« 当院の歴史・院長経歴 | トップページ | 小児科診察(新生児チェック) »

防災対策

 薪ストーブのある産院

近年、台風や豪雨などの自然災害が多発しております。
自然災害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます


お亡くなりになられた方々に
そしてご遺族の皆様にお悔やみを申し上げるとともに
被災されたすべての皆様に心よりお見舞いを申し上げます

また、復旧作業に取り組まれている方々に対し、敬意を表しますとともに
安全を祈念申し上げます



さて、当院の防災対策について、心配されている方もおられると思います

当院の防災設備としては、井戸水・発電機・薪ストーブが挙げられます



■ 井戸・水道 関係

当院には、昭和27年(1952年)に開院した当時から使用している「井戸」があります

日々の植木の水やりだけでなく、待合室の熱帯魚の水換えにもそのまま使用し続けており
お魚さんたちも元気に泳いでいます。

毎日使用していることから澱みもなく、衛生検査でも「飲用として可能」との結果でした。

車庫軒下には洗濯機も常備しており、後述のポータブル発電機とともに活躍してくれると思います。



■ 電話関係


令和元年(2019年)の夏に、当院の電話機器をNEC製に入れ替えました

メイン機器にはバッテリーが搭載されており、5時間程度の停電時間に対応しています

各病室への電話もメイン機器から電源供給されており
医師と看護師が携帯するPHSのアンテナ系統もメイン機器から電源供給され停電時にも対応しています
停電時におきましても、院内連絡体制は問題ありません



■ 停電時の新生児処置への対応

産婦人科的に出産時に特に必要となる電気機器は、羊水吸引器です
当院では、100V電源の他、充電電池での使用が可能な吸引器を導入しております

停電時の新生児処置への対応にも
十分な対策をとっています

新生児の保温については、呼吸状態に注意しながらカンガルーケアで対応します

また、敷地内の院長宅に薪ストーブを私費で設置しております(下記参照)



■ 電気 関係


本田(Honda)発電機 エネポ を 非常時に使用できるようにしています

カセットコンロ用のガスカートリッジ式であり、安全面・供給面・保存面でも安心です


その他、充電式LED非常灯やLED懐中電灯、ソーラーバッテリー充電器も常備しています


また、院長が病室等のDIY修理
として使用しているマキタ電動ドリルに使用してる
バッテリーと急速充電器は、携帯電話・スマホ充電用のUSB電源に流用できるようにしています




■ 冷暖房 関係

阪神大震災では、ガスよりも電気の方が早く復旧したという経緯がありました

空調の動力は2系統に分けています
1階は「 電気 」とし、2階は「 ガス 」として

復旧具合によって、患者様の滞在場所を使い分けられるよう配慮しています




■ 停電時の暖房対策

さすがに完全な停電時は、電気・ガスとも動力が使えなくなります

病院敷地内にある別棟には、もともとは院長個人の趣味として
私費で設置した「 薪ストーブ 」があります

完全な冬の停電時にも十二分の暖房能力が確保されていると考えています

偶然といいますか、誘惑といいますか...
下高井戸に「東京ストーブ」という会社があり
施工と煙突掃除のメンテナンスをお願いしています


導入してはじめてわかったこととして、
 ・輻射熱により、部屋全体だけでなく床もとても暖かくなること
 ・子ども達のヤケド防止の柵(ハースゲート)に洗濯したバスタオルを干すと30分で乾くこと
 ・コットン毛布も、冬場でも1時間ほどで乾き 清潔が保てること

万一の際は、特に新生児に対するケアも、保温・衛生面で十分に対応可能と考えています



■ ガス停止時の食事・給湯対策

学生時代、前院長も現院長も 山岳部 でした
現院長の母も上智のワンゲル出身です(現在のワンゲルと異なり、冬山登山も行っていたとのこと)

24時間・365日、お産対応で拘束される産科ゆえに、現院長のストレスもそれなり
趣味として、キャンプ用の「 ちびストーブ 」を2台所有しています

一つは、旧 小川キャンパル本社に展示してあった「BE-PAL撮影時」に使用されたものです!
経営破綻する前、ショールームを訪れたときに売って頂きました!
( 勿体なくて使えません... )

もう一つは、現役稼働中。 いい色に錆びています

火つけ方法や、薪をくべる方法、フイゴの使用方法など、
子ども達も、日々、訓練されています!


■ 飲料水

外来や病棟に設置しているミネラルウォーターは、電源なくとも水は利用可能です
その他、ペットボトルのミネラルウォーターも備蓄しています


■ 赤ちゃんのお尻 洗い

賞味期限が切れたもミネラルウォーターは、手洗いや赤ちゃんのお尻洗い用として
廃棄することなく保存しています



■ 非常食

カンパンやアルファ米、フリーズドライのお味噌汁など、十二分に備蓄しています



■ 防災セット

災害時、近隣の方々や帰宅困難となった職員に対する対応へも配慮しています

防災グッズ 避難セットを 30人分 常備しています



■ 環境衛生

震災や万一の富士山噴火時には、居住環境の清掃も重要となります

日頃は、Dysonのコードレス掃除機が大活躍していますが、問題は充電時間が長いこと
マキタ(Makita)充電式クリーナー(CL107FDSSHW)を2台、予備として購入しました

そのため、急速充電器が計3台、USB電源アダプターも計3台となり
停電時の環境衛生にも役立ってくれるものと思います



大災害が起こらないことを願うばかりですが、万一の時は、精いっぱいお世話させて頂きます

« 当院の歴史・院長経歴 | トップページ | 小児科診察(新生児チェック) »