お産のできるクリニック

3_2  母体保護法指定医 ・ 保険医

  
所属学会
  
日本産科婦人科学会 専門医
  日本産婦人科手術学会
  日本周産期・新生児学会
  日本臨床細胞学会
  
産科医療保障制度 加入分娩機関



心の奥底に寄り添った、妊娠・出産・産後ケアを心掛けています

  名誉院長  田中 雅治
  院   長  田中 邦治


  
お問い合わせ・ご予約は

  03-3321-0028

   分娩予約 受付中
 (分娩費用 57万円より)


   〈 診療時間のご案内 〉


   ♡ 午前外来  9:00~12:30 ( 予約可能 )

   ♡ 午後外来( 水曜・木曜・金曜 )
          
           13:00~17:00 ( 予約可能 )
    
妊婦様に不安がないように、平日の休診日は設けていません

午前外来
午後外来

    ◇ 詳しい受付時間は、電話でご確認ください

    ◇ かかりつけのクリニックが休診の際などで受診希望の方は
      あらかじめ お電話でご相談の上 ご来院ください

    ◇ 日曜・祝祭日は休診となります


    ◇ 病状確認のため、インターネット予約方式は採用しておりません
      遠慮なく、お電話で受診相談や受診予約をお取りください

    ◇ 分娩設備、手術・麻酔設備も有しております
      他院で流産と診断されたり、人工妊娠中絶を迷っている方も
      ご心配でしたら、いつでもご連絡ください
      紹介状をお持ちでなくとも、受診して頂けます


    ◇ 当日の受診予約や 直接ご来院の方(午前のみ)も受け付けております

    
    ◇ 予約外で、直接受診を希望される方へ
      外来の進行状況や手術対応等もあるため、時間に余裕をもってご来院ください
      あらかじめ、お電話で受診相談をして頂けるとスムーズです
    



 診療内容

    当院は、駅からの利便性もよい、静かな住宅街にある
マタニティクリニックです

    商店街や学校、幹線道路などの喧騒からもほど遠く、ゆっくりお過ごし頂けます

    
    病床数11床、陣痛室、分娩・手術室を完備しており
    成育医療研究センターをはじめ、慈恵医大附属病院、東京医療センター、東京医科大学病院
    基幹病院である日赤医療センター(広尾)との連携をとり診療を行っております
 


    産 科 : 妊婦健診(正常妊娠)、胎児診断、正常分娩、帝王切開
           人工妊娠中絶(
初期~妊娠22週未満まで)、流産手術
           クアトロテスト、ブライダルチェック など

           
他院で稽留流産と診断された方の、ご相談・診察・手術もお受けしています

           人工妊娠中絶も、ひとりで抱え込んだり 悩まれることのないよう
           お気持ちをお聞かせください



    婦人科 : がん検診(子宮頚癌・子宮体癌・卵巣癌)、子宮筋腫チェック
            低用量ピル処方、アフターピル、婦人科小手術など

           世田谷区のがん検診(公費券)もご利用になれます

           
頚がん検診(細胞診)だけでは、卵巣がんや腹水の有無はわかりません
           当院では、超音波エコーによる診察をお勧めしています

 

 ■ 24時間対応のマタニティ クリニック

    妊娠経過から出産・産後に至るまで、スタッフ一同、丁寧に診させて頂いています

    不安な日に休診ですと、さらに不安な気持ちになりがちです

    当院は、平日の休診日は設けず診療させて頂いています


    
緊急が起こりやすい日曜や夜間でも、かかりつけ医として対応させて頂いています



 
 母子健康手帳

    区の出張所のあたる松原まちづくりセンターは、当院から2分ほどのところにあります

    世田谷区に在住の方は、区役所まで足を運ばなくとも、こちらで交付を受けられます
 
    杉並区に在住の方は、永福町駅近くの永福和泉区民事務所 などで交付を受けられます
    渋谷区に在住の方は、笹塚出張所などで交付を受けられます


 
 電車

    明大前と下高井戸の中間に位置し、どちらからも徒歩で ご来院頂けます

    京王線の立体交差事業に伴い、線路南側の立退き・拡張工事が進んでおります
    下記 地図をご覧になり、気を付けてお越しください


    「 
明大前 」 より徒歩5分 ( 京王線 ・ 井の頭線 )

    「 下高井戸 」より徒歩6分 ( 京王線 ・ 世田谷線 )


    新宿や仙川・調布方面、渋谷や久我山・吉祥寺方面からも、どちらからでもアクセス良好です
    小金井や府中方面、稲城や多摩センター・南大沢方面からも、当院でご出産を希望される方もおられます

 

Map3

    当院前の道の踏切は、明大前からは2つめ、下高井戸からは3つめになります
    どちらの駅からお越しいただいても、ゆるやかな坂の上の踏切が目印になります




  お車

    当院へ通じる道は、両方通行です

    ご面会など、遠方からお越しの場合
    甲州街道側からの目印は、永福インター(中央道・下り方面)になります
    赤堤通りからは、松原六丁目のシェル ガソリンスタンドが目印なります

    甲州街道からの入り口をお間違いになられても、その先のセブンイレブンのある信号で
    左折して頂ければ、ひとつ「下高井戸駅」寄りの道から迂回しても、ご来院頂けます

