産となりました。

  3725 とは、富士山の標高ではありません。
  赤ちゃんの体重です。 立派です。

  先日の妊婦健診でも、子宮口は開いておらず、
  「生まれてこれないのでは」と、お母さまは涙涙涙。。。

  夜中に入院されたときも1㎝でしたが、
  その後の陣痛で2㎝となり、児頭もちゃんと下降してきました。

  いやいや、立派です。 ほんとに。

  安産体操は、なかなかすぐには成果が見えないこともありますが、
  お産の時 本当に楽になるなぁ、と思っています。


  出口が柔らかいことは、とても大切なことです。

  1回の吸引分娩で出してあげられれば、
  赤ちゃんの脳出血リスクも少なく済みます。

  出口が柔らかければ、
  赤ちゃんも苦しがりきることなく、出してあげられるでしょう。

  お母さまの血圧も上がりきることなく、
  お産が終了し、母体の負担が軽くなります。

  お父さまもお産に立ち会って頂き、
  臍の緒を切ってもらいました。


  過去があっての 今です。
  これまで+10か月間、本当にお疲れさまでした。

  いよいよ本格的な育児のスタートですね。
  ご出産、誠におめでとうございます!
 


〇 またまた賑やか                 ( 2021/9/2 )

  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  今は、午前4時です。

  先週からお産や帝王切開があり病棟は満床が続いていました。

  昨日、お産後のお母さまがお二人退院されたばかりですが、
  また、破水と陣発でお二人のお母さまがご入院。

  先程、午前3時に、
  破水で入院された初産婦さんが無事にご出産となりました。

  不思議と、お産が重ならないように、
  赤ちゃん同士で生まれてくるときを相談しているのでしょうか。

  おへそのあな  長谷川 義史(作)


  まだ、活字や言葉は理解できなくとも、
  お耳で外の様子を伺ったり、
  おへその穴から覗いているのかな?


  コロナ禍の心理的な不安なのか、
  時間の流れが
つかみにくいテレワークのストレスの影響か、
  いつもより切迫早産の方は増えている印象です。

  先程お産になった方も、
  もともと、切迫早産で入院にならずとも自宅安静期間が長く、
  ご主人が身の回りのことをすべてやってくださっていました。

  廊下で待たれ、ご出産後に赤ちゃんと面会、そして号泣。

  赤ちゃんが元気に泣いてくれること。
  それが何よりです。
  今までの不安と苦労が一気に吹き飛び、ホッとされましたよね。

  泣いてばかりで、
  お母さまへの労いの言葉が聞き取れませんでした。。。
  もう一度、
  ちゃんと記憶に残るように褒めてもらうことにしましょう。(笑)

  お父さまもお母さまも、10か月間、本当にお疲れさまでした。
  ご出産、誠におめでとうございます。

  そして、もう一人。
  予定日超過で今日入院予定だった方が、自然陣発でご入院。
  少しずつ、お産が進んでくることでしょう。
  頑張れ、頑張れって、心の中で応援してあげてくださいね。


  まだ、朝になるまで少し時間がありそうです。
  今日も忙しくなりそうなので、私はもう一度。 zzz...zzz...



〇 ますます賑やか                 ( 2021/9/1 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  今日から9月ですね。
  近隣の幼稚園では引き渡し訓練(避難訓練)
も行われていました。
  バタバタする2学期の始まりですね。

  幼稚園や保育園だけでなく、小学校低学年は保育の役割もあります。
  コロナの影響で、休園や休校だけなく、お外での活動も制限されています。
  学力も体力も心配です。

  学校生活だけでなく、お友達と遊ぶ時も、
  子ども同士ですと、興味あることは皆で覗き込んでしまいがち。
  エアロゾル感染(目・鼻・口への直撃)に注意しなければなりません。
  暑さに気を付けながらも、マスク着用を覚えさせたいですね。

  さて、
  午前外来が終わって、13時に逆子ちゃんの帝王切開がありました。

  12時58分ちょっと前に執刀開始、13時ぴったりに出生です。

  帝王切開の方法を編みだしてくれた先陣の先生方のお陰だと、
  いつものように感謝しながら手術をしています。

  生まれてみると、2300gであり38週にしては小さめ。
  昨日のエコーでは羊水量も減少してきていたので、
  胎盤機能不全もあったのでしょう。

  ちょうどよいタイミングでオッパイへのバトンダッチです。

  逆子が治ったり、また逆子になったり。。。
  胎児が「そうしたい」と思って生まれてきたのでしょう。

  ご出産、誠におめでとうございます。
  10か月間、お疲れ様でした。
  分娩手術室のドア越しに、
  お父さまも、ちゃんと産声を聞けて嬉しそうでした。
  よかったですね。

  そういうわけで、
  病棟には7名のお産後のお母さま方と7名の新生児。
  そして、先日ご退院され、
  吉川先生(小児科)の新生児チェックに来られた2名の赤ちゃん。

  ますます賑やかです。

 
  切迫早産で逆子ちゃんのお母さまも、
  長期入院になっていますが、頑張っておられますよ。
  先日、上のお子さんに点滴を引き抜かれてしまいましたが。。。



〇 賑やか                     ( 2021/8/30 )

  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  今日は月曜日、暑くなりそうな一週間の始まりです。

  土曜日も忙しかったのですが、
  昨夕は18時に初産婦さんがご出産となりました。
  そして、

  先程の午前6時すぎにも経産婦さんがご出産となりました。

  夜中は暑さのせいか、3歳の長女がベッドの上をゴロゴロ、ゴロゴロ
  ドスン!
  心配で午前1時過ぎからウトウトウトウト、
  眠れたような眠れなかったような。
  携帯が鳴り、「お産」との連絡。
  ちょうど、他の部屋で男の子達と添い寝していた家内も起き始め、
  思わず「今日、何曜日だっけ?」と。
  ニチヨウビダッタライイノニナ。。。

  やっぱり、いつ陣痛が始まるかわからず、予定は未定ですね。
  いつも通りの土日でした。

  体力的、精神的には疲れますが、
  皆、元気に産声を聞かせてくれて、お母さま方にも異常がないこと。
  それが何よりです。


  午前中は帝王切開もあります。
  大学から不妊専門の先生がお手伝いに来てくれます。

  帝王切開を執刀したあとは、外来をお任せする予定。
  数時間だけ、休息できそうです。



〇 気付けば、皆 男の子でした           ( 2021/8/29 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  今日は日曜日です!
  先程、初産婦さんが陣発入院されました!

  やはり、いつも通りの日曜日です。(笑)

  昨日は外来とお産で忙しく、
  看護師達も夕方まで昼食を取らずに頑張ってくれました。

  分娩介助や緊急帝王切開の準備や後片付け、
  夜中の入院に備えて、お産セットの準備などなど。
  産院はいろいろと忙しいものです。
  予定は未定ですから。

  そして、
  気付けば 皆 男の子の赤ちゃんでした。

  昨日が誕生日の三男。
  家族の中で一番 甘党男子です。
  パンも大好き。 大学芋も大好き。
  カボチャスープも大好き。

  同じ誕生日の男の子たち。
  「どんな子になるんだろうね」と、
  家族だけの小さな誕生会のときに話していました。

  誕生日は365通り。
  干支は12通り。
  血液型は4通り。
  調子に乗って12星座も加えると、もう大変な騒ぎです。(笑)


〇 今日は3人の赤ちゃんの誕生でした          ( 2021/8/28 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?
  今は16時です。 土曜日です!

  午前0時に続き、
  午後にも2人の赤ちゃんが無事にお生まれになりました。

  13時すぎと、15時すぎに。
 
  3人です、今のところ。(笑)
  妊婦健診中のお母さまの中には、経産婦さんもお産間近。
  いつもの土日になるのでしょうか。

  自然分娩の方もおられれば、帝王切開の方もおられました。
  でも、どちらも立派なお産です。

  新生児室の前では、
  お父さまが嬉しそうに赤ちゃんの写真を撮っておられます。

  また、皆様、思い思いでお部屋で過ごされています。

  ご出産、誠におめでとうございます。 x3
  10か月間、妊婦健診にも頑張って通われました。
  暑い中の通院、お疲れさまでした。 x3
  

  ところで、
  今日は三男の誕生日でもあります。
  6歳になりました。

  この3日間、外来やお産で全く外出もできず、
  誕生日プレゼントすら買いに行けませんでした。
  きっと、楽しみにしているんだろうなぁ~
  


〇 ようやく生まれましたー             ( 2021/8/28 )

  皆様、お元気でいらっしゃいますか?
  昨日の心身の疲れを忘れるために、
  ゆっくりと、深くお休みになられていることでしょう。

  今は午前1時です。
  まだ、こんばんは の時間でしょうか。
  富士登山ではないので、
  「おはようございます」は、ちょっと早すぎますね。

  昨日のお昼に陣発入院された初産婦さんが、
  先程の午前0時すぎに、無事にご出産されました。

  夕方からずっと、ご主人に背中をさすってもらい、
  頑張られました。

  生まれてすぐに元気な産声を聞かせてくれて、
  ピンク色の滅菌シーツに負けないくらい、
  きれいなピンク色の男の子の誕生です。

  切迫早産での入院期間もありましたが、
  無事に正期産でのお産となりました。

  お母さんの子宮から、
  母乳へ バトンタッチです。

  10か月間、お疲れさまでした。
  陣痛経過もお疲れさまでした。

  ご出産、誠におめでとうございます!
 


〇 支援制度・相談先一覧              ( 2021/8/26 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  コロナ禍、
  皆が様々な心理的環境、経済的環境に置かれています。
  私もです。

  産婦人科医会より
  支援制度・相談先の一覧が送られてきましたので、
  pdfでアップ致します。

  Img_0002

  当院外来でも、様々な家庭環境をお聞かせ頂いたり、
  なかなか言えない不安もお話できるような雰囲気づくりを
  心掛けています。

  まっすぐ前を向いて、強く。

  時には振り返ってもいいですよ。
  過去があっての 今ですから。

 

〇 ご愛嬌                     ( 2021/8/26 )

  おはようございます。 お元気ですか?

  この数週間、
  世田谷区PCRセンターの陽性率が43%や45%であったのに対し、
  昨日送られてきたFAXによると週報は39.4%となっていまいた。

  いい兆しであることを願うばかりですね。

  20210826

  よく見ると、
  左のPCR検査実施数が899に対し、
  右のPCR陽性陰性の合計が893なのは、ご愛嬌なのでしょう。

  連日、午前中の医師会Faxはお話し中です。
  三軒茶屋にある旧医師会館PCRセンタートと、
  梅ヶ丘にできた新医師会館とのやり取りで大変なご苦労ですから。
  

  ところで、
  「一部ワクチンに異物混入疑い、使用見合わせ」との報道がありました。
  約160万回分に相当するとのことことです。

  ワクチンを予約されていた方には混乱が生じると思いますが、
  慌てずに状況改善を待たれてください。
  決して、
  「予約を入れたのに!」などとクレームの電話をなさりませんように。

  接種会場・接種医療機関も、届くかどうか気をもんでいます。
  どこも、届くのを待つしかないのですから。

  ワクチンは、あくまでも補助的手段にすぎません。
  今のところ、
  個々で出来るロックダウン(他人と会わない)が一番確実です。
  ウイルスは湧いてきたり、遠方から遥々漂ってきたりしませんから。

  ウイルスは無限に増殖できるわけもなく、
  感染後14日ほどで免疫力が勝って治癒することを期待します。

  自宅療養の方も多数おられますが、永遠に続くわけではありません。
  軽症で済むことを願うばかりですが、
  いつか必ず、14日間を経過して自宅療養卒業という日が来ます

  新規感染者が減れば拡大の勢いも減ることが期待できるでしょう。
  もし、知らず知らずにこっそりウイルスをもらって発症もしなかったら。
  他の人との接触をなくして14日待っていれば、何事もなかったことに。

  完全なロックダウンは無理にしても、個人個人ならできそうですよね。
  個人的なロックダウンなら、新たな税金の支出もありません。
  これ以上、将来のお金(税金・補助金)に手を出さなくて済むように。



〇 化学損傷も大量の流水を             ( 2021/8/25 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  今は13時、水曜日の外来診療がようやく終わりました。
  予定日間近の妊婦様も増えてきました。
  8月末は忙しくなりそうです。

  そして、
  いよいよパラリンピック開催ですね。
  
  開会式を子ども達と見ていました。
  様々な障害、様々な疾患がありながらも、あの笑顔。
  世界中から波打つ鼓動が集うことは、やはり素晴らしいですね。

  コロナ禍ではありますが、
  五輪と同様にパラの灯火も絶やしてはならないと。

  五輪・パラが中止となっても、感染は拡大したでしょう。
  中止したとしても、「決断の時期が遅かった」と、結局...

  国民が政府を振り回し、政府に国民が振り回されていますが、
 
 規則や法律云々より、個人個人の行動が何より確実、速効性があります

  デルタ株は凶悪のようで困りものですが、
  まずは基本の徹底を再確認して実行するしかありません。


  ところで、昨夜、硫酸の事件がありました。
  顔面の後遺症や失明のリスクが大きいだけに、とても
心配しています。

  火傷と同様に酸やアルカリ、
  家庭用の強力な合成洗剤、漂白剤なども危険です。

  化学損傷も大量の流水が大切です。
  でも、元に戻るとは到底思えず、不憫でなりません。

  地下鉄の出入り口は分散し、駅員の人数も削減に削減です。
  特に、都心はビルばかり。 夜はゴーストタウンです。
  助けを求めようにも人通りが全くありません。

  顔面や眼を狙われては、スマホの操作など不可能です。
  私の使用するガラホでさえ、目をつむっては操作できません。

  子ども達のランドセルにぶら下げるような防犯ブザー。
  私達大人も必要な時代になってしまうのでしょうか。

  
  バックに500mlのミネラルウォーターを常に持ち歩く

  熱中症対策だけでなく、震災時のエレベーター閉じ込め、
  そして、遭遇したくはない今回のような化学損傷。
  お守り代わりに持ち歩こうかと本気で考えてしまいます。


  再犯しない人は、もともと初めから初犯も犯さないものです。
  別にすごいことでもなんでもなく、当たり前のことです。

  逆に犯罪を犯す人は、どんなに反省しても再犯してしまいます。
  人の心理はそういうものです。

  子ども達にも「私達大人が言う「二度としません」は嘘だからね」
  と、言い聞かせます。
  特に、警察に捕まって顔を隠して反省したふりをしたり、
  泣いたふりをしている人。
  きっと再犯するなと、すぐわかります。

  「一度でもやってはいけないことを、やってしまったんだからね」
  「自分を律さないと、いつかは犯罪を犯すもの」
  「お父さんだって、そうだからね」と。


  医者になって3年目、
  大学の分院に赴任する直前、他科で医療事故がありました。

  当時、上司である産婦人科部長は病院長も兼任されていたのですが、
  「娘に、「テレビに出るような医者にはなりたくない」
  と言われてしまったよ...」と言われたことを思い出します。

  
  話がだいぶ脱線しましたが、
  ミネラルウォーターは飲んでしまってはダメですよ。
  緊急時用と、飲用は別です。



〇 ブルーインパルス (音だけ)            ( 2021/8/24 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  パラリンピック開催で、今日もブルーインパルスが飛んだようですね。

  私は残念ながら午後の外来診療中で見れませんでした。
  しかも日曜日の予行飛行の際は、車磨きのDIY作業中で見れませんでした。

  先日のオリンピック開催日の飛行を見れなかった長男。
  何と、今日は塾をお休みしました Σ(・□・;)

  子ども達が手をつないで診察室の外、駐車場を通り抜ける声。
  屋上まで上がっていきました。
  そして、
  14時過ぎに、屋上から歓声が上がっているのが聞こえました。
  「きたー! カッコいいー!」

  ふと、
  幼稚園・小学生の頃に見ていたウルトラマンを思い出していました。

  アメリカ映画のSUPERMANの効果音は風切り音。
  ウルトラマンは戦闘機ともジェット機とも、何とも言えない音。

  双発の旅客機より、4発のB747の音のほうがカッコいいと感じるように、
  編隊で飛ぶブルーインパルスも素晴らしいですね。

  ブルーインパルスが大空を通過する音を聞きながら
  コロナ迷惑
星人と戦うヒーローが飛んできてくれたような、
  勇気の湧いてくるような、そんな不思議な気持ちでした。

  日曜日の予行練習では、そこまで湧いてくる気持ちが無かったのに、
  本番だと感じ方が違うというのも、これまた不思議。

  勇気って、もらうものではありませんよね。
  湧いてくるものですよね、言葉の通り。

  そういえば、松山千春が
  勇気 ありがとう と歌っていましたが... 色々です。



〇 8月も残りわずか                  ( 2021/8/24 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  8月も残りわずかですね。
  昨日、お空には うろこ雲が見えました。
  外出することが少ない中ですが、季節の移り変わりを感じます。

  ところで、
  去年と同様に 切迫早産の妊婦様が増えています。
  外来経過で大丈夫そうな方もいらっしゃれば、
  入院安静加療が必要な方もいらっしゃいます。

  例年と違うと感じるのは
  22週頃から早産兆候が見られる方が増えたことです。
  結果的に、30週過ぎから入院安静が必要という場合も目立ちます。

  早産してしまいそうな場合は、NICUの先生のいらっしゃる
  総合病院に母体搬送が必要となります。

  しかし、皆さまもご存知の通り、
  困っているのが新型コロナウイルス感染症の影響です。

  本来なら周産期救急が拡充されている東京都内でも、
  紹介・搬送が困難になることが十分に予想されます。

  妊婦様ご本人はコロナ感染していなくとも、
  ご主人がコロナ感染者であったり、関係する職場や保育園などでクラスター発生が
  あったりすると、受け入れ先の病院では対策をとった病室に入院となります。
  その病室が満床の場合は、どうしても転院を受け付けてもらえません。

  ご家族の皆様も お気をつけながらご自宅で過ごされ、
  妊婦様ご本人も、落ち着いた妊娠生活を送られますように。

  外から持ち込まない限り、連れて帰って来ない限り、
  コロナウイルスが自宅で湧いてくることはありません。

  もともと、子ども達は飲酒をしたり、
  唾をまき散らしながら大声で話すこともありません。
  にも関わらず、感染が増えているのはなぜか。

  それほど、子ども達の生活環境に変化が無いにも関わらず、
  子ども達の年齢でコロナ感染が増えてきているということ。

  やはり、デルタ株は凶悪なのでしょう。

  親として、病院として、
  新たな対策はないかと試行錯誤です。


  小学校は、夏休みが9月12日まで延長になりました。
  今のところ幼稚園からは連絡がありませんが、
  登園させるかとうか、悩むところです。

  パラリンピックが始まります。
  大会が直接関係しなくとも、場外で感染が増えることでしょう。

  退会終了と同時に、
  日本もロックダウン措置を発動するのだろうと予想しています。

  そして、コロナの第二弾。
  食料危機なのではないかと心配し始めています。

  駅前のスーパーで、「 キュウリ 1本 100円 」でした!
  縁日で、よく冷えたキュウリが売っていますが、さすがに...