    京王線の踏切の混雑具合によっては「オオゼキ 松原店」を通過点として
    車やスマホのナビに設定して頂くと、スムーズに来院して頂くことが可能と思います


    ◇ クリニックには駐車スペースをご用意しております
      満車の際には近隣のコインパーキングをご利用頂けますようお願い申し上げます


    

 

田中産婦人科 明大前 無痛分娩 帝王切開 和痛分娩 世田谷区のお産 明大前のお産
初台 幡ヶ谷 笹塚 代田橋 下高井戸 桜上水 上北沢 芦花公園 千歳烏山 仙川 つつじが丘 つつじヶ丘 柴崎 国領 布田 調布 豪徳寺 梅ヶ丘 世田谷代田 新代田 たなかさんふじんか たなかさんかふじんか 優しい産科医 優しい助産師 優しい看護師 優しい小児科医 渋谷 神泉 駒場東大前 池ノ上 池之上 池の上 下北沢 新代田 東松原 永福町 西永福 浜田山 高井戸 久我山 井の頭公園 吉祥寺 松原 山下 松陰神社 上町 宮の坂 若林 西太子堂 三軒茶屋 代沢 淡島 荻窪 大宮 高円寺 方南町 杉並区 新宿区 渋谷区 調布市 府中市 経堂 千歳船橋 成城学園前 喜多見 狛江 和泉多摩川  

お知らせ ( 2020/3/26 )

■ もう一度、基本の徹底を( 3/26 )

  皆様、おかわりないでしょうか?

  ますます、不安定な社会情勢の中ではございますが
  ご健勝のことお祈り申し上げます。


  午前外来に加え、火・木・金曜日には午後外来を行っております。

  新型ウイルス性肺炎(COVID-19)の更なる拡大が心配されますが、
  幸い、外来受診も分散され、待合室の混雑が回避できています。

  当院は、外来・待合室・病室・陣痛室・分娩室・手術室・沐浴室の全て
  窓のない部屋はありません。
  引き続き、環境改善(常時換気)に気を配りながら診療をさせて頂きます。

  その反面、外気温に左右され 待合室が少し寒いこともあるかと思います。
  肌掛けやストール等、暖かい服装でご来院ください。


  ◇ ご受診・ご来院についてのお願い

  1.受診・来院時は 必ずマスクの着用をお願いいたします。

  2.マスクは各自 ご準備をお願いいたします。

    他の妊婦さまや新生児への感染予防として、

    マスクのない方は、原則として来院もお断りさせて頂きます。

    特に、発熱・倦怠感・かぜ症状のある方は、あらかじめ、内科をご受診の上
    産婦人科的診察の必要性の有無を判断して頂けますよう、ご協力をお願いいたします。

  3.来院の際には、洗面所で手洗いと手指消毒を励行してください。

    消毒ウエスをご用意しております、スマホや携帯の消毒も大切です。
    ご入用の際は、受付へお声掛けください。

  4.海外(全ての国々)に14日以内に渡航されている方、該当する方々と接触のある方
    あらかじめ、診察希望について、ご来院前にお電話でご相談ください。


    私たち日本人も諸外国の皆様も、お互い様です。
    来年に延期されたオリンピックで、おもてなしができるよう
    もう一度、基本の徹底に心掛けましょう。



 おもちゃ 一時的撤去について   ( 2/24 )

  皆様、おかわりないでしょうか?

  新型ウイルス性肺炎(COVID-19)の拡大が心配される中、
  当院の対応としまして、外来のおもちゃを一時的に撤去することとしました。

  他のお子さまとの交流や感受性を育む機会が失われることは、残念でなりません。

  かわりに、DVDテレビを設置しました。

  来院されたお子さま方が退屈されないよう、
  お気に入りの絵本やご自分のおもちゃを
お持ちいただいても構いません。

  おもちゃの消毒にも、消毒ウエスをお渡ししますので受付のお声掛けください。

  
  ご来院の際には、手洗いとうがい、スマホや携帯の消毒をお願いいたします。



■ 母親学級 「 変更 」 について   ( 2/20 )

  皆様、おかわりないでしょうか?

  家族ぐるみで、手はどんどん洗ってください。


  コンタクトを触る際、手を洗っていますか?
  必要なければ、メガネで生活するのもいいかもしれません。

  お薬のパッケージを開ける際や お薬を触って飲む際 手を洗っていますか?

  スマホやリモコンも、こまめに消毒したいですね。


  今後の母親学級の変更のお知らせです。

  新型ウイルス性肺炎( COVID-19 )などの感染症予防の観点から

  曜日を分散して、少人数に分けて、お産に向けた指導を行いたいと考えております。


  当面の間、第2回(お産について)のみとさせて頂きます。



■ 面会制限について  ( 2/20 )