  農業にしろ酪農にしろ、どこも相当なご苦労で成り立っています。
  自給率の少ない日本です。 
  ともすれば、生産者でコロナが増えた場合、
  あっという間に食糧危機になるのではと危惧しています。

  当院の患者様に
  「3か月分の食糧を備蓄するように」と言われたことを思い出します。

  食べ盛りの子ども達、
  長期保存が可能なのはパスタ・きしめん。
  東日本大震災の際に乾麵の有難さを身にしみて感じました。

  そろそろ新米の時期です。
  先日の長雨が影響していなければいいのですが。
  


〇 遊びの中でも 密にならないように         ( 2021/8/21 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  ニュース報道でご存知の通り、
  小児や幼児でのコロナ感染例が増えています。
  スポーツクラブや屋外サッカー教室での発生もあります。

  そして、とうとう 
子ども達の2学期にも影響が出始めました。
  長男と次男が通う学校は、
  中高も含めて9月12日まで夏休みが延長されました。
  ガックリです...


  先行するRSウイルスの拡大で小児科入院施設はいっぱいです。
  それに加えてコロナ感染例です。

  小児や幼児のコロナ、搬送困難は何としても避けたいですが、
  そういう事態も容易にに想像できます。残念ですが。

  入院施設の拡充よりも、
  感染をもらわない予防の方が、より確実性があります。

  親にとって、子どもを失うことほど辛いことはありません。
  親を失ってコロナ孤児にするのも、あまりにも理不尽です。

  これまで、
  「子どもは軽症で済む」という印象でしたが、
  ウイルスが変異するというのは 今回のコロナに限ったことではなく、
  現在のように悪化・強毒化する状況も想定内のことと言えます。


  以前から、近隣の幼稚園や保育園でのコロナは耳にしておりました。
  いずれも、親御さんやスポーツクラブ経由でコロナが発生したものの、
  園児から園児へのクラスター発生に至るケースはほとんどありませんでした。


  しかし、最近は園児や給食室、職員のクラスター発生に至っています。

  お友達のお家に遊びに行って、感染をもらってきたケースもあります。

  子ども達が飲酒や会食をするはずもなく、
  子ども部屋が密室となってしまうのでしょうか。

  スマホゲームや任天堂スイッチなどのゲーム機器の液晶画面を、
  皆で食い入るように見てしまい、顔と顔の距離が保てていないことも
  案外、関係しているのかと、色々な感染ルートを想像してしまいます


  子ども達同士で遊ぶ時、ふれあいが多くなるだけに、
  これまで以上にマスク着用は大事ですね。

  新規感染者数が5000人というのも驚きですが、
  毎日5000人というのも、何か、一定の感染ルートがあるのでは?
  とも考えます。
  無茶苦茶に遊び放題なら、もっと毎日のように加算されるかと。


  以前、産婦人科学会でレクチャーして頂いた、
  感染制御学の大学院教授のお話しを紹介しました。

  案外、接触感染は少ないのではないか?
  という指摘がありました。
  そして、エアロゾルの直撃が一番問題と。

  子ども達が子ども部屋にこもるようなときも、
  お部屋の換気は大切でしょう。

  加えて、
  部活動やサッカークラブ。
  ウォータージャグからの水分補給など、
  つい うっかり、
  付着した他人の唾液の混入するというリスクがあります。

  お友達のお家に遊びに行って、
  おやつの時間に麦茶ポットから皆のコップに注ぐというのも、
  これまでなら普通のことでしたが、個々のペットボトルが良さそうです。

  大人の会食では、酔った勢いでの大声だけではなく、
  瓶ビールやワイン、紹興酒、日本酒、焼酎、泡盛。
  複数のグラスに注ぐと、食中毒のように唾液経由での感染が広がるのでしょう。

  まだまだ試行錯誤の感染対策が続きます。
  これまで練習してきた基本の徹底、そして実行。
  宜しくお願い致します。


〇 お姉ちゃまとお兄ちゃまに見守られて   ( 2021/8/20 )

  こんばんは、 皆様、お変わりないですか?

  いまは午前1時です。
  先程、経産婦さんが無事にご出産されたところです。

  妊娠初期、切迫流産で入院された際は、
  お姉ちゃまとお兄ちゃまが
  我が家に遊びに来てくれたこともありました。

  今夜は、妹さんの誕生です。
  お父さんと一緒に赤ちゃんの誕生を見守ってくださいました。

  切迫流産で急に入院になった際は、
  美容室のお仕事、保育園の送り迎えと奮闘されていました。


  経産婦さんのご家庭の場合、
  お母さまが入院となると子ども達のお世話が全てお父さまに。

  夫婦2人分の家事を1人で行うというのは、とても大変なこと。
  仕事に家事に育児にと、気を休める時間がありません。

  行政は「産後ケア」と言いますが、
  お母さんは退院されてご自宅にいらっしゃいます。
  そこまで行政の支援を必要とするケースは無いかもしれません。

  本当の意味で支援が必要なのはお母さまの急な入院の際です。
  何か良い方法があればいいなと、いつも思います。

  このコロナ禍、急なお母さんの入院の際でも、
  我が家に遊びに来てもらったり、お庭で遊んだり、屋上で遊んだり、
  お子さま達は楽しんでいるようで、ひと安心ではあります。

  さて、
  無事にお産も終わりました。
  落ち着いた育児が始まりますね。

  お父さまもホッとされたのでは?
  産後入院中は、ちょっと忙しいと思いますが...

  10か月間、お母さまだけでなくお父さまも、
  本当にお疲れさまでした。
  ご出産、誠におめでとうございます。


〇 良い結果につながるよう         ( 2021/8/19 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  今は16時半、ようやく外来診療が終わった頃です。
  切迫早産で入院の方や、流産手術もありました。

  15時過ぎからは、防火設備点検で火災報知器のチェック。
  「異常は無し」とのことでホッとしました。

  午後、世田谷区医師会からPCR状況についてFAXがありました。

  週報では、前回お話しした時と同様に陽性率 45.4%のようです。
  残念ながら改善しているとは思えません。

  テレビ報道では、良い印象のデータだけが上がってきます。
  NHKの報道解説でも陽性率 20%とされています。

  私も、悪いデータを目にした時は、
  「一時的なことでしょ?」といった解釈をしてしまいがちです。
  人の心理は、私も同様です。
  

  20210819

  陽性率が高いのは、世田谷区の地域性なのでしょうか?
  
  いや、当院が住宅街にあることもあってか、
  病院軒先で のんびり洗車をしていても、
  びっくりするほど人が歩いていないことに不安になるくらいです。
  

  特に症状は無いけれど、心配で民間のPCRセンターに足を運ぶ人。
  疑う症状があって病医院経由でPCRを受ける人。
  訳に違いがありそうです。

  定点観察をしないと、状況はつかめませんね。
  きっと、どちらも正しい陽性率なのでしょう。

  テレビやネットの報道を見て、信じてしまう自分と、
  もう一人、
  「まてよ!?」と客観的に冷静でいる自分がいないといけませんね。


  先日の日曜日(8/15)
  かるがもクリニックの宮原先生のところへ、
  コロナワクチン接種のお手伝いに行ってきました。

  3週間前に1回目の接種を私がした方も、
  多数、2回目の接種に来られていました。

  若い子だと、中学生の男女もいます。
  皆さん、特に心配な副反応もなかったようで2回目の接種に来られました。

  ワクチン効果と、日頃の心がけ、基本の徹底の実行が、
  良い結果につながることを祈るばかりです。
  

〇 皆さんの心がけも大切です            ( 2021/8/19 )

  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  テレビやネットでは、不安なニュースばかりです。
  コロナだけでなく世界情勢も、気候変動も...

  新型コロナウイルス感染症について、
  未知のことが、まだまだ多くあります


  全人類にとって 経験が浅いウイルスゆえに、
  妊娠に対する影響も、これまでの少ない経験でしか判断できません。

  これから出現するであろう変異株も、
  妊婦や胎児にどう影響してくるのか、全く予想もできません。
  抗生物質に対する耐性菌のように、
  悪い方向に順応化(検出困難や治療抵抗性)することも、
  想定していかなければなりません。

  「これまでにない感染拡大」と言われても...
  世界各国のコロナ状況を考えれば、
  日本だけ優遇されないないわけで...
  1年以上前から、世界中の国々が苦戦してきたわけで...
  それを見てきたわけで...
  「こんなこと、初めてです!」とは言えないかと...


  以前の勤務先でのことを思い出しました。
  15年ほど前、医局派遣で茅ヶ崎市立病院で働いていた頃のことです。

  妊娠25週の双子ちゃんの切迫早産症例が隣町のクリニックでありました。
  茅ヶ崎市立病院は28週以降でないと施設能力として対応できない状況でしたので、

  当直中の私の方へは依頼の電話連絡はなかったのです。

  コーディネーターに依頼するも2つ同時に空きのあるNICUがみつからず。
  神奈川県外にも問い合わせしている最中に早産が進んでしまい、
  残念ながら二人とも死産となったケースでした。

  でも、これは15年も前の話です。

  切迫早産の搬送が間に合わなかったという症例は、
  最近は全く耳にしませんでした。


  お母さんにとって、
  流産や早産ほど、喪失感が大きいものはありません。

  コロナ陽性例の切迫早産では、
  産科・新生児科・呼吸器内科・感染症内科・ICU(麻酔科)と、、
  多科にわたる診療体制を同時に確保する必要性が出てきます。

  全国の自宅待機症例は、いまや物凄い人数です。
  その中から、悪化症例を的確に抽出することなど不可能です。

  電話対応を1患者あたり1分で済ませたとしても、
  処理できるのは時速60人でしかありません。
  そもそも1分で済ませられるわけがなく、
  容態を確認したりしていると5分10分などあっという間です。

  要入院と判断したら、各所連絡等々で手間取ります。
  ともすれば、対応完了人数が時速0人ということもあるでしょう。

  政府や行政は医療体制!医療体制!と言い、
  まるで、医者側に責任があるように仕向けてきています。

  どんなにベッド数を確保したとしても、
  観光バスの御一行様ではありません。
  ひとりひとりの病状把握があります。
  そもそも限界を超えた入院調整があるということ、
  現場を見ようとしていないのでは?と思ってしまいます。

  産婦人科も絶滅危惧種並みの人数です。
  小児科も、総合病院で働く人数は少数派です。
  パラリンピックに学校観戦は、危険です。

  感染をもらわないよう、行動範囲を制限する努力。
  自ら、セミ・ロックダウンを実践しなければならないかと。

  皆さんの心がけが、とても頼りになります。
  精神論だけでは解決しないコロナ禍ですが、
  一つ一つの心がけは、やはり大切です。

  引き続き、基本の徹底実行を宜しくお願い致します。


  これまで行ってきた対策で感染拡大が防げないのであれば、
  諸外国と同様にロックダウンしかないと、私は思っています。


〇 8月も後半ですね               ( 2021/8/17 )


  こんにちは、お元気ですか?

  本日より、通常の外来診療体制となりました。

  午後のご予約は、まだ空き時間枠があり、
  当日の受診予約も受け付けております。
  受診をご希望の際は、あらかじめ電話で受診相談をされてくだい。


  8月も後半に入りました。
  お盆休みも関係なくお仕事の方もいらっしゃれば、
  保育園でコロナ陽性の方がおり、急遽 休園となったところも。
  育児に疲労困憊という経産婦さんも多々おられました。


  皆様が安心して婦人科検診や妊婦健診に通院して頂けるのも、
  安心してお産の日を迎えられるのも、皆様のお陰です。

  各ご家庭でも、いま一度 基本の徹底実行をお願い致します。

  基本的なウイルス侵入ルートは、眼・鼻・口です。
  この3ルートのガードをしっかりとお願い致します。


  切迫早産での母体搬送や、出産後の新生児搬送。
  総合病院の受け入れが常に可能という時代ではなくなってしまいました。

  東京は日本の中で最も周産期医療施設が揃っている地域です。
  しかし、どこの総合病院もコロナ関連で非常に混乱しています。

  大きい病院にお世話にならずに済むように、
  ご自身、各ご家庭で、基本の徹底の「実行」をお願い致します。


  最終的なバリケードは " マスク " です。

  そして、マスクは不織布でないと効果がありません

  以前に比べて、購入しやすくなりました。

  再利用はせず、廃棄することも大切です。



〇 気を取られている間に             ( 2021/8/16 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  東京オリンピックに気を取られている間に、
  アフガニスタンの状況は一変しました。
  ミャンマーのクーデターに関しても情報が皆無に近いです。
  心配です。  本当に心配です。

  湾岸戦争の際に、日本が支出した9億ドル。
  とっさの源資は、福祉対策として導入したはずの消費税からでした。

  コロナの第二弾として何が起こるのか。
  新たなウイルスなのでしょうか。
  金融危機なのでしょうか。 戦争なのでしょうか。
  心配です。

  地デジでなく、BSでワールドニュースを見ていると、
  世界各国の報道、現状がよくわかります。

  それにしても、
  オリンピック開会式で登場した世界各国の選手団。
  戦争や紛争、難民を経験した国の多いこと多いこと。

  長男が小3の時に見せた「ウエルカム・ト
ゥ・サラエボ
  余程 怖かったのか、私の横で息を乱れさせながら見ていました。

  国連の車に護衛されながら、
  危険武装地帯から子ども達がバスで脱出する場面。

  ゲリラ部隊が通行を阻止。
  国連職員が通行許可証を見せるも武装した戦闘員がバスに乗り込み、
  小学生くらいの女の子から抱っこしていた弟を奪うという、
  衝撃的な場面があります。
  その他にも、戦闘員はバスに同乗する男の子の名前を読み上げ、連れ去り、
  ゲリラ部隊のジープに乗せて奇声を上げながら走り去っていく。

  今も、同じことが繰り返されているんでしょう。

  ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争は1992年から1995年まで続いた内戦です。
  同じことが、世界各地で繰り返されているという事実。

  子ども達には、
  「テレビでは「平和の尊さ」とか言っているけどね、
    世界中で、今も同じことが繰り返されれている。」
  「日本も、また戦争になったら、
    お父さんも国の命令に従わなければならなくなるんだよ」
  「命令に背いたら、お父さんが殺されたり、家族が殺されちゃうんだよ」と。

  いま、小3
の次男と年長の三男に、見せる時を待っています。

  「マザーテレサ 母なることの由来」の中では、
  コソボ紛争の最中の状況が記録されています。
  3歳の長女も一緒に見ていました。

  子ども達なりに、
  戦争で一番被害を被るのが子どもと女性ということ、
  理解しているようです。

  本や教科書、静止画ではなく、
  ドキュメンタリーの映像から、子ども達なりに感じ取っているようです。

  私のような、ちっぽけな働きアリに戦争を停めさせる力はありませんが、
  戦争をさせない心を育てることはできるかな、と。

  コロナが世界中に拡大した2020年の春。
  長男と次男の教科書を受け取りに、休校措置となった小学校へ行きました。
  担任の先生に「すみません、自宅では道徳しか教えられません」と話したら、
  笑いながら「それで充分です」と。(笑)


  「原子爆弾の記録
  この本もいつ見せようかと。
  自宅1階の本棚に並んでいますが、
  今のところ、長男も手に取っていないようです。

  「フランダースの犬」は、届いた翌日に気がついていましたが...



〇 基本の丁寧な実行を                ( 2021/8/15 )

  おはようございます。 お元気ですか?

  ご実家が遠方の妊婦様もおられます。
  ご実家の皆様も、お変わりないですか?

  明大前でも、夜中は滝のような雨が降り続けました。
  豪雨災害も心配ですが、
  コロナについても、もう一度、振り返り・見直しをしてください。

  これまで、「若者は軽症で済む」という印象ばかり先行していました。
  先日、NHKスペシャルでコロナ第5波の特集があり、
  「軽症でも後遺症に苦しむ患者さんが多い」という報道があったかと思えば、
  翌日から、民放ではコメンテーターの先生方の誰もが、
  急に口を揃えて
  「軽症でも後遺症に苦しむ患者さんが多い...」と、言い始めました。

  失礼とは思いますが、
  テレビに出られるような、時間に余裕のあるような先生と、
  現場で手を汚し 汗を流して働く先生とでは捉え方は異なるものです。
  産婦人科や外科系の教授以外は、入院病棟では仕事をされませんし。
  もちろん、司令塔の先生が倒れられては困るという理由もあるでしょう。
  感染症ゆえに、莫大な数の症例を診るのも不可能です。

  願わくば、
  医療関係出身の方に厚労省の大臣になって頂き、
  医療関係出身の方に、ナンバー2、ナンバー3をお願いし、
  司令塔おようび国内外の情報の統括、分析、指示を行って欲しいものです。

  もう一度、コロナ対策を見直し 実行をお願い致します。

  基本の徹底をしていれば、ワクチン予防接種をしていれば、
  他人と会ったり食事をしてもいいというわけではありません。

  友人2人とお昼を食べることも、会食です!