  皆様、おかわりないでしょうか。
  ニュースでは新型ウィルス性肺炎等 心配なことばかりですね。

  念のため、しばらくの間
  2階病棟へのご面会は 「 
妊婦様の ご主人 」に限らせて頂いています。

  インフルエンザも含め、発熱や感冒症状が認めらる場合
  他の妊婦様や新生児への感染予防に対する配慮をお願い致します。

  もちろん、症状のない方でも「お互い様」として、

 
  マスクの着用、手洗い、手指・スマホや携帯電話の消毒をお願い致します。

  ご自身で マスクをご用意くださいますよう、ご協力をお願い致します。


  コンタクトレンズやお薬のパッケージを触ったり服用する際

  しっかりと手洗いをしましょう。




  感染予防として、
  面会はご入院中のご主人様に限らせて頂きます。

  当院かかりつけの妊婦様など、気になる症状がある際には、

  1.まず、当院へご連絡頂いた上で
    保健所にご相談されたり、内科や耳鼻咽喉科を受診されてください。

  2、お腹の張りや性器出血等が認められる場合は、
    内科や耳鼻咽喉科を受診されたあと、他の妊婦様が少ない時間帯を相談の上 ご来院ください。

  皆様のご理解を頂けますようお願い申し上げます。



  当院の対策として ( どこまで有効かは判断できませんが... )

  1.ウォーターサーバーに併設していた 「 ボタン式 紙コップディスペンサー 」を廃止しました

  2.うがい用の紙コップをご用意しました、 特に お子さま連れの方など ご利用ください

  3.待合室および新生児室に 「 プラズマクラスター 25000 」を設置しています

  4.診察室に酵素フィルターを装備できる 「 BALMUDA AirEngine 」を設置しています

  5.待合室および診察室ほか、各所にクレベリンやAir Mask等
の空間除菌剤を設置しています

  6.各所に、ウェルパス(アルコール消毒)を設置しています



  これまで、外来等で無料でマスクをお配りしておりましたが、発注しても納期未定とのこと。
  診察やお産介助、帝王切開等、今後の診療にに支障を来す恐れがあり。
  やむなく、無料配布を中止させて頂くことにしました。

  受診・面会の際には、ご自身でマスクをご用意の上、ご来院頂けますよう
  御協力をお願いしたく申し上げます。



 妊婦さん 研究協力者大募集  ( 2/20 )

  当院で出産された黒岩さん(東京医大)より
  ~ 痩せる細胞 褐色脂肪に関する研究 ~について協力依頼がありました。

  案内のページはこちらです。

  臨床データ集めには、皆さんの協力が欠かせません。

  どうぞ宜しくお願い致します。





■ 院長交代について ( 1/10 )

  この度、令和2年1月10日より、田中邦治が院長職を務めさせて頂くことになりました。

  平成22年に、医局派遣で務めていた茅ヶ崎市立病院産婦人科医長を退職して以来、
  慈恵医大産婦人科学講座・助教と田中産科婦人科・副院長を兼任してまいりました。

  この間、帝王切開の全症例において執刀医を務めさせて頂きました。
  分娩についても、ほぼ全てを取り上げさせて頂きました。

  中には重症例もあり、母体搬送や新生児搬送が必要な症例もありました。
  日赤医療センターや国立成育医療研究センター等、総合病院の産婦人科や小児科NICUの
  先生方には大変お世話になり、助けて頂きました。

  幸い、母体死亡例や新生児死亡例は無く、
  自分自身の診断・搬送のタイミングに間違いや遅れがなかったのだと思っています。

  20年近く、ご指導頂いた東京慈恵会医科大学病院の先生方、
  また搬送の際にお世話になった医療機関の先生方のご教授への感謝の気持ちを忘れることなく
  更に地域医療に貢献していきたいと考えております。

  今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

  新院長 田中 邦治




■ 防災対策について ( 11/8 )

  右メニューに、当院の防災対策についてまとめたページを掲載させて頂きました。



  災害お見舞い ( 10/18 )

  
先の台風で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

  当院かかりつけの妊婦様や、里帰り中の妊婦様で被災された方はおられないようですが、
  ご実家周囲やご親戚、ご友人のお家が被災されたという方を耳にし始め、大変心配しております。


  妊娠・出産の機会に被災されたり、
  ご主人がお怪我をされたり、職場が被災し職を失うことほど怖いものはありません。


  当院では、まだ分娩予約状況に余裕がありあす。
  帝王切開も対応させて頂きます。

  東京へは少し遠いかもしれませんが、
  東京にご兄弟やご親戚がおられ、身を寄せることができる妊婦様、精いっぱいお世話させて頂きます。

  ご友人やご親戚等で、緊急回避的に東京でのご出産を考えられている妊婦様がおられましたが、
  どうぞ、いつでもご相談ください。



 インフルエンザワクチンのご案内 ( 2019/10/1 )

  今年もインフルエンザワクチン予防接種の季節となり、
  当院でもお薬が納入され、妊婦様への予防接種が可能となりました。

  まだ納入が始まったばかりで、数が限られています。
  ご希望の方は、あらかじめ受付等のご確認頂ければと思います。


  妊娠中にお母さまが予防接種を受けて頂くと、赤ちゃんは半年分の抵抗力をもって
  生まれてくるとされています。


  「今まで予防接種をしたことがない」とか、「インフルエンザにかかったことがない」など
  予防接種を受けられない方もおられます。

  産科ゆえに、他の妊婦様や新生児への感染も心配されるところです。

  ご出産入院時の高熱、かつ未接種で病棟が混乱することが、
毎年見受けられます。

  もちろん、任意の予防接種ではありますが、産科医院として
  他の患者様やお子さまのためにも、予防接種を勧めさせて頂きたいと思います。



 ベビー服のご案内( 8/16 )


  赤ちゃんとママのための
  ほっこりやさしい手作り

  ベビー服を手掛ける知人の作品のご紹介です。

  mama-te(kamakura)

  外来待合室にサンプルを置かせて頂くことにしました。

  どうぞ、ご覧になってください。


  なお、当院では販売等は行っておりませんので、ご希望の方はこちらからお願い致します。


 午後の外来診療について ( 3/12 )

  火曜日・木曜日 につきまして、午後診療を行います。

     14時~15時30分まで


  午後は、分娩や手術、処置の他、母体搬送対応などで、
  急な予約変更をお願いさせて頂くことがあります。
  あらかじめご了承頂いた上で、受診相談されてください。



 妊婦健診 DVD について

 

   当院では、妊娠初期より超音波エコ―中の画像(音声付き)をDVDに保存してお渡ししております。
   お子さまの成長の思い出作りにもなるでしょうし、お父様の父性形成にも役立っているかと思います。


   当院で使用している GE S10 エコーのDVD録画方式は 
MPEG 2 になります。
   このところ、「自宅のPCで再生できない」、「画像が入っていなかった」というケースが
   増えてきました。

 


   メーカーサービスに確認したところ、Windows 10 の再生ソフトには標準では
   インストールされないとのことです。

   お手数ですが、MPEG 2 対応ソフトをご自身でご準備頂けますようお願い申し上げます。




  新生児 聴力検査のお知らせ

 


   2017年2月より、
新生児聴力検査(OAE)を出生後に行っております。

   検査結果が 「  pass  」 であれば問題ありませんが、
   要再検の場合は、大学等の耳鼻科での再検査となります。


   1か月後検診の際、かかりつけとなる小児科医にご相談ください。

     

 

 新しいエコーを導入しました

   GE Voluson S10 という最新機種を導入しました。(2016/6/15より稼働)

 

   6年前から外来で使用していた日立アロカ製のα7と比し、画像や処理速度が上がっています。
   3D・4Dエコーで、胎児の様子もご覧になれることと思います。

   しかしながら、通常のエコーに比し4Dエコーは羊水量や胎向等の条件に非常に左右されます。
   このため、エコー所要時間も大幅に増えることになり、他の妊婦健診の患者様をお待たせしかね
   ません。
   そのため、他施設のような4Dエコー外来は特別には設けておりません。
   通常の妊婦健診の流れで見れそうな場合のみ、施行させて頂くこととし、
   4Dエコーのみでの受診は、現在のところお断りさせて頂いております。


       S10

 

 




 

 母親学級のお知らせ


    基本的に母親学級の開催日は下記の通りです。

    第1回 ( 第一 金曜日 )
    第2回 ( 第三 水曜日 )

 

 

 

 駐車場利用についてのお願い

 


  当院敷地内には数台分の駐車スペースがあります。
  ご利
用の際には下記のとおり、ご協力をお願い申し上げます。

 


  ① 利用可能時間は、
 午前9時~午後8時までとさせて頂きます。

     
夜間は陣発入院の妊婦様のために、スペースをお譲りください。

 

  ② 遠方から上京されたご家族様が滞在期間中
     都内での車置き場として占有されるのもお断り致します。

     車を置かれたまま、ご主人が病院を離れられるのもお断りします。

 


     妊婦様の安全に問題が生じる可能性がありますので、

     夜間や長時間は近隣のコインパーキングをご利用ください。

 

     ご理解のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

  

 

 トコちゃんベルト

  当院でも、トコちゃんベルトの取り扱っております。

  通販よりもお安く、装着方法も指導させて頂いております。

  詳しくは、助産師・看護師にお尋ねください。

 

 

 

 

 

 QRコード

   明大前駅からの地図を載せた携帯用ページを作成しました。
   ご利用ください。

Qr_code

分娩予約 受付中

分娩予約受付中  ( 分娩費用 57万円~ )
  

  ご妊娠 誠におめでとうございます。

  妊娠・出産は喜びですが、家庭環境は様々だと思います。
  心の奥底から寄り添った、妊娠・出産・産後ケアをさせて頂きます。

  どうぞ、気持ちを楽にしてご来院ください。



  〈 東京でご出産予定の妊婦様へ 〉

  当院で妊婦健診を受けられている方はもちろんのこと、
  他の分娩施設のない産婦人科クリニック様で妊婦健診を受けられている方や
  今後、東京への里帰り出産をご希望の妊婦様もおられると思います。

  当院での出産を希望される妊婦様におかれましては、
  早めにお申し出頂けますようお願い申し上げます。

  御一緒に赤ちゃんの成長を見守り、妊娠経過・ご出産・産後をフォローさせて頂きます。


  御主人の急な転勤で出産場所を心配される方もおられます。
  「出産する病院はご自分で探されてください」と言われ
  途方に暮れてしまっている方も、時々おられます。

  遠方の方は、お電話でのご連絡でも構いません。
  どうぞ、ご遠慮なく ご相談・ご受診されてください。


  紹介状(初期検査データ)、母子手帳、健康保険証をお持ちください。

  もちろん、紹介状が間に合わなくとも、一度、ご受診頂いても構いません。

  