  今朝、母体搬送で救急車に乗ってきました。
  そして、搬送受け入れ先の先生と色々 お話しをしました。

  コロナに関し、妊婦の死亡例は聞かないものの、
  急激に呼吸状態が悪くなった妊婦様の救急要請があっても、
  コロナ病床が満床ゆえに、

  搬送依頼を受けられない状態が続いているとのことでした。

  産科医として仕事をしていて、
  腎盂腎炎や肺炎が切迫早産の誘因となることを経験します。

  今回のコロナ感染症で、炎症が切迫早産を誘発するような印象は
  あまりないようなのですが、デルタ株での急激な呼吸状態悪化の報道通り、
  妊婦様でも呼吸状態が急激に悪化する例があるというのです。


  ワクチンについての不安も、もちろんあるでしょう。
  私も、医療従事者先行接種の際は、遺書を書いた方がいいのかな...
  と、考えたくらいでした。

  ただ、

  1.ワクチン予防接種を受けて、発症せずに抵抗力を獲得する
  2.自然に感染し、自ら抵抗力を獲得する(感染後の経過は未知)

  この、どちらかでしかないと思います。

  コロナ陽性が判明すれば、様々な保健所手続きが生じてきます。
  隠すことはできません。

  ウイルスが、
  自分だけに対しては、サービスしてくれるなんてことはあり得ません。
  軽症で済むのか、中等症なのか、重症化するのかわかりません。
  軽症で済んだものの、後遺症がある場合の治療法はまだ確立していません。


  抗生物質が効かない耐性菌が、生き残って悪さをするように、
  たまたま、感染対策や治療方法を すり抜けたウイルス株が、
  大勢を占めているのだと思います。
  それらに対しての集団免疫には、まだまだ時間がかかります。

  つまり、これまでの基本の徹底だけでは足りないのかもしれないのです。
  しかし、基本の徹底しかやることがありません。
  理解しているけど実行まではできていないということもあると思います。


  お産や帝王切開の場面で、
  母体の血圧低下が胎盤血流の低下を招き、児の予後に影響することがあります。
  母体の血圧正常でも、胎児心拍が悪化することがあります。
  胎児心拍数の低下は、赤ちゃんが苦しがっている指標です。

  母体に酸素吸入を行い、吸引分娩や帝王切開で娩出。
  しっかりと空気を吸わせ、児を救命します。

  しかし、それは、
  外に出ててきてもいい妊娠週数まで赤ちゃんが育っている場合のこと。

  早産の時期は、児の早産リスクを覚悟の上で、
  母体救命を優先して児の娩出を行うこともあります。
  本来、比べることなどできないのですが、母体に死なれては困るのです。
  どうしても、母体が優先になるのです。

  胎児は胎内にいるため、母体とは別のルートで酸素を吸うことはできません。
  母体の酸素が全てです。

  しばらくは、ご自宅でじっとされていてください。
  そして、ご家庭内でも、
  基本の徹底と、丁寧な実行をお願い致します。


〇 災害お見舞い申し上げます            ( 2021/8/14 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  例年、この時期は夏の盛り、晴天続きのはずです。
  しかし、世界的に異常気象が続いており、
  時季外れの前線の出現と停滞、九州地方だけでなく、
  前線に沿って本州全体でも豪雨災害に見舞われています。

  ここ数年の災害復興もままならず、あらたな災害の加重であり、
  心よりお見舞い申し上げます。


  産婦人科の中でも、産科は他科と非常に異なる状況です。
  被災地域周辺でも分娩対応をできる医療機関は少数です。

  ご兄弟やご親戚の方が世田谷近辺にご在住で、
  東京へ避難する手段が確保できる場合。

  妊婦健診や分娩・帝王切開対応につきまして、
  ご依頼があれば随時お受けいたします。

  上京がご無理でない場合、いつでもご相談ください。



〇 五輪に思う                   ( 2021/8/10 )

  こんにちは、 皆様、おかわりないですか?

  オリンピック閉会式も無事に終わりました。

  何名か、選手や関係者でコロナ陽性者が判明したものの、
  クラスターで収拾がつかなくなるようなことはありませんでした。

  また、肺炎に気付かずに競技に出場してしまい、
  呼吸困難で死亡などという例が無かったこと、ホッとしました。
  これが一番心配でした。

  五輪に関しては、特別な管理システムでコロナ監視を行っています。
  しかし、五輪会場内と場外では全く異なる環境です。

  世界的に様々な変異株についての報道があります。
  従来株について、集団免疫がついてきている一方で、
  単純に、まだ免疫がついていない後発の変異株が目立ってきているのか?
  これまでの予防策に慣れてしまい、不完全な対応をしているのか?
  これまでの予防策をすり抜けて感染拡大している可能性があるのか?

  パラリンピックでも選手達の活躍の場がもてるように。
  自己に対する責任が、選手達のサポートになると思います。
  基本を再確認し、引き続き徹底に努めたいものです。

  


〇 夏季休診のお知らせ                   ( 2021/8/7 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  しばらく晴天の日が続いていましたが、ようやく恵の雨ですね。
  ほどほどで降って欲しいものですが。

  今日は土曜日、ようやく外来診療が終わりました。
  お産や切迫早産の方も退院され、久しぶりに病室の空きが多くなりました。
  こんな時はチャンスです。 各病室の大掃除をしようと思っています。

  さて、
  来週はオリンピック関連および夏季休診の関係上、
  外来診療は8/10(火)と8/11(水)の2日間のみとなります。
  また、通常診療は8/17(火)からです。

  ご都合や症状に合わせ、来週か再来週にご受診ください。


  今週は月曜日に予定帝王切開がありました。
  お生まれになった赤ちゃんは、少し呼吸補助が必要であったことから、
  成育医療センターへ新生児搬送となりました。

  昨日、呼吸器補助も不要になったとのこと、安心しました。
  午後から、お父さまとお母さまは赤ちゃんの面会に行かれます。

  子どもが何人いても、育児に慣れることはありません。
  何人育てていても、
  「親になるって、本当に大変なこと」と、つくづく思います。

  お父さまは、ご実家のサポートがあるとはいえ、
  双子でお生まれになったお兄ちゃまとお姉ちゃまのお世話に奮闘。
  赤ちゃんの面会等にも行かれ、大変だったと思います。

  新生児科の先生にしっかりとサポートしてもらって、
  はやく、落ち着いた家庭生活・育児が始まりますように。



〇 すべてがつながっている                 ( 2021/8/4 )

  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  小学校や幼稚園も夏休み...
  塾などの習い事も、お盆に向けてお休みに入ってきます。
  そして、我が家はごちゃごちゃです...

  ところで、
  コロナ病床確保のために、
  政府も自治体も、私達一般人も混乱しています。

  コロナ患者を優先して、他は後回しにしろ!
  と、言わんばかりです。


  内科治療や外科・婦人科手術は治療適応があるから行うということです。

  例えば婦人科の良性腫瘍
  卵巣のう腫も、サイズが大きくなり茎捻転を起こすことがあります。
  捻転してからの時間経過が長いと、正常卵巣部分も壊死することがあります。
  片方の卵巣全体を切除しなければならなくなることもあるため、
  半減とはいわなくとも、将来の妊娠率・出生率に影響する可能性もあります。

  また、婦人科悪性腫瘍のうち、進行癌の手術は6時間以上に及ぶこともあり、
  術後にICU管理となることも度々です。

  大量輸血後は全身状態のバランスが崩れやすく、経過管理が大切です。
  血圧や呼吸状態が悪い場合は、術後も人工呼吸器を使用することもあります。

  大学病院でさえ、夜間帯は病棟看護師が数名ずつ各病床患者を管理するため、
  別病棟であるICUで1対1看護のような手厚いフォローが必要になるのです。

  もちろん、コロナ患者様の治療も大切ですが、
  進行癌の患者様の術後治療もとても重要です。


  「コロナ対策」、
「命を救う」と簡単に言われてしまいがちですが、
  現在の日本や経済が、どれほどの中高年齢層に支えられているか。
  
  もともと借金大国であり、財政支出といっても新たな借金です。
  日本の経済や医療が、税金からではなく、
  戦後を生きた諸先輩の方々の個人の財布に、どれほど頼ってきたか。
  
  きっと、遺言書も書けずにコロナ感染で亡くなられ、
  残されたご家族や会社、病医院が混乱しているところも多いのでは?

  単なる命の問題ではないと、考えてしまいます。



  「命を守る」と軽々しく口にしながら、
  一般病床を減らせ、ICUを増やせ、他の手術を延期せよ、
  しまいには、
  中等症も自宅療養せよ、自宅でも酸素投与!
  というのは、あまりにも乱暴すぎるのではないかと。

  仮に、口に出して言わなくとも、
  そういうことを政府や役人が頭の中に考えること自体、
  いかに日本が後進国なのかと考えさせられてしまいます。


  子ども達とニュースを見ながら、
  「今までに経験したことのないようなスピード」という表現があると、
  
  「経験したことがあるのなら気にしないのかなぁ~」と、
  子どもの考えを聞き出してみたりしています。

  経験しようがなかろうが、全力対応しかないと思うのですが。


  すべてがつながっています。
  コロナの感染拡大を抑え込むことが、
  自分自身の将来にも、国の将来にもかかっています。


  そして、
  テレビでは、五輪やコロナ関連の報道ばかりです。

  北海道の干ばつ被害についての報道がありません。
  どんなにマンションやオフィスビルを建てても石の世界。
  地方の農産物の支えが無ければ東京人は生きていけないのですが。



〇 2人に1人の陽性率                ( 2021/8/4 )

  こんにちは、お元気ですか?

  コロナの陽性率が高くなっています。

  20210804jpg

  ちょうど1週間前の7/29に、
  「 4人に1人 」とお話ししたばかりでした。

  今朝、世田谷区医師会PCRセンターの状況についてファックスが届き、
  愕然としたといいますか、無力感です...

  疑って検査したうちの 44
.2%で陽性 ということは、

  「 
2人に1人 」といっても過言ではありません。

  
  ガーゼマスクや、ウレタンマスクは防御能がありません。
  洗えばウイルスがいなくなるなど、全く期待できません。

  不織布マスクを使用してください。
  そして、お外から帰ったら、再利用せずに廃棄してください。


  お友達と2人でご飯を食べに行くのも、 それも会食です!

  他人の咳を避けることはできませんが、
  ・ 食中毒のような 唾液ルートでの感染
  ・ 性病のような 精液を口にすることでの感染
  ・ ウンチからのコロナ オシモを舐めることでの感染
  これらは、注意すれば気を付けることができるものです。

  ウイルスの主な侵入ルートは、口・鼻・眼です。

  不織布マスクでのブロックと、廃棄が大切です。


〇 東京都出産応援事業について            ( 2021/8/4 )


  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  表記の通り、
  東京都福祉保健局 少子社会対策部 家庭支援課 母子保健担当より、
  パンフレットが届きました。

  とても長い部署名ですよね。
  福祉保健局の中には医療用麻薬の取扱い免許申請の部署もあります。
  大学病院を退職し、免許内容変更手続きで何度も行きました。
  都庁第一本庁舎28階ですので、窓から西側の景色が見渡せます。
  事務所は景色の悪い東向きですが、エレベーターホールや休憩室は西側です!
  羽田に新ルートから着陸する飛行機もよく見えます。(山手通り沿いルート)

  話を戻します...

  対象世帯へ案内が送付されるとのこと、申請の必要はありませんが、
  念の為 お知らせいたします。

  コロナ禍において子どもを産み育てる家庭を応援・後押しするため、
  10万円分の育児用品・子育て支援サービス等を提供するというのです。

  お配りするパンフレットと同等のものが、
  都のホームページにpdfで掲載されています。
  


  個人的には、児童手当の存続を願っています。
  他者を削って、新しいものを自画自賛でアピールするというやり方は、
  あまり好きではありません。



〇 次は、私の番よ!                  ( 2021/8/1 )

  こんにちは? こんばんは? 
  もうすぐ17時になるところです。 皆様、お変わりないですか?

  初産婦さんに続き、経産婦さんも 先程無事にご出産されました。

  「7cm、まだ後方」と助産師の診察。
  もう少しかかるのかな?と思いきや、一気にお産が進み、
  元気な産声を聞かせてくれました。

  これまで、大学病院や市中病院で仕事をしていても、
  同時に出産というのは、あまり経験したことがありません。
  内診の刺激やいきみ方の指導で、
  ある程度分娩が重ならないように調節していますが。

  でも案外、僕らが調節しているようでも、
  赤ちゃん同士、
  テレパシーで会話して生まれてくる時を決めているのかもしれませんね。

  早朝、一羽の小鳥が鳴きはじめると、一斉に目覚めるように。
  虫が鳴きはじめると、待ってましたと言わんばかりに鳴きはじめるように。
  きっと、お腹の中の赤ちゃんも、お外の様子を伺っているのかもしれません。

  上のお子さまの出産の際も、お父さまは立ち会われたそうです。

  今日は、赤ちゃんの左手でお父さんの指をギュッと握ってもらていました。

  お父さまは、にこやかに嬉しそう。
  ご出産、誠におめでとうございます。
  お母さまも、10か月間、上のお兄ちゃまと一緒に妊婦健診に通われました。
  お疲れさまでした!

  
  妊婦健診中、診察室の飛行機の模型を眺めながら、
  お母さまはハングライダーの経験があり、
  その横のつながりでJALに入られたとお聞きしました。

  子ども達も、大きくなったらハングライダーにチャレンジするのかな?

  コロナ禍が落ち着き、
  子ども達が思いっきりお外で羽を伸ばして遊べる日が、
  早く来るといいですね。



〇 横向きでも元気に産まれてきてくれました       ( 2021/8/1 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  暑い盛りですが、夕暮れが少しずつ早くなってきたのを感じます。
  まだ8月になったばかりだというのに、
気持ちは早いのですが秋が恋しいですね。

  今は16時、先程、初産婦さんのお産が無事に終わったところです。
  昨日の夕方に破水で入院され、今朝から促進剤で頑張られました。

  しっかり歩いて、柔らかくしてくださっていたので、
  横向きのままでも元気に生まれてきてくれました。

  赤ちゃんが産声を上げてくれると同時に、お父さまも号泣。

  男は、お産に関して、何もしてあげられないもどかしさがあります。
  お母さんが陣痛で頑張っている横で、
  何もしてあげられない、無力感を感じてしまうこともあります。

  ホッとしましたよね。
  嬉しかったですよね。

  お母さまも、とても嬉しそう。
  ご出産、誠におめでとうございます。
  10か月間、本当にお疲れさまでした。


  そして、隣の陣痛室では経産婦さんが頑張っておられます。
  もちろん、ご主人もそっと傍にいてくださっています。

  早く、元気な産声を聞かせてくださいね。

  
  そんなわけでして、いつも通りの土曜日が過ぎ、
  いつも通りの日曜日のゆっくりとした時間が流れています。
 



〇 よかったね! お母さん!              ( 2021/7/30 )

  こんばんは、 皆様、お変わりないですか?

  今は21時です。 だいぶ雷も過ぎ去り、静かな夜になってきました。

  先程、20時18分に、経産婦さんが無事にご出産されたところです。

  ちょうど一週間前、前駆陣痛で
入院されましたが 一旦ご退院。
  この一週間、気持ちもだいぶ吹っ切れて リラックスできたようです。
  今朝から計画出産で点滴、夕方から自然陣発されて頑張られました。

  お母さま方は「大丈夫」とわかっていても、なかなかお産が進まないと、
  内心、「ひょっとしたら、この子、生まれて来れないんじゃないか」
  と不安になってしまったりするものです。

  私の場合も、我が子の誕生が予定日を一日過ぎただけで、
  急に不安になったりしたものでした。
  次男は40週3日!! 三男は40週6日!!!
  産婦人科医でも そんなものです。

  長男は36週3日の早産でした。
  誕生した翌日、大学病院に出勤し、
  助教授の先生に「早産してしまいました」と話すと、
  返ってきた言葉が、
  「よかったじゃん、早産で! 
   予定日まで待つと、いつになるか不安で不安で、こっちが倒れそうだよ!」
  産科病棟で、皆で大笑いしたことを思い出します。


  先程のお産は、上のお兄ちゃまも立ち会われました。
  「よかったね! お母さん! 頑張ったね!」
  少し涙を浮かべながら、喜んでいたお兄ちゃまが印象的でした。

  そうそう、
  赤ちゃんが生まれる直前、お兄ちゃまがこんなことを口にしました。
  「ここで死んじゃうこともあるんでしょ?」

  「大丈夫、今まで一度も死んだことないから。
   気を付けながらやっているから」と、私...


  お父さまも、口に出さずとも ずっとご不安だったでしょう。

  先程、上のお兄ちゃまと一緒にお父さまはご帰宅されました。

  今日は、思いっきり飲めますね!(笑)
  ご出産、誠におめでとうございます!

  お母さまも、10か月間、本当にお疲れさまでした。
  仲の良い兄妹になるのが楽しみですね!