  〈 東京以外へ里帰りされる妊婦様へ 〉

  分娩施設を有さない他院クリニック様で、妊婦健診を受けられている方もいらっしゃいます。

  今後、東京からご実家へ里帰り出産を予定されている方でも、
  当院での妊婦健診をご希望の方は、いつでもご連絡ください。
 
  胎児診断ができるエコー機器も高額になり、分娩施設を有するクリニック様以外では、
  産科に特化したエコー機器を導入されていないクリニック様も多々あります。

  当院へは妊娠16週頃より妊婦健診目的だけに、ご紹介頂く方も多々おられます。

  また、「里帰り予定であれば、うちでの妊婦健診はお断り...」と言われてしまい、
  途方に暮れてしまったという
妊婦様もお見掛けします。

  里帰りまでの期間、責任をもって診させて頂きます。


  その際、紹介状(初期検査データ)、母子手帳、健康保険証をお持ちください。
  紹介状が間に合わなくとも、一度、ご受診頂いても構いません。

  里帰り先への再紹介の際に、元々のクリニックでの検査結果が必要になりますので、
  健診経過中にお持ちいただければと思います。



病室・産後ケアのご案内

病室 ・ 出産費用 ・ 産後ケア のご案内

当院は、駅からの利便性も良い 静かな住宅地にあります。

幹線道路や商店街、学校などの喧騒とはほど遠く
落ち着いた気持ちで、ご入院やご退院をして頂けます。

涼しい季節は窓を開けて、産後の疲れを癒して頂けます。

もちろん、
ご家族様やご面会の皆様も、ゆっくりとお過ごし頂けるよう
入院病棟とキッズスペースは階を分けるなど、院内の静けさにも配慮しています。

また、ご出産後の基本入院期間に限らず
産後ケアセンターとして、身心の回復具合やご希望に添ってお世話させて頂くことも可能です。



 エントランス

     Ffff

当院の玄関には、様々な国の母と子のオブジェが飾られています。

妊娠も出産も自然のこと
流産も不妊症も、不育症もみな自然のことです。

妊娠・出産は喜びですが、家庭環境は様々だと思います。

母の、子に対する想いを込めてあります。




 バリヤフリー

エントランスの段差は1段のみで、車イスで来院の際も介助に支障はありません。
また、ご年配の方のために靴履椅子を玄関内に設置しています。




 待合室

口コミでは、「お家みたいでのんびりできる」と評判を頂いています。

外来および病室とも、フェルトのクッションを挟み込んだカーペットにしています。
万一、赤ちゃんの落下やお子さまの転倒についても配慮しています。


待合室のレイアウトも、対面にならぬように配慮しています。


     Fish


待合室には熱帯魚が泳ぎ、お子様連れのお父様にも人気です。


 新生児室

  ナースステーションのとなりには、明るい新生児室があります。
  防犯カメラおよびセキュリティロックを設けています。

  Babyroom1

窓も大きく、上のお子様にも見守っていただける明るいお部屋です。




 産後ケア


「それぞれの実家が遠く、ご両親のサポートが得られない」

「ご主人のお仕事が忙しく、退院後の生活が心配」など

 ご心配の方もおられます



基本入院期間後も、産後ケアセンターとして退院を延期して頂くことも可能です。(自費入院)


◇ 二人目のお子さまの場合など

当院では、お母さまと新生児のお世話をさせて頂きます。

上のお子さまは、ご自宅よりご主人とともに、朝はご自宅から保育園へ登園されてください。

午後は、赤ちゃんを新生児室にお預け頂き、お母さまが保育園のお迎えをされてください。

ご主人のご帰宅・ご面会まで、上のお子さまとお部屋でお過ごし頂きます。
面会後、ご主人と上のお子さまはご帰宅して頂き、お母さまは病室でゆっくりとお休みください。

(上のお子さま方のお食事は、ご家族様でご用意をお願いいたします。)



◇ 初めてのご出産の場合

どんな正常分娩でも、退院後の1~2週間で、ご自宅で不安やトラブルが起きがちです。

産後健診(産後3週目健診)のあたりまで、基本入院後も入院を延長して頂けます。

授乳指導や沐浴指導、メンタル面でのケアをさせて頂きます。

赤ちゃんは新生児室にお預け頂き、気晴らしやお買い物の外出をして頂くことも可能です。



◇ 出産が重なるなど、病室の混雑状況によってはお引き受け出来ないこともあるかと思いますが、
  ご心配な方には、産後ケアセンターのようにお世話させて頂ければと思います。



 お部屋の紹介  ( 当院では テレビや冷蔵庫の追加料金は頂いておりません )

ユニットバスを備えている個室もあり、妊婦健診の際にお部屋見学をされてください。

広めのテーブルもあり、
家族の皆様も思い思いに入院をくつろいで頂けると思います。

なお、ご出産後は5日間のご入院、帝王切開の方は7日間のご入院になります。




 1号室 (特別室  分娩費用 72万円~)

   
当院のお庭に面し、静かでとてもゆったりとしたお部屋です。
   朝は、餌場に集まる小鳥の鳴き声で目を覚まされることでしょう。

   3人掛けソファー、化粧台、ユニットバス、冷蔵庫、液晶テレビ
   BOSE CDデッキを設置しています。

   Room1



 
2号室 ( 分娩費用 70万円~ )

    
南に面し、明るく静かにくつろげるお部屋です。
    セミダブルベッド、化粧台、ソファーベッド、ユニットバス、冷蔵庫
    液晶テレビを設置しています。


     Room2_2


 3号室および5号室 ( 分娩費用 64万円~ )

  
 南に面し、明るいお部屋です。
   化粧台、トイレ、冷蔵庫、液晶テレビを設置しています。
   
( シャワー室のご利用となります )

   Room3


 6号室 ( 分娩費用 68万円~ )

   
南側に面し、静かにくつろげるお部屋です。
   ユニットバス、化粧台、ご家族用ソファーベッド、冷蔵庫、液晶テレビを設置しています。


   Rooms6



 7号室 ( 分娩費用 68万円~ )

   
特別室の次に人気のあるお部屋です。
   西側に面し、2面採光で非常に明るいお部屋です。
   春は、お向かいのお宅の桜が満開になります。
   ユニットバス、化粧台、ご家族用ソファーベッド、冷蔵庫、液晶テレビを設置しています。


   Room7


 
8号室 ( 二人部屋 分娩費用 57万円~ )

   
それぞれの患者様に、化粧台、冷蔵庫、液晶テレビ、クローゼットを設置しています。

   
つわりの点滴など、日帰り点滴入院の患者様にも使用して頂くこともあります。

   8888



 
上のお子様について

  
 ご相談にもよりますが、基本的には、夜はご主人とご帰宅頂きたく思います。

   産後の母体疲労もあり、夜はゆっくりと、お一人でお休み頂けるよう、
   ご家族様のサポートをお願いしたく思います。

   ただし、陣痛発来時など、ご主人の到着が間に合わない場合などは、
   上のお子さまと一緒にご来院ください。

   なお、産後ケア(入院延長)については、別途 参照されてください。



■ ウォーターサーバー

  
外来と病棟に、それぞれ設置しています。
  外来患者様、ご入院の患者様、ご家族の方々、ご利用ください。


■ 
無線LAN

  各病棟でご利用できる無線LANを設置しました。
  iPadやNote PCなど、楽しい育児にご利用ください。

  ご利用の方に、パスワードをお教えいたします。(無料)
  ご入院の際に、看護師にお申し出ください。

出生前診断

ご妊娠 誠におめでとうございます。

どんな妊娠でも
流産しないかしら... とか
五体満足で生まれてくれるかしら...
高齢妊娠だし、不安だわ... 

口に出さずとも、心の中で心配されることもあるかと思います。

「 妊娠がわかった一瞬だけが 喜び 」と思います。
誰でも妊娠のスタートラインは一緒です。

気持ちを落ち着けて、妊娠生活を楽しみながら送られてください。



さて、
当院で行えるのはクワトロテストです。  ( 超音波エコーも、出生前検査になります。)

他院産婦人科クリニック等で妊婦健診を受けられている方も、検査をお受け頂けます。

羊水検査のご希望がある方については、慈恵医大 第三病院をご紹介しています。

NIPTに関しては、成育医療研究センターをご紹介させて頂きます。
(受診に際しては、ご夫婦で受診できる日時に予約が必要になります。)


羊水検査やクワトロテストなどの出生前診断は、単なる貧血チェックとは異なります。
検査を受ける側にとっても、行う側にとっても、とてもデリケートな検査です。

当院は、患者様側として、「 知る権利 」 と 「 知らない権利 」 を尊重いたします。
異常が判明し
、その後の妊娠生活が不安でいっぱいになってしまう方がおられるからです。

検査結果に動揺したり、混乱したり、不安になられる方がおられます。
また、検査結果が良かったとしても、後々に「私はこの子のことを疑っていたのでは」と、
ご自身を責めてしまうお母様もおられます。



ご家族からすると、「できる検査は全て受けた方がいいんじゃない?」という考えがあるかもしれません。
しかし、最終的に検査を受けられるのはお母様ご自身です。


クワトロテストの結果が判明するのは1週間後です。
羊水検査においては、お腹に針を刺すのも、2週間も結果を待ち続けるのもお母様ご自身です。
そして、検査結果を聞く際や、異常が判明したときの不安はご本人が一番強いものです。


出生前検査を受けて胎児の疾患などは見つからずに出産した人たちが、成長していく子どもを前にして、
「もし何かの異常が見つかっていたならば、自分は中絶したのか」と悩み、検査を受けたことを
子どもには伝えない...  といったアンケート・インタビュー調査報告もあります。


検査を受けただけでも心理的負担があることを、お母様もお父様も知って頂きたい...
一律に「高齢妊娠だから」と、出生前検査を受けさせられたりすることのないように
気を付けたいと思って、日々 診療させて頂いています。


当院へお越しいただき、しっかりとお気持ちをお聞かせください。
ゆっくりと、しっかりとお母様ご自身の気持ちを受け止めてから検査を行うかどうか、
ご相談
させて頂きます。


胎児エコー(4Dエコー)

 母性と父性を育むために

当院では、GE Voluson S10という機種を使用し、胎児エコーの様子はDVDに記録してお渡し致します。
お持ち帰り頂き、ご家族様と共に 母体内で成長し、可愛らしく動く胎児の様子を見守って頂ければと思います。