〇 分娩予約について                  ( 2021/7/30 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  当院におきましても、分娩予約が多くなってきています。

  特に、来年1月につきましては キャンセル待ちの状態です。

  当院でご出産を希望されている妊婦様におかれましては、
  予定日が決定次第、ご意向をお聞かせ頂けますようお願い申し上げます。

  ご実家に里帰りする手段をお持ちの妊婦様もいらっしゃれば、
  お世話をお願いできる場所もなく、
  産院も見つけられず、お困りという妊婦様もいらっしゃいます。


  子どもは皆で育てるものだと思っています。

  同じように、弱い立場に立たされがちの女性、
  特に、妊婦様のことは、皆で守ってあげて欲しいと思います。
  


〇 疑い症例のうち 4人に1人             ( 2021/7/29 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  世田谷区医師会PCR検査センターの実施状況を見てみますと、
  疑って検査を受けられた方の約25%で陽性の結果となっています。

  実に、疑った4人のうち1人が陽性ということになります。

  ただし、これだけではありません。
  感染症ゆえに、症状が現れる前の「潜伏期」を考慮すると、
  「もっと多いはず」ということを考えなければなりません。

  20210729covid

  ウイルス感染は、14日間のうちに自己免疫がつき、

  他の人にうつさなくなることを期待します。

  ちょっと人との接触は控えて、時期をずらす作戦。
  その頃には感染性を失っているでしょう。

  テレビでは、お出かけスポット紹介などが紹介されると、
  思わず、「今日 行きたい!」という気持ちになりがちです。

  私も含めて、何でもかんでも真似っこが好きな日本人ですが、
  べつに、今日 行かなくても。


〇 身近なところにも注意を               ( 2021/7/29 )

  こんにちは、お元気ですか?

  報道にもある通り、新型コロナ陽性率が増えています。

  大学同期の宮原先生と話をしていても、「幼児でも増えている」と。

  国家試験の予備校でいつも一緒に勉強していた菊地先生にも聞いてみました。

  「旅行者が増えた。 若い感染者は軽症。 重症化はないけど心配」と。
  
  ホームページを見ましたが、飛行機も写っていてカッコイイ。
  当院のホームページは 全く比べ物にならない...


  最近の感染例としては、

  ・サッカー教室の保護者で陽性例、お家に遊びに行って子どもが感染
  ・保育園や幼稚園での感染(濃厚接触PCR陰性、幸いクラスターに発展せず)
  ・給食室スタッフの陽性例(2日間 給食停止措置)
  ・カラオケボックスに行って感染、その後、全員が発熱( 何してるの? )
  ・予防接種後1週間で江ノ島に友人と行き昼食、陽性( これも会食です! )

  などなど。

  オリンピックは無観客となりましたが、
  先日のソフトボールや野球の試合中、近隣のアパートでは応援と大宴会でした。

  オリンピック会場での感染管理システムと 街中の現状は全く異なります。
  むしろ、場外でまき散らしているといっても過言ではないかもしれません。

  夏休み期間ですが、お友達のお家に遊びに行ったり、
  家族ぐるみで交流をするといったことは、
  しばらくの間、控えることが必要なのでは? 
と感じています。


  「基本の徹底」をしているハズなのに、なぜ増えるのか?
  何か、他に要因があるのではないか?
  人流が減っているといっても、他の隙があるのでないか?

  増えているにも関わらず、
  いつまでたっても同じこと「基本の徹底」だけでいいのか?


  以前にもお話ししましたが、
  ウイルスの侵入ルートは、「 眼・鼻・口 」です。
  特に、他人の唾液を入り込ませないようにすることが大事です。

  他人の唾液が付着した食器を下膳した手で、
  そのまま料理が運ばれてくると思うと、怖いです。

  飲食店でなくても、同じことが家庭内でも起こりえます。


  病院の調理場に関しては、基本的に「追加注文・おかわり」がありません。
  調理して配膳を済ませると、食材の買い出しに出かけてしまいます。
  つまり、一方通行。
  全ての患者様の食事が終わってから、調理場へ下膳です。
  他人の唾液が運ばれてくるということがありません。

  患者様のお食事・食器・お箸を別々のお盆に載せ、
  ひとりひとり分けているということも、案外、有効なのかも知れません。  


  三密回避や基本の徹底を心掛けているつもりでも、
  周りを見回せば隙だらけです。



〇 ひとり ゆっくりと ( パパ・ママ編 )     ( 2021/7/28 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  今日は経産婦さんがお二人、ご退院です。
  よかったですね。 おめでとうございます。

  今日は水曜日ですので、
  13時から、吉川小児科の吉川先生が新生児健診に来てくださいます。
  新生児健診後に、ご家族の方がお迎えにきてくださるのでしょう。

  ところで、
  それぞれのご家庭では、お父さんも祖父母の方々も疲労困憊。
  子ども達は元気いっぱい。(笑)

  産後のお母さま方は、母乳育児に専念してゆっくりと過ごされましたが、
  ご自宅に帰られると、現実が待っています。 トホホ...

  赤ちゃんは泣く動物です。
  頑張りすぎず、 いい意味で あきらめも肝心です。

  泣かれると「うるさいなぁ~」と感じてしまうかと思えば、
  静かだと「ちゃんと息しているかな」と心配になってしまったり。


  夜間の授乳で寝不足だった次の日は、
  赤ちゃんと一緒に昼寝をしてしまいましょう。
  赤ちゃんの時間に合わせて生活してみるのも、大切です


  そして、1ヶ月後健診が終わったころ、
  お父さまにお風呂に入れてもらう時間ができてきます。

  お父さまが赤ちゃんをお風呂に入れてくれる、たった30分だけでも、
  お母さまにとっては、とても大事な時間です。
  いろいろと自分のことや家事に専念できる、気持ちの余裕が生まれてきます。
  少しずつ、いままでのペースに戻ってくる、産後の貴重な通過点です。

  我が家では、
  子ども達が言うこと聞かず 夜ご飯の準備が出来なかったときは、
  私が子ども達全員をお風呂に入れます。
  男の子達の髪の毛を、ひとりひとり切ってあげたりして時間稼ぎをします。
  あっというまに1時間、下手をすると2時間!
  母親にとって、時間の余裕が生まれるので とてもオススメです。
  あまり長すぎると怒られますが...

  「パパにお風呂を入れてもらうのは、危なっかしい」と
  言われるお母さまもいらっしゃいますが、
  そこは訓練です、訓練です。(笑)


  眠れた次の日は、何でも頑張れてしまいそうですが、
  寝不足の時に横でギャン泣きされると、皆さん、もう無理...

  ご老人の介護でもそうですよね。
  夜中もお世話を続けていると、翌日は全然 力が出ないものです。
  介護施設での職員による暴力や虐待も、
  同じ理屈・心理状態が原因になっているのだと思います。


  育児がつらいのは自分だけではありません。 
  皆、そうです。
  周りのお母さま方が立派に見えてしまうこともあるでしょう。
  羨ましく思えてしまうでしょう。

  でも、皆 それぞれに苦労をされています。
  思い悩みすぎないように。
  皆、育児の喜びも辛さも半々です。


  お父さまに関しては、
  倒れるまで頑張ってしまうという方もおられます。

  どんなに抱っこしても赤ちゃんにギャン泣きされると、
  「自分は... 父親として失格なのだろうか...」と、
  ひとり、どんどん思い悩んでしまうこともあります。

  男性の育児参加も大切かもしれませんが、
  女性に比べて男性は育児ストレスに弱いものです。

  もう一人、大きな赤ちゃん(パパのこと)がいると思って、
  気遣って欲しいと思います。 (大変だと思いますが...)


  母子保健の会議では、
  「日本でも男性の育児参加が増えると、
  アメリカのように児童虐待が10%まで増えるのではないか」
  と心配する意見も出されます。

  人の心理は、案外 みな一緒なんだと思っています。
  「自分だけは頑張れる」とか「自分だけは駄目なんだ」
  なんてことはありません。 みな一緒です。
  時は異なっても、同じ通過点がいつかあるのだろうと。

  
  松山千春の歌 「 こんな夜は 」の中に、
  「すきま風が 心ふきぬける前に 
ねむってしまおう」
  という歌詞があります。

  お父さまも、お母さまも、
  それぞれが交代で、家事も育児も離れて、
  ひとり ゆっくりと心身を休める時間を持ってくださいね。

  お酒やお風呂、映画やインターネットではありません。
  睡眠です。 お間違いなく(笑)



〇 HPVワクチンについて             ( 2021/7/27 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  先程、新型コロナワクチン関連のお話しをしました。


  外来診療を行っていると

  子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)について、
  保護者であるお母さまから 質問されることもあります。


  1.接種対象者

    小学6年生~高校1年相当 (できる限り、初体験前)

  2.予診票

    様々な経緯から、予診票の一斉送付は行われていません。

    せたがやコール(電話番号03-5432-3333)で電話申請
    もしくは、下記部署へ来庁されて申請
    ・世田谷区役所第2庁舎1階の世田谷保健所感染症対策課(2番窓口)
    ・各総合支所保健福祉センター健康づくり課

  3.接種ワクチン

    現在は、ガーダシルを接種しています。
    お薬の使用期限があることから、院内常備薬ではありません。
    あらかじめ、予防接種希望のご連絡をお願いしております。

    当院へご相談(製薬会社へ発注)
     → 世田谷区の部署へご連絡(予診票入手)

    初回接種 →→ 2回目接種(初回より2か月後)
         →→→ 3回目接種(初回より6ヶ月後)


  
  4.自費での予防接種をご希望の方

    上記年齢以外の方も、HPVワクチン予防接種をお受けになられます。

    まず、子宮がん検診(婦人科検診)を当院でお受けになられてください。

    NILM(陰性)もしくは class I、class II の細胞診結果であれば、
    HPVワクチン予防接種の意義があると考えます。

    LSIL・HSIL・CINなど(異形成)、class III の細胞診結果ですと、
    すでに細胞の乱れが強いという意味合いです。
    頚がんウイルスがいなくとも、乱れが進行してしまう可能性があると判断し、
    HPV予防接種の意味合いは薄れてしまいます。
    この場合、定期的な婦人科検診で異常の予兆を見逃さないことが大切です。


  5.
性交渉の経験のある方におかれましては、
    NILM(陰性)もしくは class I、class II のうちに
    HPVワクチン予防接種を受けられてください。

  6.すべてをブロックできるわけではありません

    予防接種を受けられても、1~2年毎の婦人科検診は続けられてください。

    男のガンも女のガンも、最終的には顕微鏡検査が確定診断になります。
  


〇 新型コロナワクチンとその他のワクチン接種   ( 2021/7/27 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  外は日が差したかと思えば大粒の雨。
  東京では台風の直撃は免れたとはいえ、
  夏休みに入られたお子さまのいるご家庭も多く、大変ですよね...

  さて、
  医療従事者向け予防接種、職場での予防接種等々、
  新型コロナワクチン接種を受けられた方も多くいらっしゃいます。

  幸い、当院職員だけなく 当院おかかりの妊婦様におかれましても、
  困った副反応は見られずホッとしているところです。

  日曜日の午後、大学同期の先生のクリニックに
  新型コロナワクチン予防接種の応援として、お手伝いに行ってきました。
  医者2人で100名の方の予防接種を行ってきました。
  2回目接種の方もおられましたが、
  皆様、「テレビで脅かされたほどではない」といった感じでした。

  ところで、
  今日、患者様より子宮頚がんワクチンとの関係について質問がありました。

  ガーダシルの製薬会社窓口に問い合わせてみましたが、
  「新型コロナワクチンとの同時接種等のデータは無い」との返答でした。

  厚生労働省のQ&Aで
  「新型コロナワクチンとそれ以外のワクチン接種」について記載があります。

  同日接種は推奨せず、少なくとも2週間は間を開けるということです。


  秋・冬になると、インフルエンザワクチンの予防接種も重なってくるでしょう。
  コロナワクチン接種もどこまで拡充されるかわかりません。

  そもそも、新型コロナワクチンについては 
  接種日指定という予約枠確保の問題もあります。

  コロナワクチン接種の機会を最優先とし、
  その他のワクチンは、
  ご都合に合わせて後日、もしくは前もって接種されるようにしてください。



〇 おさかなシロフォン(木琴)           ( 2021/7/24 )

  こんにちは、お元気ですか?

  今朝も経産婦さんが無事にお産になりました。
  オリンピックの祝日に関係なく、いつも通りの一週間です。(笑)


  昨日は、ブルーインパルスに続き 深夜まで続いた開会式。
  皆さん、寝不足ですよね?

  コロナ禍の不安や感染者数増加はもちろん心配ではありますが、
  世界中の鼓動が一同に集うということは、特別な意味がありますね。

  ロックダウン=鎖国のような感じです。
  コロナを言い訳にして世界中が分断され、歴史が逆戻りしています。

  昨日の選手入場では、
  初めて聞く国の名前の多さに驚かされました。
  もし、オリンピックが開催されなかったら、
  忘れ去られてしまう国もあったでしょう。
  そして、
  戦争や紛争、難民キャンプを経験している国の多いこと、多いこと。

  テレビのアイヌ差別や、オリンピック開催数日前に判明したユダヤ人差別。

  日本の教育で、道徳が欠如している表れでしかないと思います。
  やはり、家庭での道徳教育がいかに重要か、再認識させられた感じでした。


  さて、
  夏休みが始まり、お子さまをお連れの経産婦さんもいらっしゃいます。

  廊下では、子ども達が奏でる
  小さな木琴(おさかなシロフォン)の綺麗な音色が響いています。(笑)


〇 空の上から見えますか?             ( 2021/7/23 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  ブルーインパルス、見えましたね!

  京王線沿いで見物する方、ご自宅のベランダや屋上で見物する方。
  色々でしたね。

  12:20頃の予定が、12:40になったとの情報。
  いや、信じていいのかどうなのか...

  12:18
  ソワソワと、上空を眺めていると、遥か上空を一機の飛行機が!
  もう来たの!?

  645a9182

  12:31
  練馬上空でしょうか、飛行機雲 発見!
  「来た! 来た! 来た!」

  645a9184

  12:41
  編隊を組んで都心上空を通過、北上してから戻ってきました!

  645a9197

  12:42
  あっという間に南下し、旋回です

  645a9224

  12:44
  広い大空、400mmの望遠レンズでも機影を追うのは大変です...

  645a9255

  12:45
  甲州街道を目印にしているのでしょうか。
  優雅に空を駆け巡り、一旦、西へ飛び去りました。
  

  645a9263

  12:46
  いよいよ五輪の準備です!
  編隊が一斉にばらけました。

  まるで、紅の豚の映画の中に入り込んだような興奮です!

  645a9275

  散らばったと思ったら、
  あっという間に旋回し、皆の視線はひとつ。 もう感動です。

  645a9276

  12:48
  先頭を飛ぶグレーの機体は隊長なのでしょうか。
  昨年のコロナ応援飛行の際は、編隊の脇で後方から飛んでいました。

  645a9280

  12:49
  いよいよ、ブルーインパルス本隊が所定のポジションにつき
  上空に戻ってきました。  頑張れ!

  645a9284

  
  12:54
  東でもう一度旋回し、いよいよ五輪の飛行機雲です!

  Dsc00373

  上空の風の影響か、
  五輪の輪はあっという間に消えてしました。

  12:56
  しばらくして北東から南下、
  ぐるっと回って府中上空を通過して帰っていきました。

  645a9322
  
  素晴らしい!

  さ~て、
  選手たちに心理的な負担をかけないよう、
  丁寧な基本の徹底を続けていきましょう!
  まずは、自分の身の回りから。



〇 12:20頃に離陸!                ( 2021/7/23 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  水曜日には予定帝王切開と初産婦さんのお産があり、
  昨日も初産婦さんのお産がありました。
  そして、先程は経産婦さんの陣発入院があり 病棟は大忙しです。

  お外は夏空、モコモコと夏らしい雲が浮いています。
  お昼過ぎには青空が、もっと広がって欲しいですね。
  
  いよいよ、
  ブルーインパルスが12:20頃に入間基地を飛び立つようです。

  全世界中がコロナ禍の不安の真っ只中ですが、過去があっての今です。

  全世界中の人々の希望と、
  コロナで亡くなられた方々の遺志を胸に、
  大空を駆け巡って欲しいと思います。

  そして、選手の皆さんには、
  一瞬でもコロナ禍の不安を忘れることができるような、
  私達が夢中になるような活躍を見せて欲しいですね。


  立派なパイロットや選手の皆さんに比べたら、
  なんとまあ、
  およげ!たいやきくん のような日々です。 私は...
  


〇 22日(木)、23日(金)は休診です       ( 2021/7/21 )


  こんばんは、 皆様、お変わりないですか?

  オリンピック開催に伴い、明日および明後日は、
  外来診療は休診とさせて頂きます。

  当院おかかりの妊婦様
  陣発や救急受診につきましては、
  あらかじめお電話で受診相談の上、ご来院ください。


〇 ブルーインパルス 見たかった...         ( 2021/7/21 )


  こんにちは、 お元気ですか?

  オリンピック開催に伴い、
  今日の午後、ブルーインパルスが上空で練習するとの情報。

  急いで外来診療を進行するも、
  あと数人というところで診察室の窓の外からジェット機の音が...

  しまった、遅かったか...

  外来診療が終了したのは13時。
  自宅へカメラを取りに行ってみると、
  三男がニコニコして、「1機だけで飛んでいるのを見たよ!」と。

  ひょっとすると...
  昼食も食べずにカメラを片手に、急いで屋上へ。

  日陰にイスを置いて待つこと1時間半。 もう14時半...
  「もう、今日は練習しないのかな...」


  病院の非常階段を屋上まで登ると、東側の景色が望めます。

  P1191420

  当日、ブルーインパルスの五輪を見られるかと思うと、
  コロナ禍でも気持ちが高鳴ります。

  ただ、報道では三密を避けるために飛行時刻は秘密とか。
  でも、待ちぼうけで熱中症になるほうが心配です..


  P1191419

  お空をボーっと眺めていると、体内時計の秒針がゆっくりになります。

  ANAやJALの旅客機が、気持ちよさそうに飛んでいました。(試し撮り)(笑)
  きっと、上空は涼しいんでしょうね。



〇 
オリンピック開催に伴う休診日について      ( 2021/7/20 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  今朝は9時に、初産婦さんが無事にご出産となりました。
  ちょうど、日勤スタッフも集合した頃です。
  皆に祝福されて、元気な産声を聞かせてくれました。

  ご主人は、出産後に病院に到着され、
  「もう、生まれたの!」と、嬉しそうなお声でした。

  いっぱい褒めてもらってくださいね。
  10か月間、本当にお疲れさまでした!