当院の特色として、妊娠初期から出産間近まで、胎児の成長を父母の声と同時に超音波診断装置からDVD等に記録する
方法は40年来続けております。
以前のVHSビデオテープに比べ、現在のデジタル機器は、より鮮明な画像が記録されるようになりました。
医師の説明、エコー中のお父さまやお母さまの声も、マイクより録音されます。
胎児への父母のメッセージは、母性形成や父性形成に有用と考え続けています。

面白かったこととして、イギリス在住のご主人のご実家へ、
skypeへデータを載せて、リアルタイムで喜んでおられたことが印象的でした。


 4Dエコー(リアルタイム3D)

当院で使用している超音波エコーGE Voluson S10では、4Dエコー(リアルタイム3D)を行うことが
できます。 これは3D画像を動画で行う方法です。

当院では、4Dエコーの差額料金は頂戴しておりません。
妊婦健診エコーの際、ご希望される方で、検査中にお顔が見えそうな場合は、ご一緒に
エコー画像を楽しみたいと思っております。

通常の2Dエコーに比し、3D(立体画像)で見る胎児のお顔や手は、とても可愛らしく、
印象的ですね。 そして、4Dでは胎児があくびをしたり、羊水を飲むしぐさ、手を握ったり
開いたりするところなど、より一層実物を見ているような感覚です。

素晴らしい機能ではありますが、その撮影環境は羊水量に大きく左右されます
胎児のお顔の前に十分な羊水スペース(羊水ポケット)が存在しない場合、
例えば、胎盤や子宮壁にお顔が接していたり、手足やへその緒がある場合など、
お顔の画像信号にこれら他の構造物の画像信号が加わり、見ることができません。

妊婦雑誌に掲載されているような4Dエコーをイメージされて、せっかく来院されたのに、

胎児の位置や向きによっては、ご期待に添えない場合も少なくありません。

雑誌に掲載される写真は、1000回エコーを行ったうちの、一番良いものを宣伝として
用いていると説明すればお分かり頂けるでしょうか。

全妊娠期間を通して、胎児の向きによってはお顔が見えない場合もあります。

そのため、他の産婦人科様のような4Dエコーとしての
予約枠や差額料金(5000円から2万円が相場)は設けておりません。
通常の妊婦エコーの流れの中で、健診の合間に、希望のお申し出があった場合に施行させて頂いております。

 

 産科医療保障制度

Abl80_5_2
当院は、産科医療保障制度加入医療機関です。

出産前後の新生児の安全を期するために、大学附属病院と同じ
RADIOMETER社製の血液ガス分析装置ABL80を導入しています。

この装置は、臍帯血中の酸素濃度を調べ、生まれてきた赤ちゃんが元気かどうか適確に判断し、記録するものです。

ハイリスク妊娠の紹介先

ハイリスク妊娠(喘息合併、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症など)や婦人科腫瘍など、総合病院での詳しい診察・検査・治療の必要な場合は、適宜、下記医療機関をご紹介致します。
リアルタイムでの患者紹介・搬送体制をとっております。

■ 東京慈恵会医科大学附属病院 (本院、第三病院)

■ 国立成育医療研究センター 

■ 
日本赤十字社医療センター   ほか

小児科診察(新生児チェック)

毎週、水曜日に隣駅、「下高井戸」の吉川小児科より小児科専門医にお越しいただき、
当院で出生した新生児の診察を行っていただいております。

 

赤ちゃんの1か月健診は、吉川内科小児科病院をはじめ、近在の小児科をご紹介いたします。


また、日曜日の小児科診察をご希望の方は、
小田急線 「千歳船橋」駅 「
 かるがもクリニック 」をご紹介しています。
副院長の学友である宮原先生の診療所です。

防災対策

 薪ストーブのある産院

先の台風など、自然災害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます


お亡くなりになられた方々に
そしてご遺族の皆様にお悔やみを申し上げるとともに
被災されたすべての皆様に心よりお見舞いを申し上げます

また、復旧作業に取り組まれている方々に対し、敬意を表しますとともに
安全を祈念申し上げます



さて、当院の防災対策について、心配されている方もおられると思います

当院の防災設備としては、井戸水・発電機・薪ストーブが挙げられます



■ 井戸・水道 関係

当院には、昭和27年(1952年)に開院した当時から使用している「井戸」があります

日々の植木の水やりだけでなく、待合室の熱帯魚の水換えにもそのまま使用し続けており
お魚さんたちも元気に泳いでいます。

毎日使用していることから澱みもなく、衛生検査でも「飲用として可能」との結果でした

車庫軒下には洗濯機も常備しており、後述のポータブル発電機とともに活躍してくれると思います



■ 電話関係


令和元年(2019年)の夏に、当院の電話機器をNEC製に入れ替えました

メイン機器にはバッテリーが搭載されており、5時間程度の停電時間に対応しています

各病室への電話もメイン機器から電源供給されており
医師と看護師が携帯するPHSのアンテナ系統もメイン機器から電源供給され停電時にも対応しています
停電時におきましても、院内連絡体制は問題ありません



■ 停電時の新生児処置への対応

産婦人科的に出産時に特に必要となる電源は、羊水吸引器で
当院では、電池での使用が可能な吸引器を導入しております

停電時の新生児処置への対応にも
十分な対策をとっています

新生児の保温については、呼吸状態に注意しながらカンガルーケアで対応します

また、敷地内の施設内に薪ストーブを設置しております(下記参照)



■ 電気 関係


本田(Honda)発電機 エネポ を 非常時に使用できるようにしています

カセットコンロ用のガスカートリッジ式であり、安全面・供給面・保存面でも安心です


その他、充電式LED非常灯やLED懐中電灯、ソーラーバッテリー充電器も常備しています


また、副院長が病室等のDIY修理
として使用しているマキタ電動ドリルに使用してる
バッテリーと急速充電器は、携帯電話・スマホ充電用のUSB電源に流用できるようにしています




■ 冷暖房 関係

阪神大震災では、ガスよりも電気の方が早く復旧したという経緯がありました

空調の動力は、1階は「 電気 」とし、2階は「 ガス 」としています

復旧具合によって、入院患者様の滞在場所を使い分けられるよう配慮しています




■ 停電時の暖房対策

さすがに完全な停電時は、電気・ガスとも動力が使えなくなります

病院敷地内にある別棟には、もともとは個人の趣味として
私費で設置した「 薪ストーブ 」があります

偶然といいますか、誘惑といいますか...
下高井戸に「東京ストーブ」という会社があり
施工と煙突掃除のメンテナンスをお願いしています

そのため、完全な冬の停電時にも十二分の暖房能力が確保されていると考えています


導入してはじめてわかったこととして、
 ・輻射熱により、部屋全体だけでなく床もとても暖かくなること
 ・子ども達のヤケド防止の柵(ハースゲート)に洗濯したバスタオルを干すと30分で乾くこと
 ・コットン毛布も、冬場でさえも1時間ほどで乾き、清潔が保てること

万一の際は、特に新生児に対するケアも、保温・衛生面で十分に対応可能と考えています



■ ガス停止時の食事・給湯対策

学生時代、前院長も現院長も 山岳部 でした
前院長婦人も上智のワンゲル出身です(現在のワンゲルと異なり、冬山登山も行っていたとのこと)

24時間・365日、お産対応で拘束される産科ゆえに、現院長のストレスもそれなり
趣味として、キャンプ用の「 ちびストーブ 」を2台所有しています

一つは、旧 小川キャンパル本社に展示してあった「BE-PAL撮影時」に使用されたものです!
経営破綻する前、ショールームを訪れたときに売って頂きました!
( 勿体なくて使えません... )

もう一つは、現役稼働中。 いい色に錆びています

火つけ方法や、薪をくべる方法、フイゴの使用方法など、
子ども達も、日々、訓練されています!


■ 飲料水

外来や病棟に設置しているミネラルウォーターは、電源なくとも水は利用可能です
その他、ペットボトルのミネラルウォーターも備蓄しています


■ 赤ちゃんのお尻 洗い

賞味期限が切れたもミネラルウォーターは、手洗いや赤ちゃんのお尻洗い用として
廃棄することなく保存しています



■ 非常食

カンパンやアルファ米、フリーズドライのお味噌汁など、十二分に備蓄しています



■ 防災セット

災害時、近隣の方々や帰宅困難となった職員に対する対応へも配慮しています

防災グッズ 避難セットを 30人分 常備しています



■ 環境衛生

震災や万一の富士山噴火時には、居住環境の清掃も重要となります

日頃は、Dysonのコードレス掃除機が大活躍していますが、問題は充電時間が長いこと
マキタ(Makita)充電式クリーナー(CL107FDSSHW)を2台、予備として購入しました

そのため、急速充電器が計3台、USB電源アダプターも計3台となり
停電時の環境衛生にも役立ってくれるものと思います



大災害が起こらないことを願うばかりですが、万一の時は、精いっぱいお世話させて頂きます

当院の歴史

この度、開院50周年のお祝いを世田谷区医師会より頂戴しました
少子化の影響で出産件数が減っておりますが、1対1看護の出産・産後ケアをさせて頂いています


静かな住宅地にあって、明治時代にドイツで医学を学んだ1代目から数えて現院長は4代目になります
現在の地に、元院長 田中繁雄が1952年(昭和27年)に開院
その後、前院長 田中雅治が医院を引き継ぎました

2020年(令和2年)1月10日より、田中邦治が院長を務めさせて頂くことになりました


1973年(昭和48年)現院長が1歳の時に現在の3階建てにリニューアルオープン
1992年(平成4年) 現院長が東京医科大学に入学した際に個室にユニットバスやLDRベッドを導入するなど
          大々的な改修工事を行い、現在に至っています

超音波診断装置の導入は非常に早く、他に先駆け1972年(昭和47年)に使用を開始しました
これまでに使用していた旧機種の数々は、国際ロータリークラブ奉仕事業でネパールのトリブバン大学医学部附属病院(Teaching Hospital)に寄付されました

アメリカで1980年代に導入されたLDRベッドも、1992年(平成4年)に導入しました
陣痛室はLDR室として機能していますが
安全・感染対策の観点から、特別室(1号室)はLDR室としては、現在は使用していません