  さて、今週はオリンピック開催に伴う休日が変更となりました。

  7/22(木)と7/23(金)は、外来休診日とさせて頂きます。

  ご都合に合わせて、ご来院頂けますようお願い申し上げます。



〇 本当に、不思議です。              ( 2021/7/18 )

  おはようございます。 お元気ですか?
  今は午前4時、まだ眠いですよね...

  私といえば、いつも通りの土日です。(笑)
  午前2時半過ぎに、お産の進行具合で分娩室から呼ばれました。

  そして、つい先程、
  午前3時半に初産婦さんが無事にご出産となりました。

  昨日、破水で入院されたときは子宮口も狭く、とても心配していました。
  問題なくお産が経過するか、帝王切開のほうがいいか。
  いつ、その判断をしようか。 何をもって決断しようか。 などなど。

  午前2時過ぎから自然に分娩が進行しはじめ、
  ご主人の立ち会いのもと、元気な泣き声を聞かせてくれました。
  本当に、ホッとしました。


  お産経過の中で、赤ちゃんの心拍数や陣痛前後の心拍数変化が、
  赤ちゃんの元気度を把握するための、とても重要な指標です。
  陣痛や胎動で心拍数が増えるか、陣痛に遅れて心拍数が下がったりしないかなど。

  妊婦健診中、胎動に驚かれるお母さま方も多いです。
  「赤ちゃんが苦しがって、もがいているのではないか」と。

  赤ちゃんは、苦しいと胎動がなくなりじっとしています。
  つまり、「胎動は元気度のバロメーターなので心配ない」とお話しします。

  実際のお産経過では、
  子宮口開大の進捗状況と、赤ちゃんの余力とも相談しなければなりません。

  内診して、赤ちゃんの頭に触れてみて、
  心拍数が問題ない子と、触ると心拍数が下がってしまう子。
  元気度(余力)もそれぞれ
です。


  先程のお産では、子宮口全開大後も産道が狭くとても心配していました。

  無事に生まれて、いま お産経過を振り返ってみると、
  私の不安をよそに、産瘤形成(たんこぶ)がなく経過していたなと。

  大なり小なり、皆、産瘤を形成して生まれてきます。
  ただ、子宮口5㎝の時点で産瘤形成が始まる場合は、通れない合図。
  帝王切開の必要性について判断しなければならないことが多いです。
  産瘤形成に続いて、胎児心拍数が下がりはじめることが多いのです。

  産瘤形成が無い場合、「通れるよ」、「まだ苦しくないよ」と
  私の右手に
教えてくれているような気がします。

  赤ちゃんは、全身を使っていろんな合図を出してくれます。
  赤ちゃんの潜在能力は、本当に不思議です。 すごいです。


  お産が終わって、お母さまは「痛かった...」と

  お父さまは、赤ちゃんの横で ニコニコ ニヤニヤ...

  いっぱい、いっぱい、記憶に残るように褒めてもらってくださいね。
  ご出産、誠におめでとうございます。
  
  10か月間、本当にお疲れさまでした!



〇 今日も元気な泣き声です            ( 2021/7/16 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  16時を過ぎ、午後予約の患者様の診察もだいぶ終わりました。
  そして先程、初産婦さんが無事にご出産されたところです。

  ご主人は午前中のお仕事を済ませ、今頃、滋賀から向かっておられるところ。
  お馬さんのトレーニングセンターで調教のお仕事をされているとか。

  ちっとも言うことを聞いてくれない新幹線、
  「もっと早く! もっと早く!」
  300km/hは、お馬さんよりはるかに速いのですが...

  
  お会いするのが楽しみです。(笑)


  お母さまは妊娠経過中にパン食が原因で妊娠糖尿病の診断となりました。
  その後の食事指導、メニュー改善で落ち着かれて無事に出産のとき。
  お生まれになった赤ちゃんの血糖値も問題なく、お元気です。


  パン食は、一気に血糖値が上がりますが、
  腹持ちしないのがいけないのかもしれませんね。
  ついつい、食べ過ぎてしまうのかも知れません。

  それに比し、ご飯食はゆっくりかんで、
  なだらかな血糖値になるのでしょうか。
  よくかまない、早食いも食事指導で指摘されやすいことです。
  コロナ禍、運動量に比しカロリーオーバーの傾向もあります。(私も)
  粗食でいきましょう。


  さて、
  2階病棟は完全個室管理です。
  廊下は網戸を造設して大々的に東西南北方向で換気中。
  空気清浄機3台とサーキュレータも稼働させていますが、外気温同様に暑い...

  クラスター発生は自分達の努力で防ぐことができることです。
  病室はエアコンがありますので、廊下は暑くてもガマンガマンです。


  ところで、
  外来で妊婦健診をしていると、
  経産婦さんから保育園のRS感染症の はやり具合をお聞きます。

  肺炎の併発によっては入院加療も必要となる感染症です。
  小児科病棟もベッド数が限られ、満床により入院不可となる事態は
  何としても避けなければなりません。

  世田谷区医師会からコロナPCR状況について報告がありました。

  1_20210716161001

  2019年は、夏でも幼稚園でインフル発生があり驚かされましたが、
  表を見ての通り、インフル激減です。

  地域差があるものの、確実にコロナ陽性率は上昇しています。

  他人の咳を避けることは、なかなか難しいですが、
  唾液・ウンチ・オシモのルートについては気を配れると思います。

  ご家庭内でも、丁寧な基本の徹底を続けられてください。

  


〇 RS ウイルス 我が家のケース            ( 2021/7/14 )

  おはようございます。 お元気ですか?

  マスク・手洗い・うがい・手指消毒で、
  インフルエンザは絶滅?と思えるほど激減しました。

  そう考えると、新型コロナが いかに感染力が強いか。

  一方で、乳幼児でのRSウイルス感染症が増えています。

  「去年比で400倍」との見出しですが、
  一昨年と比べてどうなのかも知りたい....

  感染症ゆえに、
  「この症状がRS感染症に特徴的」というものはないかも知れません。

  我が家の場合、次男と三男がRS感染症による肺炎で入院した経験があります。

  ・近医小児科の先生には「かぜでしょう」
  ・しかし、一週間、いっこうに症状が改善しない

  異常事態だと気付いたきっかけ
  ・アンヒバ(下熱坐薬)を使っても、全く効かなくなった
  ・ソファーに寄りかかり、抱っこしながらでないと眠らない
  ・眠ったなと思い、横にさせると悲鳴のようにギャーっと泣く

  苦しかったんだろうなと。
  パルスオキシメーターで計測するとSpO2 88%。

  SpO2 90%以下は静脈血と一緒です。
  苦しかったね...

  入院前の1週間、夜中も不眠不休で私達も疲労困憊。
  そして...
  入院中の次男は、食事をひっくり返すし大変でした...

  まだ常勤として勤務していた慈恵医大第三病院に入院したので、
  6時過ぎに起床して急いで出勤。
  簡単な仕事はサササっと済ませ、小児科病棟で次男の食事の世話。
  9時から12時まで外来診療を急いで終わらせ、
  12時からお昼ご飯の世話。 もちろん、自分は昼食抜き。
  すると、午後の面会時間に合わせて家内が来てバトンタッチ。
  私は午後の外来診療や手術。
  17時過ぎに家内と再びバトンタッチして夕食の世話。
  家内は長男(3歳)の食事・育児もあり帰宅。

  肺炎の本人が一番つらいのですが、
  ひとり入院するだけで、こんなに家族全体が大変なのかと...

  三男も長引く症状で、念のために大学病院に行くと、
  肺炎の影とRSウイルスの診断。

  やはり、食事の世話と就寝するまで抱っこ。

  もし入院先が勤務先の病院と異なっていたら、本当に大変でした。

  当時、第三病院でNo.2のポジションでしたから、
  基本 第一当直医は免除、後方待機(オンコール)だったことも幸いでした。

  10歳未満のお子さまでコロナ重症化とのニュースを見ました。
  とても心配です。



〇 酸素のお話し                    ( 2021/7/13 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  午前外来が終わったところです。
  
  ネットのニュースを見ていたら、

  イラクの病院で酸素ボンベが爆発して火災というニュースが目に入りました。

  日本においては、受動喫煙防止法などの効果もあり、
  さすがに院内での喫煙はほぼ無いと考えています。

  ですが!
  私が入局したばかりの頃は、
  昼休みに外来に遊びに来て窓際でプカプカするOBの先生もいらっしゃいました。
  医局も煙だらけで...
  でもそれは20年前の話です。


  当院の場合、調理場と自宅以外に火気を取り扱うところはありません。
  病棟の調乳室も、電気湯沸かし器を使用しています。

  医療用酸素ボンベは、
  建物外のコンクリートブロックで補強されたスペースに保管。
  アルミ製の配管で陣痛室や分娩・手術室、新生児室まで供給されています。
  
  実際には、
  壁に設置された配管コネクターにアダプターを装着して酸素投与を行いますが、
  チューブとマスクはビニール製です。
  つまり、火気があると燃えてしまうので、注意が必要です。

  酸素は燃焼を助ける性質が高いガスで、その性質を支燃性と言います。

  普段、ゆっくり燃える蚊取り線香も、
  高濃度酸素下ですと激しく燃え始めます。

  二酸化炭素を含む吐息でも、風が増すだけでよく燃えるのですから、
  もっと凄いことは容易に想像できそうですよね。

  空気中で燃えるものは、酸素が多いと更に燃えやすくなるのです。


  コロナに関し、自宅療養で酸素を使用するケースは無いと思います。
  ホテルなどでの待機療法でも、さすがに酸素は使用しないでしょう。

  ただ、富士登山を経験されて 携帯酸素をご存知の方もいらっしゃいます。
  通販で登山用の酸素ボンベ(スプレー缶のようなもの)を購入して、
  使用してしまうことも想定しなければなりません。

  
  酸素を吸入しながら喫煙すると、延焼の危険性が高まります。
  重度のやけどや住宅火災の原因となることもあります。

  酸素ボンベの使用中は、半径2m以内には火気を置かないように。

  手っ取り早く、
  離れていても、酸素中はタバコは絶対にお吸いにならないように。

  
  在宅酸素療法を祖父母の方が受けられているというご家庭もあります。
  ちょこっと知識として覚えておいておかれてください。


  話が少し逸れますが、
  ガソリンスタンドにおいて、ガソリン臭が強い中 タバコを吸うと、
  空気中の気化したガソリンに火が燃え移ります。
  試したことはありませんが、火の玉が移動してガソリンタンクが爆発するとか。

  
  便利になりすぎて、
  日頃から火気やガソリンの危険性を身につける機会が激減しました。

  オール電化のご家庭ですと、
  「本物の火を見たことがない」とか、「本物の火に触ったことがない
  ともすれば、そのようなお子さんもいらっしゃるかも知れない時代です。

  学校では、危険なことは教えてくれません。
  「ちょい危険な体験」は、やはり家庭での教育なのかと。

  体力が弱いうちは、ケガの程度も軽く済むでしょう。
  「小さいうちに、自分の力加減で、身をもって自分でケガをする」ことも
  大事なことと思っています。
  


〇 丁寧な 基本の徹底を ひきつづき          ( 2021/7/13 )


  こんにちは。 お元気ですか?

  皆様が安心して婦人科検診や妊婦健診に通院して頂けるのも、
  安心してお産の日を迎えられるのも、皆様のお陰です。

  オリンピック・パラリンピック開催だけでなく、
  経産婦さんのご家庭では、お子さま方の夏休みが始まります。

  各ご家庭でも、いま一度 基本の徹底をお願い致します。

  基本的なウイルス侵入ルートは、眼・鼻・口です。
  この3ルートのガードをしっかりとお願い致します。

  入院や隔離療養などで、お子様と離れ離れにならなくて済むように。
  マスク、手洗い、うがい、アルコール消毒は基本中の基本です。

  お子様を公園に連れていく際には、近くの公園で。
  おしっこ・ウンチをしっかり済ませてから出発。
  遊んでいてトイレに行きたくなったら、お家に連れて帰り。
  そんな工夫も大切かと思います。


  ウイルスは、カビや細菌とは異なり
  胞子を飛ばしたり、水回りで根を生やして育つこともできません。
  基本的に、人と人が交流しない限り、
  自身では移動する手段を持っていない微生物です。

  エボラ出血熱のような、汗からの皮膚感染はしないので
  お口やお鼻のガードが重要です。

  特に、他人の唾液とウンチからのルートに気を付けましょう。
  でもそれって、昔からの食中毒予防と一緒ですよね。

  いつも通りに
  基本の徹底を “ 丁寧に ” 続けていきたいものです。


  以前にもお話しした、
  十分なアルコール消毒ための 15秒 ルール
  浮遊中のウイルス乾燥(感染力消滅)のための 2m ルール

  理解しながら、気を付けていきたいものです。


  最終的なバリケードは " マスク " です。

  そして、マスクは不織布(使い捨て)のものをお勧めします。



〇 エアコン内部の結露                 ( 2021/7/12 )

  こんにちは、 皆様、おかわりないですか?

  午前外来とお産が無事に終わり、無事に1週間が始まりました。

  それにしても、
昨日の夕立は物凄かったですね。
  ダウンバーストとでもいうのでしょうか。
  子どものお迎えで甲州街道を通りましたが、
  映画さながらのビル風と暴風でした。
  大木は揺すられ、小枝は折れて飛ばされていました。


  土曜日も夜は雷雨でした。
  雷雲が去った9時半に子どもの塾のお迎えに行き、歩きながらお空を見上げると、
  
東に流れる積乱雲を避けて飛ぶ飛行機が見えました。
  千歳行きの便でしたが雷雲の西側へ南回り迂回し北上していました。

  明大前の上空には 北行きの航路は通常ありません。
  子どもは勉強そっちのけ、さっそくFlightRadarで便名を確認していました。

  そして!
  昨日のお昼は、羽田空港へLufthansaのB747-8を撮影に一緒に行きました。
  成田に飛来するB747は貨物便ばかりです。
  今時、旅客便のBOEING 747を見られるとは、万感の思いです。
  しかも、羽田で!(笑)


  さて、今日も湿気の多い晴天です。
  午後の夕立が心配です。


  産婦人科診療とはあまり関係のないお話しですが、
  エアコン内の湿気には注意されていますか?

  この時期、喉を傷める方も多いと思いますが、
  案外、冷気そのものではなく、
  エアコンの結露カビやフィルターのホコリ(カビ)が原因かも知れません。

  昔ながらの1対1エアコン(室内機と室外機が1台ずつ)だけでなく、
  2対1や3対1のマルチエアコン(1台で複数の室内機を動かすタイプ)を
  使用されているご家庭もあるかと思います。

  電気代節約として1部屋だけ冷房を動かしていても、
  冷媒の配管は冷やされており、止めているエアコン室内機内でも結露が生じます。
  特に、ここ数日の湿気で、
  作動させると、にわか雨のようにバラバラっと雫が落ちてくるほどです。

  お使いになっていないお部屋では、
  せめて送風で動かしておいたほうがよさそうです。

  病院の外来は、夜間は送風モードとしてエアコン内を乾燥させるようにしました

  送風(オフタイマー1時間)にするだけでも、翌朝のカビ臭さがありません。

  湿気の多い気候に変わってきており、年中お掃除が大変ですね...
  



〇 いつも通りの土曜日                 ( 2021/7/10 )

  こんばんは、 お元気ですか?

  皆様は、ゆっくりとお休みになられる頃でしょう。

  私の方は、やっぱり いつも通りの土曜日です。(笑)
  先程、21時ちょうどに、経産婦さんが無事にご出産されました。

  20時すぎにに「陣発入院されて8cm」と連絡がありました。
  昼間、病院の屋上でビニールプールを楽しんだ子ども達が、
  足ふきマットを干したままということで、稲妻ゴロゴロの中を屋上へ。
  外来やカルテ庫の除湿器の水を捨てて(今日は3回目!) 
  お産の頃には大雨になっていました。

  お外が雷雨の中、生命のエネルギーをしっかり蓄えながら、
  元気な男の子が誕生です。

  ガイアシンフォニー(第5番)にそっくりと思いながら、
  お産に立ち会わせて頂きました。

  人は人、自分は自分。
  報道や政府、世間に惑わされずに、Look straight、Be strong!


〇 メガネ                       ( 2021/7/10 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  いま、新生児室では、
  2050gで生まれた赤ちゃんと、3855gで生まれた赤ちゃんが、
  スヤスヤと可愛い寝顔を見せてくれています。

  お二人とも帝王切開での出生となりましたが、立派なお産です。

  小さく生まれた子は、生後2日目より初期嘔吐で成育医療センターにお世話になりましたが、
  検査上は異常なく、症状も落ち着き戻ってこられました。
  お母さまは先に退院となりましたが、授乳に通って頂き体重増加待ちです。

  大きく生まれた子も、心配された低血糖症状もなくお元気。
  お聞きすると、お母さまご自身も3800gくらいでお生まれになったとか。
  立派な胎盤と立派な臍帯でした。(笑)

  外来では、予定日間近のお母さまも多々おられます。
  8月もお産は多く、9月は分娩予約を締め切らせて頂きました。
  ますます忙しくなりそうです。

  オリンピックが始まると、コロナも増えることでしょう。
  さらに、夏休みが始まると経産婦さんのご家庭は負担が倍増します。
  心身健やかに、ニュートラルに、落ち着いてお過ごしください。


  ところで、九州地方の大雨のニュースが報道されています。
  1週間前には熱海の土石流災害があったばかりです。

  東京では、震災や富士山噴火の影響などが今後心配されています。

  ちょっと話が広がりますが、
  避難用品の中に、古いメガネはリストアップされていますか?
  捨ててしまってはいませんか?

  私は、普段使いのものに加えて、ベッドサイドと車の中に予備があります。

  夜中のお産の時、メガネが枕元で行方不明になると大慌てです。
  クルマで外出中、メガネを失くしてしまっては困りものです。
  裸眼では路側帯の反射板のボコボコも見えません。

  高校生の時、鎌倉の祖母宅から海に行き、
  大きい波をかぶって失くしてしまったこともあります。
  そんな経験から、お古のメガネを祖母宅に置いてあります。
  少しだけ度が違うだけですので、塩害なども気にせず活用できます。

  テレビで防災アドバイザーと自称する方がおられますが、
  メガネについてお話しになる方は見かけたことがありません。

  被災時に新しいメガネを作ってもらうのも大変でしょう。
  復旧作業中、せっかくの新しいメガネを傷つけてしまっては勿体ないです。
  古いメガネは下取りなどに出してしまわず、予備として大切にしたいものです。


  東日本大震災の時も、津波で何もかも失くされた方が大勢おられました。
  私がお世話になっている狛江の木村メガネの叔父さんにお聞きすると、
  有志を募り、各お店で20本ずつ 使いやすそうな度を選んでメガネ一式を作り、
  東北地方へ送られたそうです。

  メガネの原価は知りませんが、一式4万円としたら80万円にもなります。
  原価が1万円としても20万円になります。
  お客さんの少ない個人メガネ店、頭が下がります。


  今日は午前中から晴れ間が見られました。
  天気予報では午後の雷雨の予報も。

  でも、今日は土曜日です。
  ゆっくりできるといいですね?



〇 オリンピック開催期間中の羊水検査・クアトロテスト  ( 2021/7/9 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  物凄い湿気と無風ですね。
  除湿器が半日で満タンになってしまうほどです。

  幼稚園や学校も夏休みに入っていきます。
  冷蔵庫や冷凍庫の開け閉め回数も増えることでしょう。

  温度設定を強めの冷却とし、
  ご家庭での食中毒にも気を付けたいですね。


  さて、
  オリンピック・パラリンピック開催期間中とお盆期間中は、
  カレンダー通りに羊水・クアトロテスト検査業者がお休みになります。

  7/22(木)、7/23(金)、8/9(月)は業者がお休みです。


  検体回収のバイク便の到着やアメリカへの発送等を考えると、
  上記休業日の前日検査も避けた方がよいかもしれません。

  また、当院の夏季休診として、
  8/12(木)~8/16(月)は お休みとさせて頂きます。

  コロナ禍、羊水検査やクアトロテストを希望される妊婦様も増えました。
  検査希望の方は、お早めにご相談ください。



〇 産婦人科 と COVID-19               ( 2021/7/8 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  今日は午前4時に起きてしまい、
  Web開催された第141回 関東連合産科婦人科学会を視聴していました。

  その中で順天堂大学 感染制御学 大学院教授の興味深いレクチャーがありました。

  1.病原体の入り口は3つだけ
    眼・鼻・口をしっかりガード・防御することが大切(性行為感染症は別)
    病原体がPPEや皮膚を食い破って体内に侵入することはない

  2.目薬をさすと、口の中で苦みを感じるように
    鼻涙管を通って目から咽頭にウイルスが侵入してくる

  3.両者マスク-マスクが大切 片方だけでは十分でない

  4.マスクは不織布のものを
    吐息から漏れる確率 不織布(20%)に対し、ウレタンマスク(50%)
    吸い込む確率 不織布(30%)に対し、ウレタンマスク(60~70%も透過する)

    ウレタンマスク使用でのクラスター発生も指摘されている

  5.マスク無しのフェイスシールドやマウスガードは論外(テレビ)

  6.産婦人科・生殖領域において、
     ・ コロナウイルスが含まれるのは精液のみ
     ・ 母体との垂直感染は報告されていない
     ・ 生殖医療領域でエアロゾル発生手技はない
     ・ 対面診療時の濃厚接触リスクのみ

  7.必要な対策
     ・ 手指衛生+標準予防策
     ・ フェイスガード / アイガード
     ・ パーティション設置+3密回避

  8.COVID-19は、どうやって伝播するのか?
    飛沫感染 > エアロゾル感染 >> 接触感染

    飛沫(くしゃみ、会話、咳) 大きな飛沫が目鼻口を直撃すること

    ほとんどが飛沫感染で、3密状態になるとエアロゾル感染が発生

    思ったより、接触感染は少ないのでは? と

  9.CO2濃度が1000ppmを超えなければ十分換気できているであろう

  10.換気が足りなかったり、1000ppmを超えるようであれば空気清浄機を追加

  11.コロナ病棟のスタッフと、一般人のコロナ抗体価は変わらない
     心配や偏見には値しない

  12.飲みに行ったり、3密空間に行ったり、
     遊び歩いている人のほうが問題


 当院では、昨年以来、
 空気清浄機を追加購入に追加購入を重ねました。
 大きな部屋や分娩手術室には、大風量の空気清浄機(HEPAフィルタ装着)を、
 皆様の病室にはプラズマクラスター空気清浄機(HEPAフィルタ装着)を揃えました。

 レクチャーを見させて頂いて、「なるほどな」と感じ、
 これまで行ってきた院内環境改善策が間違っていなかったようで、
 「ホッとした」した感じです。

 マスクの材料である不織布を自己流に空気清浄機のプレフィルターとして応用し、
 適宜、廃棄・交換をしています。
 もちろん、病室エアコンのフィルターにも不織布をこっそり加えていますよ。

 いつも通りの診療体制を続けられるように、引き続き、気を付けていきたいものです。


 仮に、オリンピックを無観客にしたとしても、場外はお祭り騒ぎになるのでしょう。
 それに乗じた若者の性活動も活発になるのでしょう。

 食中毒のような唾液ルートの感染と、
 性病のようなルートでの感染が増えるのは確実と私は思っています。

 信頼できるご夫婦、家族間やパートナー間でも、
 唾液・ウンチ・オシモは気を付けて頂きたいと思います。


〇 五輪に伴う診療日の変更について          ( 2021/7/6 )


  こんにちは、お元気ですか?

  東京五輪開催に伴い、祝祭日がパズルのようで難解な私です。(笑)

  Googleで検索すると、時事.comのページが出てきますので、
  それを参考にさせて頂きました。

  受付スタッフに確認したところ、
  下記の休診日にご予約を頂いている方はいらっしゃいませんでしたので、
  診療日および休診日を決定させて頂きたいと思います。

  
  今週と来週は、私が頑張って仕事をします。(笑)

  7/12~7/17 月曜から土曜日まで、私が診療を担当します。
          代診の先生はお休みです(月曜)

  7/19(月)~7/21(水)は通常通の診療となります。

  7/22(木)、7/23(金)は、五輪開催に伴い休診とさせて頂きます

  7/24(土) 通常通りの診療となります。

  7/26~7/31 通常通りの診療となります。

  8/2~8/7  通常通りの診療となります。

  8/9(月)  五輪の代休?のようで、休診とさせて頂きます。

  8/10(火)、8/11(水)のみ、通常通りの診療となります。

  8/12(木)~8/16(月)は、
  夏季休診として、外来診療(妊婦健診など)はお休みさせて頂きます。

  8/17(火)以降は、通常通りの診療となります。


  
  カレンダーの祝祭日に関わらず、
  お産対応は365日、24時間対応させて頂いております。

  当院におかかりの妊婦様におかれましては、
  ご心配なく、ゆっくりとお過ごしください。




〇 行動の見直しを                  ( 2021/7/2 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  今週は日曜日から5人のかわいい赤ちゃんが誕生しました。
  外来でも予定日間近の妊婦様が多々おられます。

  ところで、
  妊娠経過の中で、出産前後が母体や胎児(新生児)にとって
  特に気を付けなければならない時期です。

  時には、母体搬送であったり新生児搬送などで、
  大学病院や総合病院にお願いしなければならないことがあります。


  このコロナ禍、どこの総合病院もクラスター発生にピリピリしています。

  ・妊婦様ご本人やご家族の中で、感冒症状のある人はいませんか?
  ・ご主人など、イベントに参加されたりしていませんか?
  ・飲み会や宴会などに参加されていませんか?

  搬送にあたって、このような質問を病院の先生より聞かれることが増えました。
  疑いがある場合は、転院搬送を引き受けて頂けないこともあるかも知れません。

  ともすれば、救急車に乗ったけれども確認作業に手間取り、
  搬送が遅れるといった事態も起こりかねません。

  皆様におかれましては、各ご家庭で健やかにお過ごしのことと思いますが、
  今一度、コロナ対策として、丁寧な基本の徹底と、行動の見直し
  お願いしたく思います。


  唾液検査キットで陽性反応がまだ出ないうちから、
  コロナウイルスは便中に排泄が始まるとされています。

  食中毒のような、唾液を介した感染ルート。
  排便や性行為(オーラル)など、性病伝播のような感染ルート。

  感染経路不明として、誤魔化してしまってはいませんか?


  今後、オリンピックが始められようとしています。

  毎回、オリンピック毎にHIV予防の啓発として、
  「
選手に無料でゴムを配る」
  というニュースが報道されていたのですが、今回は皆無に等しいです。

  一週間前に、
  「帰国時にゴムを配ることに決まった」という記事を
  〇〇新聞Webでチラッとだけ見かけました。

  恐らくは、政府もIOCも性行為による感染爆発を警戒しているのだと思います。
  それゆえ、いつもとは異なり「帰国時に配る」と決めたのでしょう。

  無料で15万個もゴムを配られては、遊んでしまうでしょう。
  配られなくても、恐らく遊んでしまうでしょう。

  お猿さんは、人間のような性生活での おいた(いたずら)は しません。

  お祭り騒ぎに乗じた おいたは、本当に謹んで欲しいと思います。


  風邪のような飛沫や三密と異なり、
  唾液や排便、オシモのルートは、分かりやすい気を付けポイントです。
  「見える」気を付けポイントだと思います。

  信頼できる夫婦間であっても、信頼できるパートナー間であっても、
  おいたはしないように気を付けて頂きたいと思います。
 


〇 ワクチン接種後 湿布は貼らないで            ( 2021/6/29 )

  こんにちは。 皆様、お変わりないですか?

  当院におかかりの妊婦様の中でも、
  職場でコロナワクチン接種を受けられた方が増えてきました。

  今回のコロナワクチンでは、筋肉痛や発熱、頭痛などの、
  副反応の情報が溢れており、ご心配の方も多いと思います。

  テレビ報道では、カロナールなどの解熱鎮痛薬を予防的に服用するなど、
  様々な情報が溢れています。

  一方
、気になったことがありましたので、
  注意喚起としてお話ししたいと思います。

  筋肉痛に対して、湿布は貼らないようにしてください。(妊娠中)

  妊娠中のロキソニンや湿布は要注意であることについて、
  母親学級も開催できないことから、お伝えする機会がありませんでした。


  特に、妊娠後期やお産間近になって、
  ロキソニンを長期間飲んでしまったり、湿布を何枚も貼ってしまうというのはよくありません。
  簡単に言いますと、胎児が肺呼吸をするための心臓・血管回路に変わってしまい、
  場合によっては胎児がお腹の中で亡くなってしまう危険性があるのです。

  もちろん、1錠飲んだからダメとか、
  1枚貼っただけでもダメというわけではありませんので、慌てることはありません。

  ただ、気づいたらダラダラとロキソニンを長期間飲んでしまったとか、
  全然効かないから何枚も湿布を貼ってしまったということが、これまで多々見受けられました。

  特に、湿布は市販で簡単に手に入ってしまいますので、
  つい、うっかりというケースがあります。

  基本的に、ロキソニンやバファリン、セデス、イヴは、妊娠中は飲まないでください。
  湿布についても、妊娠中は貼らないようにしてください。

  どれも長期間の内服や使用によっては、胎児に影響してしまう薬です。

  
  私の場合、筋肉痛といっても、肩や腕を動かしたときに痛いだけでした。

  じっとしている時は、何となく肩こり? そういえば、左腕が重いかなぁ~
  といった程度でした。

  予防接種後は、早めに就寝して「副反応のことは寝て忘れてしまう。」
  とても大事な事だと思います。
  


〇 新型コロナウイルスワクチンについて          ( 2021/6/25 )

  こんにちは。
  皆様、お変わりないですか?

  私を含め、当院スタッフも新型コロナウイルスワクチン接種が進み、
  心配された副反応も筋肉痛程度でホッとしているところです。

  妊婦様の中でも、「職場で予防接種を受けることが出来そう」と、
  ご相談を受ける機会が増えてきました。

  産婦人科学会的には、
  「器官形成期(妊娠12週を過ぎるまで)は、
   偶発的な胎児異常の発生と識別に関する混乱を招く恐れがあるため、
   ワクチン接種を避ける」としています。

  これまで 様々な意見が出されましたが、
  当院としましては、学会の指針に沿って対応したいと考えています。
  
  
  また、
  妊娠を希望している女性の方は、
  可能であれば妊娠する前に接種を受けるようにすること。

  一方、
  風疹ワクチンのような生ワクチンではないので、
  接種後長期の避妊の必要性はないこと。

  中には、
  妊娠に気付かずに予防接種を受けられて
  心配される方もおられると思いますが、
  中絶を検討する必要性までは無いと判断しています。


  産科婦人科学会に、コロナワクチンについてまとめられているものがあります。

  ー 新型コロナウイルス ワクチンについて ー

  アップデート版やらリンクやら、混乱してしまいそうです。

  人類初体験の新型ウイルスおよびワクチン接種。
  試行錯誤で辛抱の時だと考えています。


〇 一つの生命体  モニョモニョっと           ( 2021/6/16 )

  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  早朝から雷も鳴り、いよいよ本格的な梅雨に入りましたね。
  北のエネルギーと太平洋側のエネルギーのせめぎ合いといった感じでしょうか。

  今日は道路工事の予定はありません。
  お車やタクシーでのご来院も大丈夫です。
  どうぞ、お気を付けてご来院ください。


  ところで、
  大気の自然現象も不思議ですが、
  お母さんの子宮という内なる自然は、もっと不思議です。

  外来で妊娠初期のエコーをしていると、
  ほんと不思議なだぁ~、すごいなぁ~と思うことがあります。

  お父さんからもらう細胞がこの世で一番小さい細胞なのですが、
  それが、お母さんの細胞と出会って、いつしか心臓が動き始め、
  妊娠12週くらいになると、体や手足をモニョモニョっと。

  そして、妊娠40週になると、
  自分の意志で「お母さんなんて大っ嫌い」と外に出てくるのです。

  いやいや冗談、きっと「お母さん、有難うございました」と。(笑)

  赤ちゃんの体の一部なのに、切って捨ててしまう胎盤も不思議ですよね。
  赤ちゃんが生まれた後に出てくる胎盤と臍の緒。
  きっと、「よかったね お母さん、10か月間お疲れ様でした!」
  と言って出てくるのでしょうね。(笑)

  お母さんの子宮から、地球へのバトンタッチの瞬間です。

  ふと、感じたことがあります。
  ガイア理論といって、地球も一つの生命体という考えについてです。

  小さな水たまりや池では、それほど波は生じませんが、
  湖ともなると自然と波が生じはじめ、海になると大きなうねりになっていきます。
  自然に水が動き始めるのです。

  受精卵の成長とともに、自然と心臓が動き始めることと似ているなと。


  外来では、正期産に入られた妊婦様が多々おられます。
  そろそろ忙しくなりそうな気配です。


〇 子宮がん検診について       ( 2021/6/14 )

  こんにちは、 皆様 お変わりないですか?

  婦人科検診(子宮がん)はお受けになられていますか?

  当院は、感染症対策を十二分に行い診療を続けております。
  どうぞ、ご心配なく検診にお越しください。


  どんなガンも、
  病理検査(顕微鏡検査)をもって確定診断とします。

  一般的に、男性のガンも女性のガンも、
  ガンになってから手術をし、治療を開始するものです。

  一方、からだの構造上、子宮は診察で触ることができます。
  手術前から、ブラシで細胞を採取し診断することができるのです。

  つまり、がんになる前の前癌病変で見つけることが可能です。
  結果的に、がんになる前に治療をすることが可能です。

  それが、婦人科検診の最大メリットであり目的です。

  子宮がん検診に併せて、超音波エコーをさせて頂くと、
  卵巣がんのチェックも行えます。


  婦人科検診はとても行いやすいものです。
  早期発見のために、1~2年に1度は、
  婦人科検診を受けられることを強くお勧めします。


〇 打ち水               ( 2021/6/10 )

  こんにちは。 お元気ですか?

  昨日の午後はお産後の退院の方も多々おられ、
  病院前で打ち水をしてみました。

  すると、どこからともなくアゲハチョウが水を飲みにやってきました。

  チョウチョは人を怖がらない性格なのでしょう。
  打ち水している私の周りをひらひらと。

  人がいると、他の外敵が来ないので尚更安心するのでしょうか。
  こちらも嬉しくなってしまいます。

  まだ、トンボは見かけませんが、
  1週間前の早朝、病院の庭の木の上でホトトギスが鳴いていました。
  もう、びっくりと感激です。
  どうやら渡り鳥のようですが、また遊びに来て欲しいですね。


  さてさて、
  昨日の未明に陣発入院された経産婦さんは、
  自然の成り行きに任せ、お昼前に無事にご出産されました。

  特別に、年長さんのお兄ちゃまと年少さんのお姉ちゃまも立ち合いです。
  とても嬉しそうなご様子でしたよ。

  家族が揃うと、自宅出産のようですね。
  ご出産、誠におめでとうございます!


〇 さあ、土曜日です                ( 2021/6/5 )

  こんばんは、 お元気ですか?

  もう、土曜日の18時です。
  どこのご家庭も、家族団らんといった感じでしょうか。

  我が家ではここ数日、夕食のあとに「母をたずねて三千里」を見せています。
  DVD1枚に4話ずつ。
  少しずつ、少しずつ、お話しが展開していくので、
  子ども達もワクワク、ドキドキのようです。

  昔のテレビ番組をDVDにしたためなのか、
  音量は少し小さめ、しかも早口のテンポ。
  それでも、子ども達がそれぞれに場面の状況を読み取る姿が面白いです。

  クレヨンしんちゃんの真似なのか、時々お尻を出したがる三男。
  「マルコがお尻を出したらどうする?」と聞いてみると、
  「絶対にだめ! やだ!」と。
  いけないことが、わかってきたのでしょうか。(笑)
 
  
  さて、
  今日は午前中の外来が14時過ぎに終わり、
  16時に分娩停止の方の帝王切開がありました。
  大学の後輩の先生が、手術の助手としてお手伝いに来てくれました。

  お母さまは、3日前からずっとお腹が張り続け ご自宅で頑張られました。
  ゆっくりゆっくりと。
  最終的には帝王切開となりましたが、元気な産声を聞かせてくれました。

  3日間、ずっと眠れなかったですよね。
  今日はゆっくりとお休みになり、少しずつ、育児に慣れて行ってくださいね。
  
  帝王切開も立派なお産です。
  ご主人やご両親に、いっぱいいっぱい褒めてもらったようでよかったですね。

  10か月間、本当にお疲れさまでした。
  ご出産、誠におめでとうございます。



〇 コロナ孤児                   ( 2021/5/24 )

  おはようございます、 お元気ですか?

  今朝は湿度も低く、とても爽やかな朝ですね。
  湿気飛ばしに窓を早朝から開放しています。

  ところで、
  オリンピック開催を正当化するためには
  見かけ上の感染者数を少なくしなければならず、
  コロナ緊急事態宣言も、何度も何度も延長に延長が繰り返されることでしょう。
  直前解除どころか、開催中も宣言続行なのだと思います。
  「感染者数を抑えた中で、安全に開催できた」と自画自賛のために。

  感染制御はとても大切なことですが、
  もう一方の側面を持っています。

  東日本大震災で学びの環境が失われた子どもが大勢いました。
  とても悔しい気持ちでした。

  現在のコロナ禍では、小学生から大学生までもが、
  感染症によって、学びの場が失われています。(世界中で)

  我が家の場合、小学校も低学年と高学年で時差登校。
  3年生の場合、30分の短縮授業を5時限まで。
  朝は8時半から授業が始まり、昼食を食べたら下校です。

  30分て?!
  そろそろ集中力が出始めた時間に授業終了って...

  自学自習をできるお子さまならいいのですが、
  家に帰ってきて弟や妹が遊んでいるのを見ると、とてもとても。
  学力低下が心配です。

  私にできることは、道徳の授業くらい。
  週末、子ども達に映画を見せる機会をつくっています。
  先週末は、「マザーテレサ 母なることの由来」を見せました。


  イスラエルの戦争も気がかりですが、
  日本のニュース報道からミャンマーのことがすっかり無くなったことも心配です。

  
  子ども達が読んでいる小学生新聞。
  インドにおけるコロナ孤児の記事が目に留まりました。

  マザーテレサの映画を見た翌日でしたので、尚更、衝撃でした。

  両親を亡くしたコロナ孤児。
  人身売買目的の正規ルートを介さない養子、児童婚。
  いずれは、IS集団も目を付けるでしょう。
  生まれも育ちも分からなければ、戦闘員として洗脳できますし。

  中学校のとき、歴史の試験は毎回赤点であった私ですが、
  世界中で歴史が逆戻りしていること、非常に危機感を持っています。

  目先の感染者数だけだけでなく、その裏に隠れている実態。
  恐れることなく、見なければなりませんし、知ろうとしなくては。

  きっと、日本でも少数ながら同様のことが起きているのだと思います。

  今週末は、「パッチ・アダムス」を見せようかな。




〇 赤ちゃん かわいいって             ( 2021/5/23 )

  おはようございます。 お元気ですか?
  今は早朝の4時、日曜日ですし、ゆっくりお休みになられていますか?
 
  先程、3時半すぎにベトナムの方が無事にご出産されました。

  いつもご主人に付き添ってもらいながら妊婦健診に来られ、
  だいぶ日本語も上手になりました。

  ご主人も、どことなく緊張した面持ちでいつも来られていましたが、
  赤ちゃんと三人での記念撮影の時、
  マスクを外して穏やかな笑みでホッとしました。

  3555gの元気な女の子です。
  ご出産、誠におめでとうございます。

  昨日の朝から頑張りました。
  何度も何度も褒めてもらってくださいね。


〇 リネン、標準洗濯でOK               ( 2021/5/14 )


  こんにちは、 皆様、お変わりなですか?

  今日はいいお天気ですが、風があまり吹いていませんね。
  洗濯物も、風がある無しでは乾き方が全く違いますし...

  外来の診察室と廊下では除湿器が稼働中です。
  室内温度 25℃、湿度 46%、ちょっと暑いですが大丈夫。

  医療機器の結露による故障は困りものです。
  去年はビリルビン計測器のレンズが湿気で汚れを呼び、動作不良。
  分解清掃で復活し事なきを得ましたが、今年の梅雨はどうなることやら...


  さて、表題にある通り、
  「 洗濯ものは通常通りで大丈夫 」という
  国立感染症研究所のデータが示されました。

  これまで、洗濯に伴う感染リスクは不明であり、
  宿泊療養施設や医療機関などでは廃棄されていたケースが
  少なくなかったと思います。

  無症状、軽症者が使用したリネン類について、
  家庭用洗濯機を用いて標準的な洗濯を行えば、
  感染リスクは低いとのことです。

  また、リネン交換時に空気感染するリスクも低いとのことです。

  ただ、病院や宿泊施設は大量のリネン類ゆえに、
  リネン業者は巨大乾燥機でしっかり乾燥させていると思います。
  その点についての記載は見つけられませんでした。

  
  腸管出血性大腸菌 O-157の感染ルートについて、
  子どもはカバンを地べたに置くことが多く、
  それをそのまま、家に持ち帰り... 
  付着した汚れを家の中にまで持ち込んでしまう。

  今回の新型コロナについても、
  「 日本人は靴を脱いでから家の中に入る 」という生活様式も、
  感染防止の観点から大事なのでは?という意見もあったかと思います。

  マスク・手洗い・うがい・手指消毒(特に食事の前)に加え、
  日頃の生活様式も見直すのもいいですね。

  我が家では、子ども達が学校や幼稚園から帰ってきたら、
  とりあえず、靴下をすぐに脱がせます。
  (感染防止というより、破れるのが勿体ないだけですが...)


〇 コロナワクチンに関する学会の見解          ( 2021/5/13 )


  こんにちは、 お元気ですか?

  学会からコロナワクチンに関する見解文が示されました。

  当院では、予防接種を行うことはできませんが、
  今後、医療従事者、高齢者と予防接種が拡充され、
  お住まいの市区町村より案内がされていくと思います。

  テレビ報道の偏った主観にまどわされないように、
  ご一読頂ければと思います。

  「妊婦さんならびに妊娠を希望される方へ」(産婦人科学会)


〇 妊娠と新型コロナワクチン              ( 2021/5/11 )

  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  当院におかかりの妊婦様の中には、看護職の方や院内保育士の方もおられ、
  お勤め先の各病院での医療従事者向け予防接種が始まっています。

  すでに妊娠が判明している看護師の方は、
  職場の先生から「無理して予防接種をしなくても...」という意見が
  ほぼすべてのようです。(前例が無く躊躇している)

  他方、
  新型コロナワクチン接種後に妊娠が判明したという方もおられます。


  日本産婦人科医会報(3月)に、
  諸外国の状況についてまとめられていますので参考にされてください。
  1
   厚生労働省の見解は
  ・2021年2月14日に承認されたファイザー製ワクチンについて、
   対象は16歳以上、妊婦も接種可能
  ・妊娠又は妊娠している可能性のある女性には、予防接種上の
   有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ接種すること。


  米国では既に1.5万人以上の妊婦に接種されているようです。

  風疹や麻疹(はしか)は生ワクチンになりますが、
  今回の新型コロナワクチンは生ワクチンではありません。

  インフルエンザワクチンも生ワクチンではなく、
  妊娠週数に関係なく予防接種を受けることができます。


  変異型ウイルスの発現もあり、予防接種は全てではありません。

  予防接種を受けるにせよ受けないにせよ、
  引き続き、丁寧な基本の徹底を続けていきたいものです。


〇 コロナ予防接種                   ( 2021/4/30 )


  おはようございます。 お元気ですか?

  昨日は一日中雨、夜中もだいぶ降りました。
  子ども達も外出できずにストレスいっぱいです。

  私といえば、
  3段の押し入れとクローゼットを掃除して冬用衣類を整理していました。
  長男も身長が140㎝になり、洋服もかさばるようになりましたので、
  共用のタンスから私の衣類は全て撤去、1段を譲ることにしました。

  押し入れの奥といえば空気の流れもなく湿気やほこりがいっぱい。
  ひのきのすのこを置いても、十分ではありません。
  3㎝のドリルで、板の奥に何カ所も穴を開けて一番下の隅に空気清浄機を設置。
  3段目まで空気がしっかりと流れるようにしてみました。

  かさ張る冬用のジャンパやコートもコンテナに収納。
  子ども達は、広くなったスペースを「秘密基地」といって遊び、
  一番下ではおままごと。
  2段目に上がったり3段目に上がったり、
  手塚治虫のマンガを思い思いのスペースで読んだりしていました。

  さて、
  今朝はとてもいいお天気です。
  ただ、風もなく、湿気も多いのでコロナ対策はしっかりと。
  窓を開けて、家の中の湿気を飛ばしたいですね。

  2mルール

  → 飛散する間にウイルスが乾燥し、感染力を失うという根拠

  でも、湿度が高いと生存期間が延びる可能性が指摘されています。

  電車に乗ってみても、窓を全く開けていない車両もちらほらあります。
  これからますます湿気の多い季節に入っていきますし、
  継続して注意していきたいですね。


  ところで、世田谷区でも医療従事者向けの予防接種が始まりました。
  昨日は、両親と私達夫婦が医師会でコロナワクチンを接種してきました。

  テレビでは様々な副反応についての報道があり、
  正直、何だか嫌な雰囲気での接種でしたが、特に問題はありませんでした。

  15時の枠で接種、全く痛みもなく...

  接種後3時間が経過した18時頃から、そういえば左肩が痛いかも...

  「病は気から」なのか、
  気になりだすと、そういえば、肩も痛いかも... 左腕全体が痛いかも...

  少し気持ちを落ち着けて深呼吸をして、気にしない、気にしない...

  うん、何か治ったかも。 男は単細胞なので単純です。(笑)

  今朝も、左肩に痛みがありますが、
  発熱やだるさもなく、仕事には支障はなさそうです。

  今日は金曜日なので、母が病院の調理場担当です。
  私が早朝の6時頃から車を洗車していると、
  日課としている駅前までの道のお掃除を終えて、
  元気にニコニコと、ゴミ袋を片手に戻ってきました。
  こちらも、調理場業務に支障なさそうです。(笑)


  昨日、予防接種した際に頂いたワクチンの冊子をPDFにしました。

  将来の子作りに影響するのではと心配されている方も多いと思います。
  Q&Aにまとめられていますので、参考にされてください。

  
 img_pfizer.pdf

  あまりにも漠然とした情報に振り回され、(私も)
  初回の予防接種を躊躇された医療従事者も多いと思います。

  次回、接種するチャンスがあれば有効に利用して欲しいです。



〇 丁寧な 基本の徹底を ひきつづき          ( 2021/4/24 )


  おはようございます。 皆様、お変わりないですか?

  未就学児のお子さんで陽性例の話を聞きました。
  幸い、同じ園のお友達の中でPCR陽性例は無かったとのこと。
  クラスター発生には至らず、本当にほっとしました。


  ご家庭内ですと、お子さまの食べ残しがもったいないからといって、
  食べてしまったりすることも、唾液経由の感染につながるかもしれません。

  コロナ発生以前から、
  サイトメガロウイルスも子どもの唾液、食べ残しから
  妊娠中のお母さまに感染することがあります。
  引き続き、ご家庭内でも注意して頂きたいと思います。


  ところで、
  「昨年のG.W.から、もう一年が過ぎたのか...」と、ちょっと不思議な感覚です。

  一年前、政府は
  G.W.直前の2週間 プラス 雇用調整助成金を払わなくていいG.W. を絡めて、
  計3週間の緊急事態宣言で収束に向かわせる企みでした。
  しかし、実際は収束には至らずに延長という結果になりました。

  今年は、緊急事態宣言のスタートが、既に遅れています。
  去年失敗したことが、遅めのスタートでいい結果を得られるとは思えません。
 

  改めて、意識して感染予防策をお願いしたく申し上げます。

  皆様が安心して婦人科検診や妊婦健診に通院して頂けるのも、
  安心してお産の日を迎えられるのも、皆様のお陰です。
  各ご家庭でも、いま一度 基本の徹底をお願い致します。

  お子様と離れ離れにならなくて済むように。
  マスク、手洗い、うがい、アルコール消毒は基本中の基本です。

  お子様を公園に連れていく際には、近くの公園で。
  おしっこ・ウンチをしっかり済ませてから出発。
  遊んでいてトイレに行きたくなったら、お家に連れて帰り。
  そんな工夫も大切かと思います。


  ウイルスは、カビや細菌とは異なり
  胞子を飛ばしたり、水回りで根を生やして育つこともできません。
  基本的に、人と人が交流しない限り、
  自身では移動する手段を持っていない微生物です。

  新型コロナに対しては
  1.コロナワクチンの予防接種を受ける
  2.自然にコロナウイルスに感染し、自ら抗体を産生する

  この2つしか、抵抗力をつける方法はありません。

  そして、
  3.人と人との交流を断絶し、ウイルスの伝播を阻止する
  4.コロナ感染者が回復し、感染力が無くなる時期まで待つ

  3と4は、完全な実行には限界があります。
  以前にもお話しした、
  十分なアルコール消毒ための 15秒 ルール
  浮遊中のウイルス乾燥(感染力消滅)のための 2m ルール


  理解しながら、気を付けていきたいものです。

  最終的なバリケードは " マスク " です。


〇 ベルギーでは何と言うのでしょう?      ( 2021/4/21 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  月曜と火曜日に帝王切開がありました。
  お母さま方も赤ちゃん達も、元気です。

  月曜日にご出産された方のご主人はベルギーの方。

  ベルギー語で何と言うのかな?と思い調べてみましたが、
  オランダ語、フランス語、ドイツ語と、地域によって違うようですね。

  当院でご出産される方のご主人は、
  皆様、日本語がお上手で...
  今度、何というお祝いのメッセージだったのか聞いてみようと思います。

  昨日の帝王切開の方は、日曜日に破水されてからずっと頑張られました。
  ご主人も、とてもホッとされたご様子。

  帝王切開で赤ちゃんが生まれて、隣の部屋で暖めながら体重計測等々。
  初対面のご主人が
  「お~!」と歓声を上げられている様子が聞こえてきました。

  妊娠10か月間、本当にお疲れ様でした。 x2

  ご出産、誠におめでとうございます! x2


  ベルギーといえば、アントワープ。
  フランダースの犬が有名ですね。
  幼少期に見ていたテレビ番組を思い出します。

  幼少期にドラえもんもよく見ていましたが、
  最近のストーリーは のび太君とジャイアン達のケンカばかり...
  仕返しばかり...
  幼少期の時に見ていた頃と全く違っており、非常に違和感というか残念。

  幼少期に読んでいた絵本は読み聞かせができますが、
  テレビ番組は難しいですね。
  その代わり、昔の映画をDVDで観る機会を増やしています。
 



〇 鯉のぼり                      ( 2021/4/9 )

  おはようございます。 お元気ですか?

  昨日夕方の雷雨には子ども達も驚いていましたが、
  今日は朝から、いいお天気ですね。

  大安ということもあって、屋上には鯉のぼりが泳ぎ始めました。

  が... カメラを構えたものの風が止んでしまい...

  Img_2239 

  日差しは暖かくなってきましたが、
  日陰で風が吹くと寒く感じます。

  コロナの心配もあります。
  体調管理に気を配りたいですね。

  

〇 オムライス                  ( 2021/4/3 )

  こんにちは、 皆様 お変わりないですか?

  いま、当院の庭ではチューリップがたくさん咲いています。
  スペースさえあれば、あちらこちらに球根を植えており...

  いつも水やりをしていて感心するのは、葉っぱの形状です。
  茎を包みこむようになっている葉っぱのお陰で、
  一滴も残らずに根元に水が流れていくのです。
  本当によくできています。
  
  さて、外来診療と手術処置も終わり、ようやくお昼です。
  今日のメニューはオムライス。

  Img_2228

  昨夜は我が家でも子ども達はオムライスを作ってもらっていました。

  さっそくケチャップで小学生の子は自分で名前を書き、
  下の子ども達は家内に名前を書いてもらい大喜び。

  夜8時まで塾だった長男は、駅まで家内に迎えに来てもらったあと、
  一風堂へ連れて行ってもらったようです。

  はじめにラーメンを注文し、「チャーハンも頼んでいい?」
  それから「ギョーザも頼んでいい?」とか。

  家内は夜ご飯を済ませていたので、長男が食べるのを横で見ているだけ...
  お会計は2000円だったとか。
  食べ盛りの男の子は、本当に大変です。

  しっかりとした睡眠と食材の味を生かした食事。
  コロナ禍ですが、体調管理に気を付けていきたいですね。
  


〇 風しん抗体検査 および 予防接種について   ( 2021/4/1 )

  こんにちは、お元気ですか?
  コロナ感染症の再拡大が懸念され、心配しています。

  ところで、
  風しんに関しては予防接種という手段が確立しており、

  妊婦様の感染に伴う先天性風しん症候群の発症を防ぐため、
  抗体検査および予防接種の費用の一部が助成される制度があります。

  住民票が世田谷区の方であれば、当院で検査をお受けになられます。

  『 風しん抗体検査 』

   【 対象者 】

   ① これから妊娠を考えている女性の方
   ② 妊娠を考えている女性の方の同居者の方
      (夫の他、同一住所の同居者まで対象が拡大されました)
   ③ 初期検査等で、妊婦様の風しん抗体価が低いと判明している
     その妊婦さまの同居者(上述通りに対象が拡大されました)

   【 実施方法 】

   ① 検査を希望される方は、ご自身で保健所にお申し込みください。

     世田谷保健所 感染症対策課
     03-5432-2441 / Fax 03-5432-3022

   ② 保健所から受診票が、ご本人に送付されます。

   ③ その受診票をお持ちになり、当院へご来院ください。
     抗体検査を実施させて頂きます。

     検査費用の分は無料です

   ④ そして、
     検査結果でHI抗体価が8倍未満もしくは16倍以下であった場合。
     女性の方は、ご自身が妊娠されていないうちに
     予防接種をお受けになられてください。(下記 注意点参照)

   【 注意点 】

   風しん・麻しんの予防接種は、いわゆる「生ワクチン」になります。

   1.ワクチン接種後、少なくとも2か月間の避妊期間が必要です。
   2. 妊娠されていないうちに予防接種を受けられるよう、
      余裕をもった妊活スケジュールをイメージされてください。


   【 まめ知識 】

   1.インフルエンザワクチンは、いわゆる不活化ワクチンです。
     妊活や妊娠週数に対しての心配ありません

     とくに、
     妊娠中、秋・冬に妊婦様が予防接種を受けられることにより、
     赤ちゃんは半年分の抵抗力を分けてもらって生まれてきます。

   2.前回の妊娠で、「風しん抗体価が低かった方」
     お子さまの授乳が終わり卒乳されましたら、
     次の妊娠を考える前に、予防接種を受けられてください。



〇 アフターピルの処方について          ( 2021/3/20 )

  おはようございます。 お元気ですか?

  コロナ禍、アフターピルのご相談が増えています。

  ご不安になられずに、アフターピル処方へお越しください。
 
  お産対応や病棟業務の合間で対応させて頂きます。
  直接ご来院ではなく、あらかじめ電話相談をお願い致します。


  世の中は、ますます不安定になってきます。
  日本だけでなく世界中の歴史が逆戻りしており、危機感を覚えます。

  いくら「男女平等」と言っても、
  それは口先だけの精神論でしかありません。
  失言もいけませんが、個人攻撃もよくないなと、静観していました。

  五輪憲章に個人攻撃は書いてあるのでしょうか?

  

■ ホットドッグ?                  ( 2021/3/18 )

  こんにちは、 皆様 お変わりないですか?

  当院の昼食はホットドッグでした。

  ホットドッグ? 焼いていなくても? 熱くなくても?

  ちょっと不安になって色々と調べてみましたが、
  ウインナーを挟んでいることが大事のような?

  写真を撮って助産師に聞いてみたら、
  「ホットドッグでいいんじゃないですか?
    こっちは違うと思いますけど」と、片方を指さし...
  ツナパン?

  今日のお昼はパンでした! が、正しい表現なのでしょうか?

  Img_2212

  春になり、お野菜も果物も鮮やかで美味しい季節ですね。

  最近、我が家の男の子達がアスパラガスを食べなくなりました。
  「にがい」とか言って。
  

  さてさて、2階では早産の破水のお母さまが頑張っておられます。
  早く無事に生まれてきて欲しいです。



■ パエリア                     ( 2021/3/12 )

  こんにちは、お元気ですか?

  お昼は何を食べられましたか?
  早速、一風堂へ行かれた方も?

  当院のお昼はパエリアでした。

  Img_2211
  
  患者様のお食事担当は調理師の中村さんですが、
  お休みのときは私の母であったり妹が交代で調理を行っています。
  二人とも、調理師の資格をちゃんともっています。
  家族営業です。(笑)

  私は、運転免許と医師免許と、英検4級しか持っていません...

  そうそう、
  昨日、次男坊がそろばんの検定に合格したようです。(何級かは知りません)

  本当は、15時からそろばん教室の予定でしたが、
  すっかり忘れて青空公園まで遊びに行っていたようです。

  17時半頃、京王線の開かずの踏切で待っているとき、
  家内が、「あっ、すっかり忘れてた!」と。

  思いっきり遊んだから集中できたのでしょうか。
  気持ちの切り替えが早いときもあれば、ぐずぐずする時もあり。
  子育ては大変ですよね...
  


■ ハヤシライス                    ( 2021/3/10 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  もうすぐ14時、外来診療も終わり、もうすぐお昼ご飯を食べられそうです。

  Img_2204

  今日の当院のメニューは 
ハヤシライス です。 


■ パスタ                    ( 2021/3/4 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  昨日に引き続き、患者様のお食事です。
  今日の
お昼はパスタでした。

  Img_2202

  検食を食べながら、ふと思い出したことがあります。

  大学病院で勤務していた頃、
  患者様が「毎週土曜日の朝はパンなの、絶対 手抜きよね」と。

  いやいやいや...
  500床の大学病院ですから、調理場のおじさんやおばさんも大変だと思います。
  少しは、お休みさせてあげても。(笑)


■ 絵本の帯紙                  ( 2021/3/4 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  緊急事態宣言が延長になるようですが、
  お子さま方の登園や通学は変わらないといったところが、
  多いようですね。

  我が家は、ゲーム・ゼロを貫き通しています。
  その代わり、毎週土曜日や日曜日になると
  「ねえ お父さん、 今日 お仕事ある?」

  2月はお産も少なかったことから、
  小学生の2人に2週連続で成田空港へ写真撮影に付き合わされるなど、
  大変でした。 もう、運転手でしかありません。

  子ども達は空港敷地外から離着陸の写真撮影。
  私といえば、道の駅や地元の農協で新鮮なお野菜を購入デス。

  一方、下の子ども達には絵本を読み聞かせをすることも多いです。
  私が幼少期に読んでもらっていたチムひとりぼっちなど、
  沢山の蔵書があります。古書を見つけてきたりもします。

  しかし最近、先生から
  「日本の昔話など、常識を知らない」と
  ご指摘を受けてしまいました。

  なんと!
  仕事に掃除に、読み聞かせに、
  頑張っていたはずなのに...

  そういえば、「花咲じじい」はあるけれど...

  いっすんぼうし、しらゆきひめ、あかずきんちゃん、
  うらしまたろう、ヘンゼルとグレーテル などなど

  ちょっと、買い足してみました。

  そして、絵本の帯紙が面白いことに気付かされました。

  うらしまたろう
  「人は、楽しいことに夢中になり、
    たいせつなものを失ってしまう」

  ヘンゼルとグレーテル
  「あまい話には ごようじん」

  いもとようこさんの絵本です。
  とても可愛らしい絵なのですが、帯紙のキャッチコピーに
  ちょっと、ドキッとしてしまいました。
  


■ おひなさま                  ( 2021/3/3 )

  こんにちは、 お元気ですか?

  今日のお昼ごはんを写真に撮ってみました。
  患者様にお出ししている食事をブログで紹介するのは初めてです。

  Img_2200

  
  当院では委託業者に頼むことなく、手づくり料理をお出ししています。
  調理場も大変そうですが、、料理が楽しいのが伝わってきます。
  
  


■ 3月です                      ( 2021/3/1 )

  こんにちは、 皆様、お変わりないですか?

  今日から3月です。
  さっそく、予定帝王切開で元気な3040gの元気な女の子の誕生です!

  切迫早産で年末年始も入院されるなど、お母様もお父様も頑張られました。
  少し大きめの子宮筋腫が影響したためか、逆子ちゃんでの帝王切開でした。
  とても立派な胎盤でびっくり。

  お父様のご実家はイギリス南部のポーツマスとお聞きました。
  調べてみると、
  ポーツマス条約が調印されたのはアメリカ・ニューハンプシャー州のポーツマス。
  同じ地名や似た地名、いっぱいあるんですね。(歴史、苦手)

  ポーツマスの皆さん、お元気ですか?
  時差があるので深夜だと思いますが、きっと、今か今かと待っておられたのでは?

  コロナの影響で、なかなか往来も難しい状態ですが、
  元気な赤ちゃんの写真は、リアルタイムで送れるすごい時代です。

  ご出産、誠におめでとうございます!


■ 新しい息吹き                    ( 2021/2/28 )

  おはようございます。 お元気ですか?
  今は午前6時すぎ、まだ心静かにお休みになられている頃でしょうか。

  先程、夜中に陣発入院された経産婦さんが、無事にご出産されました。

  3675gの元気な女の子です。
  診察室でブログを書いていると、2階から元気な泣き声が聞こえてきます。

  妊娠中、お兄ちゃまが一番お腹の中の赤ちゃんに声を掛けてくれたとか。
  すごく楽しみにされていたようですが、
  夜中の入院でしたので、お父さまと一緒にスヤスヤ。

  生まれたことを知った時のリアクションが楽しみですね。

  お父さまは育休を取得できるとのこと。
  それでも、大忙しですね。

  過去があっての今です。

  妊娠10か月、本当にお疲れさまでした。
  ご出産、誠におめでとうございます!


  さ~て、お外もだいぶ明るくなってきて、
  病院のお庭ではヒヨドリがピーピー鳴いています。

  栃木の山火事も、だいぶ収束に向かっていると知りホッとしました。
  どんな困難があっても、新しい息吹きが感じられる春ですね。


  ニュースでは、
  「乾燥注意報が出されていますので、火の取り扱いには十分注意してください」と、
  何十年も変わっていないセリフが繰り返されています。

  私のような天邪鬼ですと、「自分は大丈夫!」と、
  十分に気を付けているつもりでも過信しているんだろうなと、思いました。

  同じ言い方で事故が起こるのであれば、
  「焚火はしばらくお休み、お外でのたばこも禁煙です」と
  補足したほうがいいのでは? それでも、事故は起こるのでしょうけれど...


  高校時代、野田クルゼという医歯薬系予備校で大親友の大島先生と一緒に
  「2日をもって初心とし、万日をもって極める」と勉強していました。

  勉強もアウトドアも、何事も研鑽ですね。


  そうそう、病院のお庭にチョウゲンボウというハヤブサ科の野鳥が来ます。
  時々、誰かが捕食されるという自然が繰り返されています。

  感動したのは、飛び立つときに全く羽音が聞こえないこと。
  カラスは バサッ バサッと大きな羽音。
  ワカケホンセイインコは キー キー キー。
  ハトさんは ウホ ウホ ウホ と、声?を漏らしながら飛びますよね。
  スズメさんは チュンチュン チュンチュン チュチュチュチュチュ....

  チョウゲンボウの音もなく飛び去る勇姿には、圧倒されます。

  明日から3月 おひなさま。 5月の鯉のぼりも楽しみです。


■ 丁寧
な 基本の徹底を ひきつづき          ( 2021/2/27 )

  こんにちは。 皆様、お変わりないですか?

  未就学児のお子さんで陽性例が複数出ている話を聞きます。
  改めて、意識して感染予防策をお願いしたく申し上げます。


  皆様が安心して婦人科検診や妊婦健診に通院して頂けるのも、
  安心してお産の日を迎えられるのも、皆様のお陰です。
  各ご家庭でも、いま一度 基本の徹底をお願い致します。

  お子様と離れ離れにならなくて済むように。
  マスク、手洗い、うがい、アルコール消毒は基本中の基本です。

  お子様を公園に連れていく際には、近くの公園で。
  おしっこ・ウンチをしっかり済ませてから出発。
  遊んでいてトイレに行きたくなったら、お家に連れて帰り。
  そんな工夫も大切かと思います。


  ウイルスは、カビや細菌とは異なり
  胞子を飛ばしたり、水回りで根を生やして育つこともできません。
  基本的に、人と人が交流しない限り、
  自身では移動する手段を持っていない微生物です。

  エボラ出血熱のような、汗からの皮膚感染はしないので
  お口やお鼻のガードが重要です。

  特に、他人の唾液とウンチからのルートに気を付けましょう。
  でもそれって、昔からの食中毒予防と一緒ですよね。

  いつも通りに
  基本の徹底を “ 丁寧に ” 続けていきたいものです。


  以前にもお話しした、
  十分なアルコール消毒ための 15秒 ルール
  浮遊中のウイルス乾燥(感染力消滅)のための 2m ルール


  理解しながら、気を付けていきたいものです。


  最終的なバリケードは " マスク " です。

  そして、マスクは可能な限り使い捨てのものをお勧めします。

  例えば絆創膏、洗って再利用しますか?
  ナプキン、洗って再利用しますか?

  そもそも、我が家ではマスクを毎日洗える時間もなく、
  しっかり乾かす余裕もなく...

  特に、人混みや
通院の際には、使い捨てマスクをお勧めします。


■ 高度33,000ft        ( 2020/10/31 )

  おはようございます。
  皆様、ごゆっくりとお休みになられましたか?

  今日は土曜日です。
  お空は快晴、スカッとさわやかに過ごしたいものですね。

  昨日は外来診療に加えて羊水検査などの外来処置もあり、大忙しでした。
  また、正期産に入られた妊婦様がたくさんいらっしゃいますので、
  来週も病棟は賑やかになりそうです。

  さてさて、
  今朝、屋上に上がってみると 外気温は6℃でした。
  寒くなるスピードが、今年はとても早く感じます。

  6時になるまで、スカイツリーの先端はピンク色に輝いています。
  まわりのビル群の航空障害灯が全て赤く灯火されているので、
  朝焼けとコラボして、ひときわ美しく見えます。

  Dsc03715
  いくらフルサイズ機で撮影しても、実際の雰囲気は再現できませんね。
  残念。

  Img_3664

  西を望めば、少し雪化粧した富士山と、丹沢山地の大山、
  そして、ボコボコとした伊豆半島の山並みも見えました。

  Img_3668
  
  ふと、見上げえると音もなく飛んでくるジェット機と飛行機雲。
  ズームで撮り画像拡大してみると、飛行機雲の軌跡が4本!
  なんと747ではありませんか。

  Flightradar24で調べてみると、Cathay Pacific CargoのBoeing 747。
  高度33,000ft をHONG KONGからANCHORAGEまで向かっているようです。

  北風も強く、さすがに高度10kmですと ジェット機の音も全く聞こえません。

  当たり前のように747が飛んでいた時代が懐かしいですね。
  個人的にはDC-10が好きですが、鶴が翼を広げたようなシルエットの747は別格です。

  Img_3674

  明日は日曜日。
  羽田空港まで朝焼けを撮りにいきたくなりました。 ( お産がなければ ですが )



■ ブルーインパルス                  ( 2020/5/29 )

  こんにちは、皆様 おかわりないですか?
  今日は朝から いいお天気

  お昼過ぎに、屋上アンテナまで上がってみました。
  羽田空港方面を望むと、東京湾上空の雲がきれいでした。

  Img_3328


  今日は 午前診療が終わる頃、
  1階の待合室が児童館のようになっていました。

  お母さんの妊婦健診に一緒に来られた女の子
と、我が家の子ども達が
  昼休みの誰もいない待合室で走り回ったり、一緒に絵本を読んだり。
  熱帯魚の水替えするところを覗いてみたり。

  もちろん、Stay Home は大事ですが、子ども達の自然な姿はいいものですね。

  子ども達の健全な成長のためにも、私達大人はしっかりとしなければと思うところです。
  これまでのStay Homeで、基本の徹底は十分すぎるほど練習しました
  第2波、第3波に巻き込まれることのないよう、気を付けていきたいものです。

  緊急事態宣言が解除されても、根本は何ひとつ
解決されていないのですから。


  経産婦さんは、お産が近くなると上のお子さまのことが心配になりがち。
  「お産の時に、主人が仕事中だったらどうしよう...」と

  いい意味で、我が家は自営業、Stay Home ! 中

  今週の月曜、緊急帝王切開になった方の上のお子さまが、我が家にお泊りしました。
  切迫早産でお母さまが入院されてから、何度も遊びにきてくれていたので、
  何の心配もなく、初めてのお泊りが出来たのが良かったです。
  子ども達だけで、夜中の2時までオセロをしたりトランプをしたり、
  トランポリンをしたり!


  そして、先程の13時頃
  ブルーインパルスが東京上空を飛行するところが見えました。

  ミサイルを搭載していない戦闘機?、
感動でした!

  ミサイルを搭載しないからこそ、感動でした!


  Img_3318

  Img_3325

  夜空を輝きながら通過する国際宇宙ステーションも感動的ですが、
  こうやって大空を悠々と旋回しながら飛び続ける姿、いいですねぇ~


■ Stay Home !  お取り寄せで旅行気分  (2020/4/25 )

  気持ちいい青空ですが、気を付けていますか?
  特に 
おうちトイレ、おうちご飯 で宜しくお願い致します。

  どんなに広い公園や海岸でも、トイレで不潔エリアが合流します!

  我が家の場合、仕事柄1時間以上遠くには出掛けることができません。
  ホテルに泊まるなんて、もう何年前のことでしょうか。
  外食も、駅前の宝寿司か中華料理の栄新楼に年に数回行けるかどうか。

  その代わり、保存食がてら ちょっとした食材をお取り寄せしています。
  先日は、きしめんを看護師さん達に教えたら大好評でした。


  1.宮きしめん      おすまし味  子ども達には人気です。

  2.牛タン専門店 陣中  仙台の診療所に応援に行った帰り、駅前で知りました。

  3.美米屋        愛知米こしひかり いつ買っても味にバラつきがありません。

  4.白亜ダイシン     北海道バーニャカウダー 野菜嫌いの次男が独り占め

  5.萩・井上       ふぐぞうすいスープ 下関の学会の帰りに物産展で知りました

  6.おたか        ぺらぺらうどん  子ども達にも大人気です。


  毎日毎日、家にいると...  楽しみは食事だけ...
  でも、スーパーで時間をかけてあれこれ選ぶのも コロナ感染が心配ですし。

  特に、宮きしめんの乾麺は賞味期限6カ月です!
  鍋とお湯があれば出来てしまうので、非常食・備蓄用としても重宝しています。
  

 

 QRコード

   明大前駅からの地図を載せた携帯用ページを作成しました。
   ご利用ください。

Qr_code

« お産のできるクリニック | トップページ